Home / Apple / iPhone / iPhoneのカメラで綺麗に撮影する方法と手ぶれを防止する方法

iPhoneのカメラで綺麗に撮影する方法と手ぶれを防止する方法

Pocket

iPhoneの特徴の一つが高性能なカメラです。iPhoneが新しくなる度にそのカメラも高機能になり、もはやデジタルカメラと比べても遜色のない写真が撮影できるほどになりました。

ところが、キレイな写真を撮影するのは意外と難しいです。どれだけカメラが高機能になっても撮り方が下手だとキレイな写真を撮影することができません。宝の持ち腐れですね。

iPhoneの場合、ちょっとしたコツや、設定を変えるだけで誰でも簡単に綺麗な写真を撮影できるようになります。そこで、今回は、iPhoneのカメラでキレイに撮影する方法と、写真を撮る上で絶対に避けたい「手ブレ」を防止する方法について説明します。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラで写真を綺麗に撮影するポイント

フラッシュは使わない

iPhoneのフラッシュを使うと一部分だけ光が強く当たり、白っぽくなってしまいます。なるべくフラッシュは使わないようにしましょう。

フラッシュは画面上部のフラッシュボタン(雷のようなマーク)をタップすることでオン/オフを設定することができます。

デジタルズームも使わない

iphone-1616223_640

iPhoneには標準デジタルでズーム機能が付いていますが、iPhoneのデジタルズーム機能は画質が悪くなりますし、手ブレもしやすくなってしまいます。iPhone用のズームレンズなども販売していますので、どうしてもズームしたい場合はズームレンズを別途購入するようにしましょう。

手ブレしないように両手でしっかり構える

iPhoneの手ブレ補正はあまり良くありません。iPhone 7/7 plusでは光学式手ブレ補正を搭載し、かなり良くなりましたがそれ以前のiPhoneでは手ブレが起きやすいです。写真を撮影するときはiPhoneをしっかりと構えて手ブレを防ぎましょう。

「AE/AFロック」を使って露出とピントをロック

iPhoneの液晶画面から被写体を長押しすると、AE(自動露出)とAF(オートフォーカス)がロックされて、露出とピントが合った状態で撮影できます。

初心者には難しい露出やピントを、iPhoneが自動で調整してくれるので、誰でも簡単に綺麗な写真を撮影することができます。

HDR(ハイダイナミックレンジ)を常時オンにする

HDR(ハイダイナミックレンジ)は写真の明るさを調整して撮影することができる機能です。HDRをオンにして撮影すると、明るめの写真、暗めの写真、その中間の写真の3枚の写真が自動で撮影されます。その後、3枚の写真を合成し、最適な写真が作られます。

HDRを使用すると、HDR機能によって取られた写真に加え、通常の写真も同時に保存されます。HDRは人によって好みが別れますが、通常の写真も保存されるので、HDRが気に入らなければ通常の写真を撮影するだけで済みます。そのため、できるだけHDRをオンにして写真を撮影しましょう。

HDRをオンにするには、カメラ画面の上部にある「HDR」をタップするだけです。HDRの部分に斜線が入っている時はオフ、入っていないときはオンです。

iphone_camera

HDR機能を使う場合、動いている被写体には注意

HDR機能は便利ですが、動いている被写体を撮影するときは注意が必要です。動いている被写体をHDRオンで撮影した場合、3枚の写真にズレが発生してしまいます。

最近のiPhoneは処理速度が速いので気にする必要がありませんが、iPhone4など古いiPhoneの場合は動いている被写体を撮影する場合はHDR機能をオフにしましょう。

グリッド線を表示する

iphone_grid

カメラに慣れていないうちは写真が傾いてしまいがちです。そんな時はグリッド線を表示しましょう。グリッド線を表示しておけば、その線に合わせるだけでまっすぐキレイな写真を撮影できます。

グリッド線は「設定」->「写真とカメラ」からオン/オフを切り替えられます。

iphone_grid2

液晶のシャッターボタンを使う

iPhoneのカメラアプリの場合は本体のボリュームボタンでもシャッターを切ることができます。しかし、ボリュームボタンを押してしまうと本体が揺れてしまうので、手ブレが起きてしまいます。写真を撮影する際にはどうしても押せないとき以外は液晶画面のシャッターボタンをタップするようにしましょう。

押すとブレやすいのでシャッター押さない!離して撮る!

iPhoneのカメラアプリはシャッターボタンを押した時ではなく離したときにシャッターが切れます。なので、ボタンを長押ししておいて、撮影する瞬間に離すようにしましょう。こうすることで、手ブレが起きにくくなります。

AssistiveTouchでカメラの手ぶれ防止設定する

AssistiveTouchをオンにする

実は、シャッターボタンを離したときにシャッターが切れる、という動作は最近のiPhoneでは標準ではオフになっています。この機能を使うには「AssistiveTouch」の設定が必要です。

設定->一般->アクセシビリティ->AssistiveTouchと進み、AssistiveTouchをオンにします。次に、その下の「新規ジェスチャを作成…..」をタップします。新規のジェスチャを登録する画面になるので、一度だけ画面をタップし、「保存」をタップします。これで設定が完了です。

AssistiveTouchで実際に撮影するには、カメラを起動した状態でAssistiveTouchの白い半透明の〇ボタンをタップし、よく使う項目からさきほど保存したジャスチャをタップします。

この状態にしておくことで、シャッターを離した瞬間に写真を撮影することができます。

iPhoneのレンズの画角を考える

写真を撮影する際には画角も大事になってきます。iPhoneの場合、画角はあまり広くないので、広範囲の写真を撮影することはできません。自撮りなどで背景も入れたい場合は自撮り棒を使う、広角に対応したレンズを使う、といった工夫が必要です。

「手ブレ」なのか、「被写体ブレ」なのかを判断

写真のブレには手ブレと被写体ブレの2種類があります。手ブレはiPhone本体が揺れることで発生するブレで、被写体ブレは被写体が動いているために起こるブレです。ブレによって対処方法が異なるので、写真のブレがどっちのブレなのかをしっかり判断してから対処するようにしましょう。

イルミネーションや花火を撮るときは光っている部分をタップする

イルミネーションや花火などを撮影する際は光っている部分をタップしましょう。ピントが自動的にイルミネーションや花火などの光に合うので、とてもキレイな写真が撮影できます。

露出(太陽マーク)を手動で設定する

AE/AFロックで自動的に露出を調整できるといいましたが、時には手動で設定したいときがあると思います。もちろん、iPhoneなら手動で設定することもできます。

AE/AFロックをすると、ピントを合わせた場所に黄色い四角が表示されますが、その横に太陽のマークも表示されます。この太陽マークが表示されている時に画面上で指を上下すると露出を設定することができます。

指を上に動かすと明るくなり、下に動かすと暗くなります。直感的で簡単ですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-26-10-46-36

iPhoneを三脚などで固定し、手ブレを抑える

iPhoneを固定するのも、手ブレを抑えるコツです。iPhone用の三脚なども販売されているので、三脚でiPhone本体を固定して手ブレを抑えるようにしましょう。

フィルターを使用する

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-26-10-34-05

iPhoneのカメラアプリにはフィルターが搭載されています。モノ、フェード、クロームなど、全部で8種類のフィルターがあり、フィルターを適用するだけで雰囲気のある写真を簡単に撮影することできます。

フィルターはカメラの画面の右下にある〇が3つ重なったマークをタップすることで一覧が表示されます。その一覧の中から好きなフィルターをタップすることでフィルターを適用できます。

スクエアモードで正方形の写真を撮影する

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-26-10-38-03

iPhoneのスクエアモードを使用すると、正方形の写真を撮影することができます。普通の写真とは違った、変わった印象の写真を撮影することができます。

スクエアモードを使うにはカメラ画面を左側にスライドします。

文字を接写したいときは適当にピントを合わせてAF/AEロック

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です