Home / Apple / iPhone / 相手にも料金がかかる?facetimeの料金や対応機種を解説

相手にも料金がかかる?facetimeの料金や対応機種を解説

Pocket

facetimeはMac OS及びiOSを搭載しているApple社製品の間で利用出来るビデオ通話アプリとなります。ビデオ通話だけではなく、音声のみの通話としても利用可能となる便利なコミュニケーションツールです。

ただ、facetimeの動作環境はApple社製OSを搭載したデバイスしか利用出来ないという制限がありますので、Androidでも動作するLINE等のコミュニケーションツールの方が一般的には広がりを見せている事は事実です。

しかしながらfacetimeはiPhoneに標準実装されている機能となりますので、iPhone利用者の利便性や通話品質といった点である程度の評価がされているアプリと考える事も出来ます。

今回は このfacetimeを初めて利用される方へのご説明からその機能の特徴や料金、対応機種といった情報 をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

facetimeとは

facetimeはiPhoneに標準機能として搭載されている リアルタイムでビデオ通話が楽しめる通信コミュニケーションアプリ となります。

サービスの開始は2010年からとなりますから、現在までに搭載され続けているという点から考えると利便性は高いと考えられます。

iPhoneのホーム画面にはfacetimeのアイコンが表示されていますのでタップすればいつでも利用可能となりますが、設定によりオフのとなっている場合もあります。アイコンをタップしても起動しない時は設定をオンにしていただければ利用可能となります。

機能

facetimeは文字通りリアルタイムでのビデオ通話が可能となる通信コミュニケーションアプリですので カメラと連動して相手の顔を見ながら通話が楽しめる 事が特徴です。

ビデオ機能は利用せずに 音声だけの通話も可能 となりますので、もしカメラを利用しないといった事情もあれば対応する事も出来ます。

通話モードからビデオ通話モードへの利用中の変更は出来ますが、その逆のビデオ通話モードから音声のみには変更は出来ない仕様なのでご注意下さい。

なお、現在のiOSのバージョンであれば通話中の割り込み着信にも対応していますが、古い機種をお持ちの方はiOS 8.0以降である事をご確認いただければと思います。

対応デバイス

facetimeは動作環境が限定されているアプリとなりますので Mac OS及び iOSを搭載したデバイスでないと利用する事が出来ません。

しかしながら、日本国内のスマートフォン利用者でのiPhoneとiPadを使われている方は非常に多いので、実質的にはfacetimeをご利用いただくには特に問題はないのではないでしょうか。

基本的にはiPhone及びiPadとMacとなり相手の連絡先を入力して通話を開始するのですが、電話番号がわからなくてもApple IDに登録しているメールアドレスがあれば通話する事が出来ます。

facetimeの使い方

初期設定を確認

facetimeで通話をかけるためにはまず初期設定を確認しましょう。

初期設定

  1. 設定アプリを開く
  2. FaceTime をタップ
  3. FaceTime をタップしてONに(緑色の状態)

既にONになっていた場合は触れずに設定アプリを閉じてしまって大丈夫です。初期設定は以上となりますので実際に通話をかける手順を見ていきましょう。

通話をかける

facetimeで通話をかけるには二通りの手順があります。一つ目は「連絡先アプリ」から、二つ目は「facetimeアプリ」からとなります。順番に見ていきましょう。

連絡先アプリからかける

連絡先アプリから

  1. 連絡先アプリを開く
  2. 通話したい相手 をタップ
  3. FaceTime欄にある ビデオ通話アイコン もしくは 音声通話アイコン をタップ

facetimeアプリからかける

facetimeアプリから

  1. 連絡先アプリを開く
  2. 名前/メールアドレス/電話番号を入力 をタップして連絡先を入力
  3. ビデオ通話アイコン もしくは 音声通話アイコン をタップ

facetimeの料金

facetimeは通常の通信回線でもWi-Fiでも利用する事が出来るので Wi-Fiを利用すれば料金は無料 となります。

通信回線を利用する場合にはデータ通信費用が発生する事になりますが、定額サービスをご契約されていれば追加費用は気にする必要はありませんので安心です。

facetimeを利用する時には双方向でのデータ通信になる為、通話する双方にデータ通信費用が発生します。通話する際には、この点を留意してご利用いただければと考えます。

データ通信料以外はかからない

facetimeは音声と映像データを送受信するアプリとなりますので、当然ですが 通信費用は発生 します。

先に触れておりますが、データ通信を契約するキャリアもしくはMVNOとの契約により、定額費用にて自由に使える事が多いのではないかと考えられます。

その他にfacetimeの利用料金といったものは不要となりますし、一般的な無料アプリの利用時によく表示されるネット広告といったものもありません。

高い音声品質

一般的なビデオ通話は音声と映像データをデータ通信回線にてやり取りしますので、どうしても圧縮や変換といった処理を行う必要があり、若干ですが音声品質が電話通話での品質より劣ってしまいます。

ところがこのfacetimeにおいては 音声品質が非常に高く電話での通話とほとんど変わらない品質 となっていますので、非常にクリアな音質にて会話する事が可能です。

iPhoneもしくはiPadをお持ちの方は一度お試しいただければお分かりいただけるのではないでしょうか。

次ページ:海外でfacetimeを利用する時の料金

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Macで外付けHDDをフォーマットする方法とエラー時の対処方法6つ

写真や動画などたくさん撮りため …

Facebookでのご購読が便利です