iPhone純正イヤホンの意外な機能とiPhoneにおすすめのイヤホン紹介

LINEで送る
Pocket

airpaku1684_tp_v

iPhoneを購入すると、必ず同梱品としてEarPodsという純正のイヤホンが付いてきます。実はこれが中々の優れもので、オマケで付いてきたようなものでは決して無いのです。

純正イヤホンにも種類があり、イヤホンジャックが廃止されてからは、Apple純正のBluetoothイヤホン、AirPodsという純正イヤホンも発売されました。これに関しては、中々のお値段になっておりますが、その機能性の高さは抜群です。

そして、iPhone純正イヤホンの優れている点は、その機能性の高さだけではなく、形状にも隠されています。通常のイヤホンと違って、耳の形状に基づいて設計されているため、よりフィット感が増して、着け心地も良いのです。

ここでは、そんな多機能で装着感の良い、iPhone純正イヤホンの機能を解説し、そしてiPhoneにおすすめのイヤホンをご紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhone純正イヤホンの便利な機能

anjyu160103477551_TP_V.jpg
上記でも触れた通り、iPhone純正イヤホンには便利な機能がたくさんあります。そしてそのどれもが、iPhone向けの機能となっております。その機能をピックアップして、いくつかご紹介致します。

音楽・動画のコントロール

iPhone純正のイヤホンでは、iPhoneに触れること無く音楽再生や動画再生のコントロールを多彩に行うことが出来ます。ここで便利なのが、プリインストールアプリの「ミュージック」だけでなく、他の動画再生アプリにも対応しているという点です。

iPhone純正イヤホンには細長いコントローラーが付いており、+ボタン、−ボタン、中央ボタンの3つが付いております。音楽再生に関して、+ボタンや−ボタンは音量の上げ下げにのみ対応しておりますが、中央ボタンの機能性が抜群なのです。

例えば、中央ボタンを1回押すと、一時停止と再生を行えます。2回押すと、次の曲に移ることが出来ます。そして3回押すと、1つ前の曲に戻ることが出来ます。2回押したまま長押しをすると、曲の早送りができますし、3回押して長押しをすると、巻き戻しをすることが出来ます。このように、iPhone純正イヤホンのコントローラーの機能性は抜群で、iPhoneを取り出すこと無く大抵の操作をすることが出来ます。

ハンズフリーで通話できる

また、iPhone純正イヤホンのEarPodsを例に上げると、先程ご案内したコントローラーに、マイクのマークが書かれており、実際にマイクが搭載されています。これにより、ハンズフリーでの通話が可能になります。

運転中や、料理中、パソコンでの仕事中等、ハンズフリー通話が必要な場面で、かなり活躍してくれます。また、集音性や遮音性にも優れているので、よほど人混みの激しいところや騒音の激しい場所でない限りは、通話の妨げにならないため、安心して使う事が出来ます。

通話のコントロール

純正イヤホンは、ハンズフリー通話が行えるだけでなく、通話をコントロールすることも出来ます。通話のコントロールというとわかりにくいですが、簡単に言うと、通話を開始したり終話したり、保留の状態にすることが出来るということです。

着信時に中央ボタンを1回押すと、通話開始になります。そして通話中に1回押すと、終話することが出来ます。通話中に中央ボタンを2秒間押すと、通話を保留にすることが出来ます。そして、着信中に中央ボタンを2秒間押すと、着信拒否をすることが出来ます。てが話せない時にはかなり役立ちます。

カメラ撮影

また、iPhone純正イヤホンはイヤホンにも関わらず、カメラのシャッターを切ることも出来るのです。押すボタンは、+ボタンか−ボタンのどちらでも構いません。これを使ってカメラ撮影をすることで、大幅な手ブレ防止に繋がります。

Siriの呼び出し

さらに、中央ボタンを長押しすると、iPhoneに組み込まれた相棒とも呼べるSiriを呼び出すことが出来ます。これは、ロック画面でもホーム画面でも、アプリを起動している時でも、この操作を行うことでSiriを呼び出すことが出来ます。例えばSiriを呼び出し電話をかけ、そのままハンズフリー通話を行うことが可能になるため、運転中といった手が離せない状況で通話をする際には非常に役に立ちます。

iPhone純正イヤホンの価格と購入方法、故障時の対応

それでは、ここまで多機能で便利なiPhone純正イヤホンの価格や、購入方法について、またiPhone純正イヤホンが交渉してしまった時のAppleの対応について、解説していきます。

純正イヤホンの種類

iPhone純正イヤホンには、おおきく分けて3種類あります。一つ目は、通常のイヤホンジャックを使った形状のもの、二つ目は、Lightning端子を使った純正イヤホン、そして最後が、Bluetooth接続に対応しているAirPodsです。

初めの2種類は有線での接続となりますが、iPhoneにイヤホンジャックが廃止されてから、Bluetoothでの接続がメインとなりつつあります。AirPodsに関しては同梱されておらず、別途購入する必要がありますが、通常のBluetoothイヤホンとは格が違います。

というのも、通常のBluetoothイヤホンは右耳用と左耳用を接続するケーブルがあり、中間にコントローラーが付いているものがほとんどです。ですが、AirPodsはそのケーブルが無いのです。2つに分かれたイヤホンを耳に差し込むだけで、完全なケーブルフリーを実現しています。ケーブルに付いているコントローラーはありませんが、イヤホンそのものを操作することで、上記での便利機能を活用することが出来ます。まさに、魔法のようなアイテムです。

純正イヤホンの購入方法と価格比較

ipadimgl1150_tp_v

iPhone純正イヤホンは、AppleストアやAppleオンラインストアで購入できることはもちろん、家電量販店や家電量販店のインターネット販売で購入することが出来ます。Appleの製品は基本的に、店舗によって値引きを行うことが出来ませんので、どの手段で購入をしても基本的には値段は変わりません。ですが、仮に店舗によって値引きを行えるポイントがある場合は、それを適用することによって通常の料金よりも安く購入することが出来るため、そういった店舗がお近くにある場合、そちらで購入されることをオススメします。

そして、3種類のiPhone純正イヤホンの定価についてですが、イヤホンジャックを使用したEarPodsは、3,200円(税別)となっております。そしてLightning端子を利用したEarPodsも、3,200円(税別)となっております。最後に、Bluetooth接続を可能にしたAirPodsは、16,800(税別)となってりおり、有線の純正イヤホンの、約5倍の金額となっております。

AirPodsだけが群を抜いて高いですが、こちらのイヤホンは電源等も無く、充電ケースから取り出したとともに電源が入り、センサーにより耳に装着するだけで自動的に音楽が流れるようになっております。そして、取り外すことで自動的に音楽を一時停止させることが出来ます。そういった最先端の技術が詰まっているからこその、この金額なのです。

故障イヤホンを無料で交換できる?

iPhone純正イヤホンがもし故障してしまった場合、修理に出すか、新たなイヤホンを購入する必要があります。ですが、保証期間内であったり、保証対象であれば、無料でイヤホンを交換することが出来ます。

iPhone純正イヤホンの、イヤホンジャックタイプやLightning端子タイプは、iPhoneを購入した時に同梱品として入っております。そちらを無料で交換する際には、まず、iPhoneのシリアル番号(IMEI)が必要となります。シリアル番号は、設定を開き、一般の中にある情報を開き、下にスクロールすると、表示されております。また、iPhone本体の背面の下部に、小さく書かれております。

これを確認した後、Apple公式ページの「保証状況の確認」のページを開き、先程確認したシリアル番号を入力します。そして、保証のサービス範囲内であれば、Appleのサポートセンターに連絡することで、iPhoneの純正イヤホンを無料で交換することが出来ます。

iPhoneにおすすめのイヤホン

最後に、iPhoneと相性の良い、iPhoneにオススメのイヤホンをご紹介して、結びとします。iPhone純正イヤホンもかなりオススメですが、オーディオメーカーからリリースされているiPhoneにオススメなイヤホンを、3つご紹介していきます。

BeatsX

こちらのイヤホンは、Bluetooth接続のイヤホンです。こちらをリリースしているビーツ・エレクトロニクスは、2014年にAppleに買収され、Apple製品向けのiPhoneやiPodととても相性の良い製品をリリースする、Apple製品を使うのであれば定番のオーディオメーカーです。

こちらのBeatsXの特徴は、iPhoneに近づけるだけで接続が完了するというとても便利な点です。さらに、Class1という離れていても約100m以内であれば通信を行える規格を用いているので、Bluetoothイヤホンの安定性としては抜群です。そのため、こちらはiPhone向けのオススメイヤホンの一つです。

BOSE QuietControl 30ワイヤレスヘッドフォン

こちらのイヤホンも、Bluetooth接続のイヤホンです。こちらをリリースしているBOSE社も、Appleと提携している企業であるため、Appleの公式アクセサリーとしてBluetoothスピーカーやイヤホン、ヘッドホンをリリースしております。そのためやはりApple製品との相性は抜群です。

こちらのイヤホンの特徴は、高い遮音性です。そして、その遮音性をコントロールできるという点が、最大の特徴です。イヤーピースは耳にフィットする形状をしており、軽量なネックバンドは断線を防ぎつつ、装着感も良いです。そして、最大で10時間のワイヤレス再生ができるため、ほとんど一日中充電を気にすること無く活用することができ、オススメの一台です。

i.am+BUTTONS Bluetoothワイヤレスヘッドフォン

最後にご紹介するこちらのイヤホンも、Bluetooth接続のイヤホンです。世界的に有名な音楽アーティストである、ウィル・アイ・アムによって設立された企業からリリースされたイヤホンで、その音質の高さとオシャレな外観から、Appleストアで公式に取り扱いがされるようになりました。

さらに、イヤホン本体に磁石が搭載されており、取り外して耳に装着するだけで電源がオンの状態になります。さらに、通話をしたりSiriに話しかけるためのマイクも内蔵されているため、オシャレにiPhoneを使いたい方にとってはかなりオススメの一台です。

まとめ

anjyu160103477551_tp_v

このように、iPhone純正イヤホンには、iPhoneを利用する上での非常に便利な機能が盛り沢山です。操作方法も簡単で、様々な操作を行うことが出来ます。購入できる場所も今では増えており、通常の価格よりも安く購入できる可能性も高いです。最後にご紹介したiPhoneにオススメのイヤホンは、どれも多少値段は張りますが、どれもiPhoneで利用するにあたって最高のものです。

iPhoneを使っている方で、今のイヤホンに不満を感じている方は、これを機会に純正のイヤホンを利用してみては、いかがでしょうか。また、今回オススメした社外イヤホンの導入も、検討してみては、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です