Home / Apple / iPhone / iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法

iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法

iPhoneにファイルをダウンロードする方法

今回、iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法について紹介します。

iPhoneでPDFファイルなどを閲覧・ダウンロード・保存したい場合は、簡単に行うことができます。

閲覧に関しては、特に何か特別な手順を踏まなくてもiPhoneで閲覧できるようになっています。

また、Google Chromeなどのアプリを使っている場合も同様にPDFなど閲覧することができます。

PDFなどをダウンロード・保存したい場合は、専用のアプリを利用します。

これら専用のアプリを利用することにより、閲覧・保存がスムーズに行えます。保存したPDFはいつでも閲覧することができますので、急な時でも便利です。

PDF閲覧・保存用のオススメアプリ」「PDFなどのファイルをダウンロードする方法」について紹介していきます。

PDFなど閲覧することはできても、保存する方法について知らなかった方などは、ぜひ、お時間ある際にご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの「ファイル」アプリにダウンロード・表示する方法

iPhoneでは、PDFファイルを「ファイル」アプリ内に保存することができます。

「ファイル」アプリでは、下記の保存先を指定することができます。

  • iCloud Drive
  • One Drive
  • Drop Box
  • iPhone内

クラウドストレージサービスを利用されている方は、「ファイル」アプリを活用することで、iPhoneでも自由にファイルのダウンロードや表示ができます。

「ファイル」アプリ内にPDF等のファイルをダウンロードする手順は次の通りです。

  • ダウンロードするファイルを表示する
  • 真ん中下の共有アイコンをタップする
  • メニュー「ファイルに保存」をタップする
  • 保存先を選択する
  • 右上の「保存」をタップする

これで指定先にファイルをダウンロード、保存することができました。

保存したファイルは次の手順で表示することができます。

  • 「ファイル」アプリを開く
  • 「ブラウズ」を選択
  • 保存先を選択
  • 表示したいファイルを選択

現在のiPhoneでは、この方法でファイルのダウンロード・表示するのが最も楽でおすすめです。ぜひご活用ください。

PDF閲覧・保存用のオススメアプリ

「PDF Converter:Documents To PDF」「Adobe Acrobat Reader」「Google PDF Viewer」「PDF Viewer」「OfficeSuite+PDF Editor」「PDFリーダー」について紹介していきます。

iBooks

電子書籍や、PDFファイルを閲覧したり、作成できるアプリです。

しおりを付けたり、PDFや電子書籍を検索したりできるので、とても便利です。

また、iphoneに元々搭載されているアプリなので、初心者の方は、このアプリを使うことをお勧めします。

iBooksを使用するためには、まずiPhoneにインストールされているiBooksのアプリをタップします。

w320_180

上の画面の真ん中下にあるアイコンがiBooksになります。アプリをタップして開くと次の様な画面になります。

w320_180-1

iBooksではPDFなどを閲覧することも可能ですが、その名の通り電子書籍などを購入して読むことも可能です。

新書や小説、漫画など幅広いジャンルを取り扱っていますので、お気に入りの本がiBooksで読めないか、一度ぜひ確認してみてください。

それでは次にウェブ上のPDFファイルをiBooksにダウンロードして閲覧編集する方法についてみていきましょう。

iBooksでPDFを閲覧編集する

iBooksでPDFを閲覧編集するためには、まずはダウンロードしたいPDFファイルをブラウザ上で表示させることが必要です。

PDFファイルは、各サイトや検索結果から接続されているPDFのリンクをクリックすることで、ブラウザ上に表示することができます。

iPhoneのブラウザではPDFの閲覧機能が標準で備え付けられているので、単純に閲覧するだけであれば、このブラウザからリンクをクリックする方法で十分です。

一方で、何度も見直す予定のあるPDFや、小説などのページ数の多いPDFファイルは、保存しておくと検索や編集機能が使用できルため大変便利です。

それではiBooksにPDFをダウンロードする手順をみていきましょう。

iBooksにPDFファイルをダウンロードするためには、PDFファイルをブラウザ上に表示させた上で、一度タップし、下の画像の右上の様に「”iBooks”で開く」という選択肢を表示させます。

w320_180-3

「”iBooks”で開く」をクリックすると、ブラウザ上で表示させていたPDFファイルがiBooks上で開かれます。この時点でPDFのダウンロードは完了しております。

w320_180-4

一度ダウンロードしたPDFファイルについては、メニューの左側「ブック」をタップすることで何度でもアクセスすることができます。

新着順やタイトル順で並べ替えることもできますので、簡単に目当てのPDFファイルを発見することができます。

w320_180-2

それではiBooksの上部のアイコンを一つ一つ確認しながら、PDFファイルの編集方法についてご紹介していきます。

まず、右上に赤く表示されているアイコンが「しおり」機能になります。

小説など数百ページに渡るPDFファイルや、プログラムの教科書など知りたい情報があるページに印をつけておきたいものなどは、しおり機能を活用することでより便利に電子上で利用できる様になります。

しおり機能でしおりをつけたものについては、左から二番目のアイコンのリストアイコンをクリックすると、下記の画像の様にしおりマークがついた上で一覧で表示させることができます。

w320_180-6

この機能を上手に活用することで、すぐに行きたいページに行くことができるので、iBooksを使う場合には是非使いこなしたい機能です。

左から三番目のアイコンは外部出力を意味するものです。

メールに添付をする方法とプリントをする方法があります。iPhoneとコピー機を接続させておくと非常に便利ですが、PDFファイルまでも印刷できるとなると、よりスマートフォンを便利に使用できるでしょう。

w320_180-7

右から三番目のアイコンでは光の調節をすることができます。

スマートフォン自体でも光の調節はできますが、アイコンをタップしてすぐに調節できるのは便利です。

w320_180-8

最後に右から二番目のアイコンになりますが、こちらがPDFファイル内の検索をする機能になります。

しおり機能は大変便利ですが、しおりを大量につけてしまうと検索性が落ち、却って不便になってしまう場合があります。

そのため、しおりは何度も見返す重要な部分など、本当に重要な箇所のみにつけ、あとはこちらの検索機能を使って調べるという使い方がスマートです。

w320_180-9

iBooksはデフォルトでiPhoneにインストールされており、必要な昨日は概ね揃っている使いやすいアプリです。

iPhoneでPDFの閲覧編集をしたいという方は、まずはiBooksを触ってみてください。

 

PDF Converter:Documents To PDF

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

【iPhone&android】一度消したアプリを簡単に復元する手順を丁寧に紹介

間違って消してしまったアプリや …

Facebookでのご購読が便利です。