iPhoneで動画をカメラロールに保存する方法と編集する方法

LINEで送る
Pocket

4840f2675f86ad00b4b77f567648f3d4_s

お気に入りの動画や永久保存したい動画は、どのようにすればiPhoneカメラロールに保存できるのでしょうか。

ここでは、「iPhoneで動画をカメラロールに保存する方法と編集する方法」について紹介いたします。パソコンなどにあるお気に入り動画をiPhoneのカメラロールに保存ができて、どこでもいつでも見られたら本当に便利ですよね!ぜひ、参考にご覧ください。

1.iPhoneで動画をカメラロールに保存する方法

office_pc

1.パソコン内の動画を「ビデオ2カメラロール」を使ってiPhoneカメラロールに保存する

ここでは、パソコン内にある動画をiPhoneのカメラロールに保存する方法を紹介します。これにより、パソコン内に保存しているイベントの動画、子どもの運動会や成長などを収めた動画もiPhoneのカメラロールに保存でき、いつでも見れるようになります。方法は下記のとおりです。

・iPhoneのカメラロールに保存を希望する動画があるパソコンを起動します。
・該当のパソコンにLightningケーブルなどを使用して、iPhoneを接続します。
・ケーブル接続をしてから、iTunesを起動します。
・iTunesの画面で「ムービー」を選択します。
・動画一覧が表示されますので、次にiPhoneカメラロールに保存したい動画ファイルをiTunesにドラッグ&ドロップします。
・ iTunesに動画が移動できたか移動を確認した上で、iTunesとiPhoneの同期を行います。
・ iTunesの画面で「iPhone」を選択、次に「ムービー」を選択します。
・画面中央にある「ムービーを同期」にチェックを入れます。
・表示されている動画の中から、iPhoneカメラロールに保存したい動画を選択します。
・動画を選択したら、画面右下にある「適用」をクリックします。

これにより、動画ファイルがiPhoneのビデオアプリ内に保存されます。次に「ビデオ2カメラロール」アプリをインストールしたiPhoneで下記の操作を行います。

・ビデオ2カメラロールアプリを起動します。
・ iPhone画面に「写真へのアクセスを求めています」と表示されたら、OKを選択します。
・iPhoneカメラロールに保存したい動画を選択します。
・動画を選択したら、画面の右下にある「カメラロールに保存」を選択します。

これにより、iPhoneのカメラロールにパソコンの動画を保存することができます。この方法を用いれば、簡単にカメラロールに動画を保存することができ、その後編集などもできます。

2.パソコン内の動画を「Free Video Player」を使ってiPhoneカメラロールに保存する

フリーソフト、Free Video Playerを使ってもパソコン内の動画をiPhoneカメラロールに保存することができます。方法は下記のとおりです。

・ iPhoneカメラロールに保存したい動画が保存されているパソコンを起動し、ケーブルでiPhoneと接続します。
・ iTunesを起動させ、「iPhone」を選択します。
・アプリを選択し、ファイル共有からFree Video Playerを選択します。
・「Free Video Playerの書類」で、iPhoneカメラロールに保存したい動画を追加します。
・追加が完了すれば、画面右下の同期・適用をクリックすればパソコンでの操作は完了です。

ここまで完了したら、次にiPhoneで下記の操作を行います。

・ iPhoneでFree Video Playerを起動します。
・動画一覧の中に、先程iTunesから同期した動画が表示されています。

該当動画の横にある「i」マークを選択し、表示されたメニューから「カメラロールに追加」を選択すれば、動画をiPhoneカメラロールに保存できるしくみになっています。

3.Clipboxを使ってYouTubeなどの動画をiPhoneカメラロールに保存する方法

フリーアプリClipboxアプリを使えば、YouTubeなどの動画を簡単にiPhoneカメラロールに保存することができます。保存する方法は下記の通りです。

・iPhoneにClipboxアプリをインストールし起動します。
・メニューから「クリップ」を選択します。
・ブラウザをタップして、アプリ内のブラウザで検索を行い動画を表示します。
・YouTube動画を表示し、画面下部の+マークをタップします。
・「Are you ok?」を選択し、「Really?」をタップします。
・動画のダウンロードが始まり、完了したら「マイセレクション」のタブに動画が表示されます。
・マイセレクションの一覧表示で、画面右上の「Actions」を選択。
・iPhoneカメラロールに保存したい動画を選びます。
・画面下部にメニューが表示されるので、そのなかから「カメラロール」を選択します。
・選択が完了したら、iPhoneカメラロールに動画の保存が開始されます。

これにより、Clipboxを使ってiPhoneカメラロールに動画を保存できます。

2.iPhoneのカメラロール動画を編集する方法

iPhoneカメラロールにある動画を編集したい場合は、下記の方法で行うのがおすすめです。

・ iPhoneカメラロール内にある、編集をしたい動画ファイルを選択します。
・選択した動画が表示されるので、動画をタップします。
・画面上部に動画のバー表示がされますので、好きな場面を選択してトリミングを選択すれば、編集することが可能です。
・編集の完了後「オリジナルを変更」か「新規クリップとして保存」のどちらかを選択します。

この方法で編集するか、専用アプリを使って、iPhoneカメラロールの動画を編集することが可能です。

3.iPhoneで簡単に使えるカメラ&動画編集アプリ

blogger

ここでは、iPhoneで使えるカメラ&動画編集アプリを紹介します。

1.Magisto 動画エディター&ムービーメーカー

Magisto 動画エディター&ムービーメーカーを使えば、簡単にプロフェッショナルレベルの動画を制作できます。また、アプリ内にある好きな音楽をBGMに使用することができます。さらに、プリセットしてあるテーマを選ぶだけで動画編集ができます。動画の編集はアプリが自動でやってくれるので、細かいところは編集不可なのが少し物足りない人もいるかも知れません。テーマは「思い出」や「ラブ」など豊富で、さまざまなシーンに合わせて編集できます。

2.8ミリカメラ

フリーアプリ「8ミリカメラ」(有料)を使うと、レトロ風な動画を制作することができます。クラシックやクリアなど7種類ものレンズを選ぶことができ、10種類の時代からフィルムを選べます。これにより、レトロでヴィンテージ風の動画を撮影することができます。また、動画撮影だけでなく、編集をすることもでき、さらに5種類のオリジナルテーマも用意されています。

3.VivaVideo

VivaVideoを使えば、タッチ操作だけで簡単にプロ並の動画編集が可能です。9種類のクリエイティブなレンズ機能が使えます。カット編集やスタンプの挿入、テキスト表示なども可能です。200種類以上のエフェクトから素材を使うことができ、制作した動画はFacebookやYouTube、Instagram、LINE、メールなどで共有が可能です。アニメーションを追加したりもでき、多彩な演出が可能なアプリです

追加情報

①PCの動画をiPhoneに入れる方法

PCに保存してある動画をiPhoneに入れたい場合、アプリ「ビデオ2カメラロール」を使って動画をPCからiPhoneに移すやり方と、iTunesを介した「Free Video Player」ソフトを通じてiPhoneに移動させる方法とがあります。
「Free Video Player」のほうが、若干手順が少なく簡単です。
また、Clipboxというアプリを使い、動画をiPhoneにダウンロードする方法もあります。こちらは、直感的な操作が可能なアプリですが、YouTubeなどの動画の中にはそもそもダウンロードが不可能な動画もありますので、注意が必要です。

②PCの動画の転送がうまくいかない原因

PCの動画の転送がうまくいかない原因は、ダウンロードが正常に完了していないか、ファイルが破損している、またはインターネット一時キャッシュファイルが小さいかのどれかの可能性が高いです。

③PCの動画の転送に失敗した時の対処方法

動画はとても容量が大きいです。動画の転送ができないのは、まず転送した動画を一時保管できていない、ブラウザとの相性の問題、その解決方法としては、お使いのブラウザの設定で(通常はオプションメニュー)ダウンロード元のPCのブラウザを変えてみる、インターネットキャッシュファイルのサイズを上げる、PC側のTEMPフォルダ内を空にし、ハードドライブの空き容量を確保してみる、などが解決策になります。
あるいはPCのシステムやブラウザが古すぎないかなど、もういちどPC側の動画転送に必要な条件を確認してみて下さい。

④itunesで購入した映画もiPhoneに送れる

iTunesは映画などの動画やアプリ、音楽などを販売しているサイトですが、iPhoneとPCを繋ぐ役割もしてくれます。そのため、iTunesで買った映画などをiPhoneに転送し、iPhoneで鑑賞することもできます。そのやり方は、
・PC側にiTunesを起動させてから、PCとiPhoneを接続し、iTunes側のデバイス欄でiPhoneの名前を選択し、「概要画面」を出しておきます。
・次に上部のタブから「ムービー」を選択し、ムービーの一覧から、購入した映画を選択します。
・購入した映画を選択し、「適用」をクリックすれば、映画のiPhoneへの転送が開始されます。

⑤SDカード内の写真をiPhoneに入れたいとき

かつて使っていたSDカードの中の写真をiPhoneに入れたい場合、どうしたらいいでしょうか?パソコンがある場合は、iTunesを介してコピーするのが一般的ですが、ちょっと面倒なので、PCソフト「AnyTrans」を使うと手間が短縮できます。また、iTunesだとPCからiPhoneへの転送はできますが、逆はNGです。「AnyTrans」ならその逆もできます。

また、動画だけではなく、音楽や写真、着信音、ボイスメモ、Safariのブックマーク、閲覧履歴なども保存することができますので、PCのバックアップがわりとしても使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回「iPhoneで動画をカメラロールに保存する方法と編集する方法」について紹介いたしました。これらの方法により、お気に入りの動画をiPhone端末に保存でき、いつでも好きな時に動画を見れるようになります。いくつか保存しておき、自分のモチベーションを上げたい時などに見てみると良いかもしれませんね!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です