iPhoneでBluetooth接続を設定する方法

LINEで送る
Pocket

Bluetooth (「ブルートゥース)と読みます) はデジタル機器とその周辺機器をワイヤレスで接続できる便利な機能で、煩わしいコードなく、さまざまな周辺機器を利用出来ます。iPhone にも当然Bluetoothが備わっているので、便利に周辺機器を利用する事が出来ます。ここでは、iPhoneでBluetooth機器を接続する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

iPhone で利用出来るBluetooth 機器

iPhone とつなぐBluetooth 機器としては、通話用イヤホンやヘッドセットなどが多いと思います。音楽を楽しむための高品質のイヤホンなども出ておりますので、iPhone とつなぐコードがぶらぶらと邪魔になることもありません。通話用イヤホンの場合には、iPhone を取り出す必要もなく電話に出ることが出来るし、ハンズフリーで電話の会話を楽しむことが出来ますので非常に便利です。

その他には、着信を振動で知らせるブレスレット、スピーカーなどがあります。多機能腕時計なども複数あります。(Apple Watch は専用のApple Watch App を使います)

珍しいものとしては、リモコンなどもあります。離れたところからシャッターを押したり、ボリュームをコントロール出来たりするようです。

Bluetooth の設定方法

それでは、iPhone とBluetoothを接続する方法についてご説明します。なおスクリーンショットのiOS のバージョンは 8.2 です。バージョンによって微妙にメニューが異なることがありますが、基本的な設定方法は同じです。
①設定を始める前に、設定するBluetooth 機器の電源をオンにします。
②iPhoneのメニュー画面で [設定] アイコンをタップし、設定画面を開きます。

スクリーンショット 2015-10-19 23.24.00

iPhone の [設定] 画面を開いたところ
③画面ショットにあるような 「Bluetooth」 の項目があります。[オン] になっていても [オフ] でも 「Bluetooth」 をタップします。[オフ] の場合は、スイッチを入れて [オン] にしましょう。

スクリーンショット 2015-10-19 23.24.08

[Bluetooth] をタップした画面。まだBluetooth機器は1台も接続されていない状況です。
④ペアリング (iPhone とBluetooth 機器の接続されること) する機器をペアリングモードにします。ペアリングモードにする方法は、それぞれの機器の説明書で確認してください。

⑤Bluetooth 機器がある場合には、比較的短時間でペアリングする機器が表示されます。しばらくしてもペアリングする機器が表示されない場合は、Bluetooth機器の電源が入っていない、ないしは対象のBluetooth機器がペアリングモードになっていないことが考えられます。

スクリーンショット 2015-10-19 23.24.19
ペアリングを開始するとほどなく対象の機器の型番が表示されます。
⑥ペアリング対象機器に間違いがない場合には、その機器の名称の部分をタップします。
⑦ペアリングが完了すると [接続済み] と表示されます。目的の機能を利用して接続されていることを確認してください。

スクリーンショット 2015-10-19 23.24.27

対象の機器とのペアリングが完了すると画面のように [接続済み]と表示されます。

Bluetooth機器は、一度ペアリングが完了すれば iPhone に記憶されます。次回からは、ペアリング作業をする必要は無く、iPhone のBluetoothをオンにし、Bluetooth機器の電源が入っていれば自動的にペアリングされます。

Bluetoothは消費電力が小さいことがメリットですが、それでもオンにしていればバッテリーを消費します。Bluetooth機器を利用する必要がない場合にはiPhone の設定をオフにしておくことをお勧めします。

Bluetoothを利用してiPhone を便利に

Bluetoothは複数の機器のペアリングをすることも可能です。iPhoneのBluetooth機能をオンにし、Bluetooth機器側の電源を入れればすぐに再接続されます。複数の機器のペアリング情報を保存しておくことが出来ますので、いろいろな機器をためしてiPhone ライフをより楽しいものにしてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です