Facebookで疲れないための健全的な使い方

LINEで送る
Pocket

win82-1
SNS疲れという言葉があります。FacebookにもFacebook疲れという言葉があります。友人に相談しても「疲れるならやめればいいのに」と言われますが、Facebookの人間関係もあるし、疲れる反面やめてしまうのもためらわれます。そんな状態に陥らないために、Facebookで疲れないための健全的な使い方を考えてみます。

スポンサーリンク

1.なぜFacebook疲れが起こるのか

Facebook疲れの解説には、長時間の利用による精神的・身体的な疲労について書かれているものもあります。確かに長時間利用していると、疲れ目や肩こりの原因になるかもしれません。でも、一日中Facebookを利用していても、「いいね!」を何百何千と押しても、自分の生活の自実況中継を続けても、それによる疲れは高々知れています。仕事で一日中報告書を書いた時の疲れと変わりません。

長時間の使用による疲れ以上に厄介なのは、Facebook内のコミュニケーションによる精神的な疲れです。自分の発言に対する反応を気にしたり、「友達」の発言に「コメント」や「いいね!」を残すのを義務のように思ってしまったり、「友達」になってみたらダークオーラをまとった発言を連発する人だったりが進むと疲れてしまいます。

楽しいはずのFacebookが苦痛になってくるのです。苦痛になってきたら控えればいいのです。そんなことはわかっています。人から相談されたら自分でもそうアドバイスします。他に解決策はないことも知っているのです。でも今まで築いてきたFacebookでの人間関係を考えると急にはやめられません。そこでFacebook疲れを感じてしまいます。我慢してそのまま続けるとFacebookうつに進展してしまいます。決して軽視できないのです。

2.Facebookで疲れないための健全的な使い方

私たちは、実世界ではTPOに合わせてコミュニケーションを使い分けています。意識しなくても、だれでも、家族と過ごしている時と、仲のいい友人と過ごしている時と、仕事や学校で過ごしている時と、特に親密な相手と過ごしている時では、それぞれ別のコミュニケーションを使い分けています。

ところが、Facebookでは実名登録という原則があるために、1つのアカウントで多くの人と交流することになります。油断していると、職場の上司も彼氏も同じアカウントで交流することになるのです。そして、万が一彼氏と別れたら、元カレが新しい彼女と楽しそうにしている投稿がタイムラインに表示されるのです。Facebook疲れになっても無理はありません。

そうならないためには、Facebookでどのようなつながりを作るのかを明確にしておくことが大切です。少なくとも、ビジネスユースなのか、プライベートなのかをはっきりとさせて、それに合わせて「友達」を選ぶことが必要です。特に実際の知り合いをFacebookの「友達」に追加するときには、本当にFacebookでその人と交流できるのかを確認する必要があります。

そして、「いいね!」やコメントをすべての投稿には残さない姿勢も必要です。簡単なようで結構難しいことです。でも、Facebookでの交流が増えてくると必ず必要なことです。「いいね!」だけなら何でもないことのようにも考えてしまいがちですが、すべての投稿に「いいね!」をつけていたら「友達」が増えてきたときに必ずFacebook疲れに陥ります。

さらに、「友達」になったとしても、「フォローをやめる」ことができることをできることを覚えておくといいと思います。「フォローをやめる」だけならば、「友達」のまま、タイムラインに表示されなくなります。「いいね!」やコメントを残すことが少なくなった「友達」を「フォローをやめる」に設定しても相手には知られることがありません。

投稿の「公開範囲」で管理することも可能ではありますが、利用しているうちに必ず失敗すると思っていたほうがいいと思います。活用できると便利な機能ですが、過信は禁物です。

3.それでもFacebook疲れに陥った時の対処方法

win82-2
まず以下の3点を再度確認します。

  • すべての投稿に無理に「いいね!」はしなくてよい
  • 「友達リクエスト」は断ってもいい
  • 「友達」のフォローをやめてもいい

まとめ

Facebookは楽しいものです。もしも少しでも苦痛に感じたら、一度距離を置いてみることも大切です。あくまでも、楽しむために適切な距離を探すことも必要です。最後の手段はFacebookからの退会となりますが、そうならないためにも、Facebookで疲れないための健全的な使い方をマスターしていただければと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です