iPhoneで撮影した動画をパソコンに取り込む方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneに限ったことではありませんが、スマホがあると動画が手軽に撮影できて便利ですね。ビデオカメラ必須の頃に比べると、本当に楽になりました。

手軽に撮影できるのはいいのですが、ついつい撮りためてしまいがちです。iPhoneのストレージ容量を圧迫してしまったり、数が増えすぎて何が何だか訳がわからなくなってしまったり…
パソコンに移すことができれば、iPhoneのストレージ対策になるだけでなく、管理や編集も楽になります。

ということで、ここではiPhoneで撮影した動画をパソコンに取り込む方法をご紹介します。方法はいたって簡単です。なお、ここでの説明はiPhone→Windows10に限定させていただきます。

スポンサーリンク

iPhoneで撮影した動画をPCに取り込む方法の概要

iPhoneで撮影した動画は写真アプリ内に格納されます。写真アプリ内のデータはデジカメのごとく、USB接続したパソコンから簡単に参照できますので、取り込みは簡単です。また、USB接続を使わない方法もあります。
ここでは、3つの方法をご紹介します。まずは、一番簡単で直観的な方法から説明します。

USB接続を使う(1)

パソコンからiPhoneを直接開いて、手動で取り込む方法です。
デジカメと同じ感覚ででき、特別な操作は要らないので一番わかりやすいかと思います。

【この方法の利点】

  • エクスプローラでの一般的なファイルのやり取りと同じでわかりやすい
  • 面倒な操作が一切なく手っ取り早い

【注意】この方法を使うときは、前もってiPhoneとiTunesの同期を外しておいてください。

方法

1.iPhoneとパソコンをUSB接続します。
接続がうまくいくと、下記ウインドウが自動的に開きますので”Internal Storage”をダブルクリックします。

usb01_01

 

2.さらに、「DCIN」→「100 APPLE」と順に開いていきます。

usb01_02

 

3.すると、iPhoneで撮影した動画が表示されています。iPhone上では拡張子が表示されないのでファイル形式がわかりませんでしたが、Windowsでは表示されます。.mov(QuickTime形式)となっていますね。

usb01_03

 

4.ここから先は、WordやExcelのファイルと同じように扱えます。
右クリックからコピー→好きなところへ貼り付けしてもいいですし、ドラッグ操作もできます。

usb01_04

拍子抜けするくらい簡単です。
まれに、iPhoneをUSB接続したのにPC上に〇〇のiPhoneが現れないことがあります。
対処方法はいろいろあるのですが、いったんケーブルを抜き再度差し込む方法が最も手っ取り早いです。

USB接続を使う(2)

Windowsのエクスプローラから、Windowsの機能を使ってインポートする(PCへコピーすること)方法です。
ファイル名や保存先など詳細に設定できますので、大量の動画を一気に処理する際に便利です。

【この方法の利点】

  • 作成日時でグループ分けできる
  • インポート前にステップバイステップで確認できるので間違いがない
  • タグ付けも可能

【注意】この方法を使うときは、前もってiTunesとiPhoneの同期を外しておいてください。

方法

1.iPhoneとパソコンをUSB接続します。
2.Windowsのエクスプローラーを開きます。
3.左側にある「PC」をダブルクリックし、「デバイスとドライブ」に注目しましょう。「〇〇のiPhone」がありますね。
アイコンの形は外付けハードディスクにしか見えないですが、これはれっきとしたiPhoneです。

usb02_01

みつからない場合は”USB接続を使う(1)”と同じ対処となります。ケーブルを挿しなおしてみてください。

 

4.iPhoneのアイコンで右クリックし、「画像とビデオのインポート」を選択します。

usb02_02

 

5.
(左側)読み取りが始まり、しばらくすると「画像とビデオのインポート」ウインドウが開きます。
(右側)「画像とビデオのインポート」の「その他のオプション」をクリックすると、「インポート設定」が開きます。
このままでもいいのですが、ビデオのインポート先を「ビデオ」に変えておくと後でわかりやすくていいかと思います。
他、ファイル名の規則など詳細な設定もできます。設定が完了したら、「次へ」を押します。

usb02_03

 

6.次に、インポートする動画を選びます。サンプル画面では動画がひとつしかありませんが、複数ある場合は画像左上のチェックをつけたものがインポートされます。
動画を格納するフォルダの名前を変更したり、動画のプロパティにタグをつけたりできますが、そのままでも問題ありません。
インポートする動画を選んだら、「インポート」を押します。

usb02_04

 

動画の転送が始まります。

usb02_05

 

7.転送が終わると、動画がパソコン内に取り込まれています。
手順5.で、インポート先を「ビデオ」にしたので、「PC」の「ビデオ」に取り込まれています。

usb02_06

 

iPhoneで撮影した動画は、ダブルクリックすればWindowsの動画プレイヤーで再生することができます。

usb02_07

ドングリをコマのようにくるくる回している動画なんですが、わかりにくいですね(笑)

iCloudを使う

iPhone側からiCloudへアップし、Windowsからネット経由で取りに行く方法です。
慣れるまでちょっとめんどくさいですが、USBケーブル(Lightningケーブル)を使わずにできるのが利点です。
iPhoneとパソコンを同時使用しないのも意外と便利です。処理の順番はiPhone→パソコンに限定されますが、手元にどちらかがあれば処理できます。

【この方法の利点】

  • Lightningケーブル不要
  • iPhone側とパソコン側の作業が独立しており、iPhoneとパソコンを同時に必要としない

方法

まずは、iPhone側から対象動画をiCloudへアップします。その後、Windows側からiCloudへ取りに行く流れとなります。
【iPhone側の操作】
1.写真アプリから動画を表示し、左下の□に↑(アップロード)をタップします。

 

2.対象動画にチェックが入っているのを確認し、「iCloud Driveに追加」をタップします。保存場所をタップすると、iCloudへの保存が完了します。

 

 

次は、Windows側の操作です。

【Windows側の操作】
1.Webブラウザ上でiCloudを起動しログインします。
2.トップが表示されたら、「iCloud Drive」をクリックします。

win02

 

3.先ほど保存した場所を開くと対象の動画が確認できます。ファイル名をクリックするとPCへの取り込みが完了します。

win03
win04

 

保存先は「ダウンロード」ファイル内となります。適宜、自分が保存したい場所へ移動してください。

win05

まとめ

iPhoneで撮影した動画をパソコンに取り込む方法をご紹介しました。
iPhone内の動画・画像ファイルは、パソコンへUSB接続すれば特に何もしなくても見えるので、パソコンへの取込は比較的楽にできます(パソコン→iPhoneの転送はちょっと面倒です)。
ここでは3つの方法をご紹介しましたが、それぞれに利点があります。状況に応じて使い分けるとより便利かと思います。
個人的には、iCouldを使う方法がスマートかな…と思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です