iCloudとは?iCloudの特徴と便利な使い方

LINEで送る
Pocket

34a79187d3044e90a1e2c6405a1fb582_s

iPhoneやiPad、Macを長く使っている人であればお馴染みのiCloud。iCloudがあることで、非常に便利に各デバイスが使えます。今回は、iPhoneやiPad、MacなどApple製品を使い始めて間もない方のために「iCloudとは?iCloudの特徴と便利な使い方」について紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.iCloudの特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-14-08-19

iCloudとは、Appleが提供しているクラウドストレージサービスのことです。クラウドストレージサービスとは、端末に保存するのではなく、インターネット上にファイルを保管できるサービスのことです。他のクラウドストレージサービスでは、DropboxやGoogle Drive、OneDriveなどがあります。

iCloudを使うことで、スマートフォンやパソコンに画像や動画、ファイルなどを保存しなくても済みます。各デバイスにファイルを保存しすぎると動作が重くなってしまうことがありますが、iCloudを使うことで、それらを防げます。

また、iCloudに保存しているデータには、インターネットが接続できる環境であれば、どこからでもアクセスができます。無料で5GBまで利用ができ、有料プランであれば、月額130円で50GB、月額400円で200GB、月額1300円で1TB、月額2500円で2TBまで使用も可能です。

2.iCloudの便利な使い方

iCloudはどのような便利な使い方ができるのでしょうか。ここでは、iCloudを使って簡単にできる役立つ使い方を紹介します。

1.データのバックアップ

iCloudに保存しているデータは常にバックアップを取ることができます。バックアップを取ることで、iPhoneやiPad、Macなどの端末上のデータが失くなったとしても、心配いりません。また、何らかの事情でデバイスが使えなくなったとしても、バックアップをしていれば他のデバイスからアクセス可能です。iCloudへのバックアップは手動でもできますが、自動バックアップを設定しておくと便利です。自動バックアップの方法は下記のとおりです。

  1. 設定アイコンからiCloudを選択します。
  2. iCloud画面が表示され、iCloudDrive、写真、メール、連絡先、カレンダーなど一覧が表示されています。
  3. 自動バックアップしたいものをオン設定にします。
  4. 「バックアップ」を選択し、「iCloudバックアップ」をオン設定にします。

これにより、iPhoneが電源に接続されている状態で、Wi-Fiネットワークに接続しているときに、自動でバックアップがされるようになります。また、手動でバックアップを取りたい場合は下記の方法で行います。

  1. 設定アイコンからiCloudを選択します。
  2. iCloud画面で「バックアップ」を選択します。
  3. 「今すぐバックアップを作成」を選択すれば、すぐにバックアップが作成できます。

2.メモやカレンダーを同期できどこからでも確認できる

iCloudを使うことで、メモやカレンダーを同期することができます。iPhoneでメモやカレンダーに入力したことが、すぐに同期され、iPadやパソコンなどの他のデバイスからも入力した内容を確認・編集できるようになります。

設定アイコンからiCloudのメモとカレンダーをオン設定にすれば、iCloudと同期します。常にiPhoneなどを手元に持っていれば良いですが、同期することで、パソコンなどの他のデバイスからも、同期された最新情報を確認できるようになります。

3.iTunesStoreなどで購入したものを他のデバイスでも使える

iCloudを使えば、iTunesStoreやAppStoreなどで購入やダウンロードしたコンテンツやアプリなどを他のデバイスでも無料でダウンロードができます。これにより、iPhoneで購入やダウンロードしたコンテンツを、自宅のパソコンでもダウンロードし使用することができます。

4.パスワードなどを保存できる

iCloudキーチェーン機能が使えます。キーチェーン機能とは、パスワードやクレジットカード情報などをiCloudで保存し、他のデバイスでも使える機能です。iCloudに保存されることで、毎回パスワードを入力したり、クレジットカード情報を入力する必要がなくなります。

5.iPhoneを探す機能

万が一iPhoneを紛失しても、iCloudのiPhoneを探す機能を使って、紛失したiPhoneを探すことができます。iPhoneを探す機能を使う方法は下記のとおりです。

  1. パソコンからiCloudへアクセスします。
  2. AppleIDとパスワードを入力しサインインを行います。
  3. アイコンが並んでいますので、「iPhoneを探す」を選択します。
  4. 画面に地図が表示され、地図上には探しているiPhoneが表示されます。
  5. 画面上部には探しているiPhoneの位置情報が発信された時間が表示されています。
  6. 画面下部にある「アクション」を選択すると、サウンド・紛失モード・iPhoneを消去から希望のものを選択できます。

サウンドを選択すると、探しているiPhone本体から大ボリュームでアラーム音が2分程流れます。もし、地図上に表示されたiPhoneが現在地から近いようであれば、アラーム音を鳴らしiPhoneのある場所に気付けるかもしれません。紛失モードを選択すると、探しているiPhoneの画面にメッセージを表示できます。

表示したいメッセージは自分で入力することができます。紛失モードでメッセージを表示する場合は、該当のiPhoneがオフラインの状態でも可能です。「見つけたら◯◯◯-□□□□-△△△△までご連絡ください」などメッセージを表示していた場合、見つけた人は画面の◯◯◯-□□□□-△△△△にタッチするだけで電話をかけれます。

iPhoneを紛失した場所が現在地から遠い場合などに、紛失モードを使いましょう。最後にiPhoneを消去があります。これは、iPhoneを探す機能を使ってもiPhoneの場所が見当も付かない場合などに使いましょう。iPhoneを消去のアクションを選択すると、探しているiPhoneのデータを全部消去することが可能です。iPhoneが見つかる可能性が限りなく低い場合は、セキュリティの観点から、iPhoneを消去を行っても良いでしょう。

6.ファミリー共有を使う

iCloudではファミリー共有も使えます。ファミリー共有を使うことで、最大6人のメンバーと映画や音楽などが共有できます。ファミリー共有に参加しているメンバーのなかで、代表者にあたる人のAppleIDで購入したものが、他のメンバーで簡単に共有できます。わざわざ同じコンテンツを購入する際に、何人もお金を払わなくても良くなります。ファミリー共有は有料コンテンツだけでなく、家族の位置情報の共有や写真の共有なども可能です。

7.バックアップから復元

iCloudを使うことで、iPhoneが故障したり、機種変更をしても画像やアプリ、ファイルなど復元することが可能です。復元を行う方法は下記のとおりです。

  1. 設定アイコンから一般を選択します。
  2. 一般のメニューの中からリセットを選択します。
  3. 「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択するとiPhoneの初期化ができます。
  4. 初期化が完了すると、初期設定に移ります。
  5. 初期設定の際に、Wi-Fiネットワークに接続したうえで、「iPhoneを設定」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。
  6. 「iCloudサインイン」画面でAppleIDとパスワードを入力しサインインします。
  7. 利用規約に同意した後にバックアップ一覧が表示されますので、希望のバックアップデータを選択すればiCloudからの復元の完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「iCloudとは?iCloudの特徴と便利な使い方」について紹介いたしました。iCloudがあることで、どこからでも好きなファイルなどにアクセスができ、デバイスにファイルなどを保存しなくても済みます。自動バックアップやiPhoneを探す、ファミリー共有、キーチェーンなど、便利な機能が使えますので、iPhoneやMacユーザーになって間もない方やこれからユーザーになる方は、ぜひ活用してみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です