iPhoneを購入した時に初めてアプリをダウンロードする手順

LINEで送る
Pocket

1

みなさん、こんにちは。日本全国で桜の花が満開になり、待ちに待った春がやって来ましたね。

季節の大きな変わり目になる4月は、入社、就職、転勤と、環境がこれまでとガラッと変わって、ワクワクするような新しい出会いがたくさん待っていることでしょう。

これを機会に、スマートフォンを新しくiPhoneに替える人も多いので、これまでと勝手が違っていろいろと戸惑っているのではないでしょうか。

iPhoneをずっとお使いの方や、これから使い始めようという方も、これまで意外と知らなかった便利な機能やアプリについて、どんどんご紹介していきますね!

スポンサーリンク

■テーマ:App Storeを使ってアプリをダウンロードしよう

2

さて、今日のお題は「iPhoneを購入した時に初めてアプリをダウンロードする手順」です。

初めてiPhoneを使うユーザーにとってのお悩みの一つは、「アプリのダウンロード方法がわからない」ということですよね。

携帯電話との最大の違いと言ってもいいのが、自分の気に入ったアプリやお役立ちアプリを入れられて、いろいろな使い道ができるというところにあります。

ですから、この方法を知っているのと知らないのとでは、iPhoneを使う楽しさに格段の違いがあるので、ここでしっかりお伝えしておきますね。

まず最初に、手順をざっと一通り見ておきましょう。

1. Appleアカウントの準備(作成)
2. App Storeの起動
3. アプリを探す
4. インストール
5.ホーム画面右隣のページで確認

それでは、各手順を詳しく見ていきましょう。

Appleアカウントの準備(作成)

4

App Storeからアプリをダウンロードするには、Appleアカウント(AppleIDとパスワード)が必要です。前もって手元に用意しておきましょう。

※Appleアカウントをまだ持っていない人は、まず事前準備として「Apple IDを作成」のサイトで作成することから始めてください。

●App Storeを起動

5

App Storeのアイコンをタップし、App Storeを起動します。

●アプリを探す

App Storeが表示されたら、さっそくアプリを探してみましょう。

App Store の最下部には、5つのタブが並んでいます。このうち、新しいアプリのダウンロードに使うのは、画面の左から4つとタブになります。ここで。それぞれのタブでできることを、簡単に説明していきましょう。

ダウンロードするアプリをここから選んで検索し、アプリの説明やレビューを見てみて、ダウンロードするアプリを決めましょう。

・おすすめ

6

Appleがその時々の季節や話題に応じて選び出した、おすすめアプリや新着アプリが紹介されているページです。

画面の左上には「カテゴリ」リンクがあり、これをタップするとApp Storeに登録されているアプリを分類した「カテゴリ」が表示されます。

ご自分の探しているアプリの種類がわかっている時は、早くカンタンに見つけやすいでしょう。最初のうちは、何も考えずどんなカテゴリがあるのかを眺めていくだけでも、楽しいと思います。

・ランキング

7

人気が高い順番にランキング形式で並んでいるページです。

「有料」、「無料」、トップセールス」と3つのタブに分類されていて、それぞれのタブをタップすると切り替えられます。このページも左上に「カテゴリ」リンクがあり、カテゴリページに移動が可能です。

ちなみに、どの分類でもやはりゲームアプリが圧倒的に多いようですね。

・コンテンツ

8

数多くの様々な種類のアプリを総称して「コンテンツ」と呼びますが、ここではそうしたコンテンツを種類別に並べたページになっています。

コンテンツのカテゴリは、並んでいる順番が違うものの、さきほどお話しした「カテゴリ」ページで表示されるものと同じです。

・検索

9

グーグルやヤフーなどの検索サイトと同様に、キーワードでアプリを検索できるページです。

画面最上部の横長部分がキーワード入力欄となっています。欲しいアプリの名前が分かっていれば、そのまま入力して検索することもできますし、思いつくキーワードをいくつか入力してもいいでしょう。

試しに「家計簿」というキーワードで検索すると、「家計簿 無料 人気」、「家計簿 レシート」といった候補を表示してくれます。

【参考】アップデート
このタブでは、すでにダウンロード済みのアプリをアップデートしたり、以前ダウンロードしたけどいったん消してしまったアプリをもう一度ダウンロードしたりできます。

●ダウンロード

10

レビューを一通り確認して欲しいアプリが見つかったら、早速アプリをダウンロードしてみましょう。

「無料」ボタン(有料の場合は値段表示)をタップすると、「インストール」ボタンに変わるので、これを再びタップすると自動的にダウンロードが始まります。

【注意】
App Storeにサインインできていない場合は、ここでサインイン画面が表示されます。

11

「あれ、もうサインインしてるはずなのになあ」と戸惑うかもしれませんが、心配はありません。

落ち着いて、もう一度自分のAppleIDとパスワードを正しく入力すると、アプリのダウンロードが開始されます。

12

●右隣の画面で確認

13

アプリのダウンロードが終了すると、「インストール」ボタンが「開く」ボタンに変わっているのがわかります。このボタンをタップすると、たった今ダウンロードしたアプリを起動することができます。これで、アプリのダウンロードは完了です。

ちなみに、ダウンロードしたアプリは、ホーム画面ではなく、ホーム画面の右隣の画面にあります。ホーム画面を左にフリック(指で左方向に払う)と、さきほどダウンロードしたアプリが見つかりますよ。たとえば、私が自分のiPhoneで「iTunes U」をダウンロードした場所を確認するとこんな感じになります。

14

■まとめ:いろいろなアプリでiPhoneをもっと便利に使おう

15

iPhoneでのアプリダウンロード方法について、順を追って説明してきましたが、おわかりいただけましたでしょうか。

iPhoneのApp Storeには、毎日の仕事に役立つ「ビジネス」や「雑誌・新聞」、「仕事効率化」といったアプリはもちろんのこと、「フード・ドリンク」や「ゲーム」、「ミュージック」、「スポーツ」、「旅行」、にいたるまで、様々な有料・無料のアプリが揃っています。

仕事の合間や移動時間などに、自分のライフスタイルにぴったり合ったアプリを探してみるのも楽しいでしょう。

今回お伝えしたiPhoneテクニックで、あなたの生活がもっと便利で楽しいものになるといいですね!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です