iPhoneのアラームの音が鳴らない時の原因と対策

LINEで送る
Pocket

朝、セットしておいたアラームが鳴らないと大変ですよね、今のところ私は、iPhoneとは別に目覚めし時計も併用しているので、困ったことになったことはありません。

しかし、かくいう私も、iPhoneとは別に目覚めし時計も併用するようになったのは、セットしていたはずのiPhoneのアラームが鳴らず、予定に遅れてしまった経験があるからです。

その時は顔が青ざめた記憶があります。

アラームが鳴らないと、やっぱりこまりますよね。大事な会議や試験の日にアラームがならないと考えると不安になります。ですので、これから、アラームが鳴らない時の原因と対策について説明をして行こうと思います。

スポンサーリンク

iphoneの音に詳しくなろう<

iPhoneの側面には音量の調整ボタンがあります。これを押すことで、iPhoneから発せられる音量を調整することができます。
しかし、場合によっては、着信・通知音の調整ができたり、タイミングによっては音楽のサウンド音量が調整できたりと、切り替えられる音の種類がよくわからないときがありますよね。

そもそも、iPhoneにおける「音量」って何を指してるの?
なんだか考え出したらよく分からなくなってしまいそうですが、iphoneの音に詳しくなれば「理解することができます。
ここでは、iPhoneにおける「音量」の種類と設定方法についてご紹介します。

音の種類

iPhoneにおける「音量」には、大きく2種類あります。

1つが、着信や通知などの、iPhoneから突発的に発せられる音に関する音量。つまり通知音です。
もう1つが、Youtubeアプリやミュージックアプリなどを使った時に、iPhoneから自発的に発せられる音量。つまり、メディア音です。
iPhoneの横のボタンで音量調整した際、鐘のマークなら通信音の調整であり、メガホンのマークならメディア音の調整です。

音量変更ボタンで調節する

本体の側面(iPhoneは左側、iPadは右側)にある音量変更ボタンはアクセスしやすいところにあるので、頻繁に利用します。このボタンが最も基本的なボタンです
初期状態では、アプリや音楽、その他のメディアの「音量」や受話音量だけでなく、着信音や通知音も音量調節ボタンで調節できるようになっています。
どの音量を調節するかは、表示されている画面や再生中のメディアの有無などによって、自動で切り替わります。

着信音や通知音などの音を調節(ベルアイコン)
曲やムービーを再生・停止していないときに音量調節ボタンを押すと、ベルのアイコンが表示されます。着信音や通知音、その他のサウンド効果を変更できます。

音楽やムービーなどの「音量」を調節(スピーカーアイコン)
曲やムービー、その他アプリ内でサウンドを再生・停止中に音量調節ボタンを押すと、スピーカーのアイコンが表示され、「音量」を調節できます。下のボタンを押しっぱなしにすると消音できます。

コントロールセンターで調節する

画面の下端から上方向にスワイプすると表示される「コントロールセンター」にも音量調節機能が用意されており、曲やムービーなどのサウンドの「音量」を調節できます。
音量調節ボタンを押したとき、着信や通知音量の変更を意味するベルアイコンが表示されてしまい、着信音・通知音の調節しかできない場合でも、コントロールセンターを開けば音楽やムービーの音量を変更できるわけです。

設定アプリの[サウンド]で調節する

「設定」アプリを起動して、サウンドを開きます。ここでは着信や通知音量の音量を設定できます。

アラームが鳴らない原因について<

上述のように、iPhoneには通知音とメディア音の二つがあります。電話やメールの着信音、アプリのプッシュ通知、アラーム音などが、通知音です。iPhoneの横のスイッチがオレンジ色なら通知音は鳴りません。所謂マナーモードです。

1

メディア音は、YouTube、ゲームなどのアプリから鳴る音です。

メディア音が鳴るアプリを起動しているときに、横の音量変更ボタンで調節することができます。

ここでは、アラームが鳴らない原因として考えられるものを箇条書きでまとめて見ました。
1、 音量レベルが最小になっていませんか?

2、 イヤホンの差込口が目詰まりし、イヤホンがささっているとiPhoneが勘違いしている可能性があります。(イヤホンを装着している場合は、音が鳴りません。)

3、 ボリュームボタンを押した際にベルの下に音量バーが出ない場合は、ドックコネクタサーキットの不具合の原因があります。ドックコネクタとは、iPhone4まで付いていた充電端子です。自分でも直せるようですが、アップルショプに行った方がベターだと思います。しかし、今日本のアップルショップは限られており、一度、電話で問い合わせをして、郵送で直せるのか聞いた方が良いかと思います。
アップルショップの場所のリンクです。http://www.apple.com/jp/retail/storelist/

4、 音量バーは出るが音が出ない場合、スピーカー自体の不具合の可能性が高いと思います。

5、 Bluetoothがオンになっていて、自動的にBluetoothスピーカーに接続状態になり、全
く音が出なくなります。

6、 ケースがスピーカーを塞いで、音が聞こえなくなっていませんか?

7、 ゲームの効果音の音量をOffにしたままバグ等のせいでゲームを終了した場合音が鳴ら
なくなってしまう場合があります。

8、繰り返し曜日設定は合っていますか?iPhoneはアラームが鳴る曜日を指定することができます。すなわち鳴る曜日以外はアラームが鳴りません。

9、アラームのサウンド設定がなしになっていませんか?これはアラームが鳴るときの音の設定です。初期設定ではサウンドはレーダーになっています。

10、過剰にアプリを立ち上げていませんか?iPhoneの動作が重くなり、アラームが起動しなかったことも原因として考えられます。

アラームが鳴らない時の対策<

1、 音量のレベルを確認して下さい。音量レベルは設定→サウンド→着信音と通知音で設定できます。

2、イヤホンの差込口が目詰まりしていませんか?ティッシュでイヤホンのサイズ位のものを作って掃除してみて下さい。芯として、爪楊枝を使うと良いかも知れません。

3、 ドックコネクタの故障の場合、アップルショップに問い合わせるか、アップルサポートへ電話する方法もあると思います。
アップルサポートの電話番号は0120-277-535です。親切に対応してくれるので安心ですよ。

4、 スピーカーの不具合の場合は、キャリアに持って行くのがベターだと思います。保険に加入しておけば、それ程酷い状態ではない限り、無料で修理が出来ると思います。

5、 Bluetoothの変更は設定→Bluetoothで出来ます。

3

他にもコントロールパネルの赤○部分でもBluetoothのオン、オフは出来ます。ただ、少し触っただけでもオン、オフが変わるので注意が必要です。

6 ケースとスピーカーの場所を確かめて下さい。ケースがスピーカの部分を覆っている場合に音が聞こえづらくなることがあります。

7 ゲームをもう一回やって、音量をオンの状態に戻すか、ホームボタンを長押しして、Siriを立ち上げると直る場合があります。

8 言語設定を変える、これで直った人が意外と多いらしいです。
設定→一般→言語環境→言語で、日本語以外にして日本語に戻す。

9 iPhoneの設定をリセットする。こちらの方法で直る人も多いようです。この操作でデータやメディアが削除されることはありません。
設定→一般→リセット→すべての設定をリセット

10 再起動をする。意外と見落としがちですが、再起動すると直る場合があります。

11 iPhoneの充電を0にしてみる。30分程度0にして充電すると、直る場合があります。

12 繰り返し曜日設定を確認してください。下記の操作で繰り返し設定の画面になります。
コントロールセンターからアラームを選択→編集(画面左上)→繰り返し設定したい時間を選択→繰り返し

13、サウンドの設定をし直してください。12、と同じような操作で再設定が可能です。
コントロールセンターからアラームを選択→編集(画面左上)→繰り返し設定したい時間を選択→サウンド

14、使用していないアプリを全て削除する。
ホームボタンを2回クリックすると起動中のアプリの一覧が表示されるので使用していないアプリを下→上スワイプで削除できます。

15 お休みモードになっていませんか?

4

違いがわかりますか?そうです。青○の部分です。お月さまが点灯している時はお休みモードになります。反対に点灯していないと、おやすみモードが解除されている状態です。この画面は時々、操作していると立ち上がってきませんか?

皆さんが、HPやらブログで色々試されているようですが、おやすみモードについてはまだ、言及されていないようです。

お休みモードの設定は、設定→おやすみモード→おやすみモードオン/オフでも設定できます。また、設定→青○2サウンドでも音のチェックをしといて下さいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はiPhoneのアラーム音が鳴らない時の対処法についてまとめました。

これらの対処法でみなさまのIPhoneのアラームが無事に動作することを願っております。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です