Home / iPhone / iphoneが重いのは「キャッシュ」が原因?削除方法とおすすめアプリ3選

iphoneが重いのは「キャッシュ」が原因?削除方法とおすすめアプリ3選

Pocket

gori0i9a2957072095812_tp_v

日常的にiPhoneを使っていて、「何だか動作が重たい・・・」と感じたことはないでしょうか。

iPhoneに限らず、スマートフォンやノートパソコン等、コンピューターを使っていると、どうしても感じることです。それは、「キャッシュ」と呼ばれるもの溜まっていくことが原因で起こる現象です。これを解決するためには、この「キャッシュ」を消していくしかありません。

そこで今回は、そもそも「キャッシュ」とは何なのか、キャッシュを消すためにはどうしたら良いのかを解説していきます。

iPhoneにはキャッシュを削除するアプリも充実していますので、オススメのキャッシュ削除アプリもご紹介しながら、iPhoneのキャッシュを削除する方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

キャッシュとは?溜まるとなぜ動作が重くなるのか?

di_img_5780_tp_v
それではまず、そもそもキャッシュとはどういったものなのかを解説していきます。また、キャッシュを削除することでiPhoneはどうなるのか、動作はどのように変化するのかについてや、キャッシュを削除する際の注意点についても説明していきたいと思います。

キャッシュは一時ファイルのこと

キャッシュとは、ブラウザでインターネット上にあるWebページを閲覧していると溜まる、自動で一時的に溜まるデータ・ファイルのことを言います。

これは、一度開いたWebページを次回から開きやすくするようにするために行われます。Webページ内には、アイコンであったり画像等のあらゆるファイルが組み込まれています。

そういったWebページを開く際に一時的ファイルをダウンロードし、iPhoneの中に保存をする仕組みや、その仕組みによって溜まるファイルのことを、キャッシュと呼びます。

これがあるおかげで、次回からWebページを開く際にはとてもスムーズに開くことが出来ます。

何故なら、本来ファイルのダウンロードにかかる時間を削減することが出来るためです。一度開いたWebページの名前が、紫色に変化している現象も、このキャッシュによるものです。キャッシュとは本来、Webページ閲覧を助けてくれる仕組みであり、ファイルなのです。

キャッシュを溜め込みすぎると動作が重くなる

ですが、キャッシュの蓄積を長期間放置してしまうと、iPhone内の容量は次々と圧迫されていってしまうため、iPhoneのあらゆる動作が重たく(時間がかかる)ようになってしまうのです。そのため、キャッシュは長期間保存せず、飽くまで一時保存ファイルとして扱い、頻繁に削除することをオススメします。

キャッシュを削除すると、iPhoneを圧迫していた容量から開放されるため、当然iPhoneのあらゆる動作が軽くスムーズに行えるようになります。キャッシュを溜め込んでいた時に比べると、圧倒的にサクサクと動いてくれるようになります。

削除すると再度webページを開く時に時間がかかる

iPhoneのキャッシュを削除するには、多少の注意点があります。

上記でも解説したように、キャッシュとはWebページを開く際の一時保存ファイルやその仕組みのことを言います。そのため、iPhoneの動作は軽くスムーズになっても、もう一度同じWebページを開く時には、またダウンロードを行う必要があるため、完全にWebページを開くまでには少し時間を必要とします。

各アプリのキャッシュ削除方法

一口にキャッシュを削除すると言っても、各ブラウザアプリによって削除方法が違います。iPhone対応のブラウザアプリは複数ありますが、ここでは代表的なアプリ3つに厳選して、キャッシュの削除方法を解説していきます。

Chromeのキャッシュ

まずは、AndroidやWindowsとも互換性のある、Chromeでのキャッシュ削除方法について解説していきます。

  1. まずは、いつも通りChromeアプリを起動して下さい。
  2. 画面右上に「︙」のマークがあるので、これをタップして下さい。
  3. タップするとメニューが開き、いくつかの項目が現れますので、その中にある「履歴」を選択して下さい。
  4. すると、これまでにChromeアプリで開いた履歴が表示されます。この状態で画面左下に、「閲覧履歴を消去」があるので、これをタップして下さい。
  5. タップすると、画面が切り替わり、またいくつかの項目が出てきます。その中にある、「キャッシュされた画像とファイル」という項目を選択してチェックが入ったことを確認したら、画面中央にある「閲覧履歴の消去」をタップして下さい。

これで、Chromeアプリでのキャッシュの削除は完了です。Chromeアプリ自体の容量もコンパクトにするならば、このとき一緒に閲覧履歴も消去しておくと良いでしょう。iPhoneの動作が、さらに軽くスムーズになります。

Twitterのキャッシュ

続いて、利用者がかなり多い巨大SNSであるTwitterアプリの、キャッシュ削除方法を解説していきます。

  1. こちらも、まずはいつも通りTwitterアプリを開きます。
  2. そして、「設定とプライバシー」を開き、その中にある「データ利用の設定」を選択して下さい。
  3. すると画面が切り替わり、ストレージと分類されている中に「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」という項目があります。
  4. ここで、メディアストレージをタップすると画面がさらに切り替わり、赤文字で「メディアストレージを削除」をタップして下さい。これで、メディアストレージを削除は完了します。

メディアストレージには、GIFを含む画像ファイルや短い動画のファイルが収められています。つまり、キャッシュファイルです。これを削除することによって、Twitterのキャッシュを削除することになります。

Safariのキャッシュ

最後は、iPhoneにプリインストールされているブラウザであるSafariのキャッシュ削除について、解説していきます。

  1. Safariの場合、ブラウザは起動せずに設定を開き、その中にある「Safari」を開きます。
  2. するとその中に、「履歴とWebサイトデータを消去」という項目がありますので、こちらをタップして下さい。
  3. するとポップアップが出てきます。そこに赤文字で「履歴とデータを消去」という項目があるので、これをタップして下さい。

Safariの場合は、これだけでキャッシュの削除が完了です。

キャッシュ削除機能のあるアプリ3選

yuka0i9a1561_4_tp_v-2

それでは、iPhone向けにリリースされている、キャッシュファイルを削除する機能が備わっているアプリについて、オススメのものを3つ取り上げて、ご紹介していきます。キャッシュの削除は、これからご紹介するいずれかがあれば、心配する必要なく行うことが出来ます。

長持ち節電バッテリー快 -KAI- for iPhone

こちらは、以前までは「長持ち節電バッテリー」というアプリの有料版になります。iPhoneを使っている方であれば、少しは目にしたことがあるアプリかもしれません。

このアプリでは、キャッシュの削除を行えることはもちろん、通倫料やバッテリーの管理まで行うことが出来ます。全体的にサイバーな見た目のアプリになっていて、操作性や見やすさといった点でもオススメできるアプリです。

期間限定ではありますが、通常360円のところが、今なら無料でインストールすることが出来ます。

モバイルマジッククリーナー

続いてご紹介するこちらのアプリは、見た目も操作性もかなりシンプルです。通信量やバッテリーの管理を行うことは出来ませんが、その分アプリ自体の容量も軽いところが特徴です。

キャッシュを削除する機能はもちろん、どのアプリがどのようにiPhoneを圧迫しているか、という点が見やすく、iPhoneの動作を軽くするだけの目的でインストールするのであれば、まさに打ってつけのアプリです。

バッテリーライフ for iPhone

最後にご紹介するこちらのアプリは、初めにご紹介したアプリと機能はほとんど同じです。ですが、こちらは完全無料でインストールすることが出来ます。

見た目をシンプルにすることで、このアプリの動作そのものを軽くすることに成功しており、かつ他のバッテリーや通信量、ストレージをまとめて管理するアプリと同じ機能を備えているため、iPhoneの動作を軽くして、さらにiPhoneの動作に関する状況を一元化して見たいという方には、とてもオススメのアプリです。

削除することで軽くなるキャッシュ以外のデータ

実は、キャッシュ以外にも削除できるデータがあります。これからご案内するデータを消去することで、iPhoneの動作はもっと軽くスムーズになるでしょう。

クッキー

クッキーとは、キャッシュと隣接している一時保存ファイル・データのことを言います。

キャッシュでは、アイコンやWebページ内に埋め込まれた画像ファイル等を取り扱っていましたが、クッキーでは、例えば一度入力したパスワードや名前等、ブラウザを利用している人の再入力の手間を省くために設けられています。ファイルサイズとしてはキャッシュファイルよりも少ないですが、日々積み重なるとやがて容量を圧迫することになります。

そのため、やはりこちらもキャッシュと同様に定期的に削除するように心がけましょう。

閲覧履歴

Webページを次々と見ていると、閲覧履歴が溜まっていきます。これは、ブラウザアプリそのものの容量を大きくしてしまうことになります。

普段ブラウザを使っていて、閲覧履歴からまた同じWebページを開くことはあるでしょうか。恐らく、ブックマーク等をして次回以降開きやすくしているはずです。つまり、あまり使うことがないデータなのです。

こちらもブラウザのキャッシュを削除する際に同時に削除できるので、やはり定期的に削除しましょう。

データ削除は慎重に!

ここまで、不要なファイルを削除することでiPhoneの動作が圧倒的に軽くなるということを述べてきました。ですが、そのどれもが不要なのかどうかを、一度確認した方が良いでしょう。

例えば、閲覧履歴を削除してしまってから「あのサイト、どんなキーワードで検索したんだっけ・・・」となってしまっては、開きたいWebページを中々開くことが出来ません。そのため、閲覧履歴を削除する際には、ブックマークしておく必要があるかどうか、削除する前に一度確認しておいた方が良いです。

一時保存ファイルや不要なファイルと言っても、本当に不要かどうかは人それぞれです。削除してしまってからでは遅いので、削除する前に一度慎重になり、よく確認してからキャッシュや閲覧履歴といったファイルを削除するようにしましょう。

まとめ

kawamurayukaimgl0458_tp_v-2
いかがでしたでしょうか。

iPhoneの動作が重いと感じた時は、今回ご紹介したキャッシュファイルを削除することで、圧倒的にサクサクと快適に動作するようになります。

また、閲覧履歴やクッキーも同時に削除することで、iPhoneの動作はさらに軽くなります。そして、そういった削除を一つのアプリでまとめて行うことが出来るアプリも多くあります。

是非、あなたが使いやすいキャッシュ削除アプリを見つけて使用してみては、いかがでしょうか。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

iphoneximgl6311_tp_v

iPhoneのライト機能が使えない3つの原因と対処法5選

あらゆるシーンで活躍してくれる …

Facebookでのご購読が便利です