Facebookのタイムラインの管理方法と使い方

LINEで送る
Pocket

タイムラインは、Facebookを使う上でも欠かすことのできない機能です。タイムラインはFacebook上での自分を表現したもので、自分のことを他人に公開する際にとても便利である一方、適切に使わなければ、個人のプライバシーにも関わる問題が起こってしまうこともあります。そのため、しっかりと管理方法と使い方を知らなければなりません。

今回はFacebookのタイムラインの管理の方法と使い方を詳しく解説します。

スポンサーリンク

タイムラインとは?

はじめに、タイムラインとは何なのかの説明と、基本的な操作方法について解説していきます。

あなた自身を表現するための場所

タイムラインはFacebookをする上で中心となるプロフィールのページです。タイムラインでは自分の投稿や画像といったアクティビティが時系列に表示されます。

タイムラインではかなり過去まで遡ることができ、なんと誕生から現在までの自分史を載せることができます。そのため、タイムラインはFacebook上で自分を表現するための場所と言えます。

タイムラインとウォールはどう違う?

タイムラインが導入される前のFacebookではウォールというものが使われていました。ウォールも基本的にはタイムラインと同じですが、ウォールの場合は数日目の投稿ですら、表示する際は下にスクロールしないといけないため、大変でした。

タイムラインでは、1ヶ月前や1年前など、かなり過去の投稿まで簡単にアクセスできるようになりました。また、カバーと呼ばれる画像をTOPに掲載し、自分のことを一目で知ってもらえるようになりました。

タイムラインはプロフィールの一部です

timeline

タイムラインは自分を表現する場所ですが、タイムラインだけがプロフィールのすべてではありません。プロフィールには基本データや友達、写真などがあり、それらのすべてがタイムラインで公開されるわけではありません。

タイムライン以外にも、プロフィールはたくさんあるということを覚えておきましょう。

タイムラインに投稿するには

それでは、実際にタイムラインに投稿する方法を説明します。

タイムラインを表示すると、最新の投稿の一番上に「今なにしてる?」と書かれている投稿を入力する欄があります。そこに近況などを入力した後に「投稿する」をクリックすれば投稿されます。

toukou

今の気分やアクティビティの追加

タイムラインでは今の気分やアクティビティを追加して投稿することができます。さきほどと同様に投稿する近況を入力したあと、その下にある顔文字のマークを押します。

kibun1

リストが表示されるので一番上の気分をクリックします。

kibun2

すると、気分の一覧がでてくるので、今の気分にあったものを選択します。これで投稿に気分を追加できます。同じようにして「読書中」や「プレイ中」といったアクティビティを追加することもできます。

kibun3

友達をタグ付け

タイムラインの投稿では友達のタグを付けることができます。投稿する際に入力欄の下のタグ付けボタンを押して、タグをつけたい友達の名前を入力することでタグをつけることができます。

tagu

位置情報の追加

タイムラインの投稿では位置情報を追加し、今自分がいる場所を共有することができます。投稿する際の入力欄の下からチェックインのボタンを押します。そのあと、自分で現在位置を入力するか、リストから場所を選択することで位置情報を追加できます。

itizyouhou

写真を追加

タイムラインの投稿には写真や動画を追加することもできます。写真や動画を追加するときは投稿する際の入力欄の下のカメラマークをクリックします。すると写真や動画の選択画面になるので、追加したい写真や動画を選びます。これで、投稿に写真や動画を追加できます。

syasin

記事の日付の選択

タイムラインの投稿では、投稿した日付を選択することができます。投稿する際の入力欄の下にあるカレンダーのマークをクリックすると、日付を選択できます。

hiduke

日付は年月日に加えて何時何分まで細かく選択できます。投稿し忘れたときや、過去のイベントの写真を過去に行ったものとして投稿したいときなどに便利ですね。

タイムラインの管理

タイムラインの基本的なことについて説明しました。次に、タイムラインの管理について説明します。タイムラインの管理はプライバシーを守る意味でもとても大事なことなので、しっかりと学びましょう。

設定を変更する方法

タイムラインに関する設定を変更するには、まずページ右上の▼を押して、表示されたメニューから設定をクリックします。

settei1

設定をクリックすると、設定画面に入ります。この画面で各種設定を変更することができます。タイムラインに関する設定は左のメニューで「プライバシー」及び「タイムラインとタグ付け設定」から行えます。

settei2

共有範囲を選択する

タイムラインの投稿は共有する範囲を選ぶことができます。初期設定ではFacebookをしていない人や友達でない人でも投稿を見ることができてしまいます。もし友達だけにしか見せたくない時は、共有範囲を選択しましょう。

さきほどと同様の方法で設定画面に入り、プライバシーをクリックします。プライバシー設定とツールの画面になるので、一番上の「私のコンテンツを見ることができる人」の編集をクリックします。すると、投稿の共有範囲を選択できます。

privacy

共有範囲は公開、友達、自分だけの中から選べます。また、カスタムを使うことで、さらに細かい範囲設定を行えます。

自身のタイムラインの内容を確認しよう

タイムラインの設定を変更したり、投稿を行った後は、それらがちゃんと反映されているか気になりますよね。そこで、タイムラインが他の人からどのように見えるのかを確認しましょう。

タイムラインのカバー写真の右下部分にあるアクティビティログを見るの横の「・・・」をクリックします。するとメニューが表示されるので、「プレビュー」をクリックします。すると、他人から見た自分のタイムラインを見ることができます。

kakunin1

プレビューを見ることで非表示にしたものが写っていないか、逆に表示したいものを非表示にしていないかなどをしっかり確認しましょう。

タイムライン掲載の確認

タイムラインの投稿では、友達をタグ付けして投稿できるので、当然自分が他の人の投稿にタグ付けされることがあります。時には、タグ付けされたくない時もあるでしょう。そんな時のために、タイムラインに掲載されるかどうかを選択できるようにしましょう。

まず、「設定画面からタイムラインとタグ付け設定」を選択します。そのページの一番上の「あなたのタイムラインにコンテンツを追加できる人」の中の「友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?」という項目があります。

そこの編集をクリックすることで、確認のオン/オフを選択できます。初期設定ではオフになっていますので、確認をしたい方はオンにしましょう。

tagukakunin

他の利用者のタイムラインへの投稿を制限する

実はタイムラインは他の人のタイムラインへ投稿することができます。なので、当然他の人があなたのタイムラインに投稿することがあります。それが嫌なら、他の利用者のタイムラインへの投稿を制限するようにしましょう。

先ほどと同様にしてタイムラインとタグ付け設定の画面に行き、一番上の「あなたのタイムラインに投稿できる人」の編集をクリックします。

あなたのタイムラインに投稿できる人を「友達」と「自分のみ」から選択できるので、「自分のみ」に変更しましょう。

seigen

タイムラインで保留になっている投稿を見る方法

タイムライン掲載の確認をオンにしていると、あなたをタグ付けしようとしている投稿は、確認をするまで保留になります。

保留を確認する方法は、まずタイムラインから「アクティビティログ」をクリックします。

horyu1

アクティビティログのページに移動したら、左のメニューから「タイムライン掲載の確認」をクリックします。すると、保留されている投稿を見ることができます。

horyu2

過去の投稿共有範囲を選択する方法

共有範囲を選択した場合、適用されるのはそれ以降の投稿だけで、過去の投稿の共有範囲については別途設定が必要になります。

設定画面からプライバシーと設定ツールのページにいきます。「私のコンテンツを見ることができる人」の中の「友達の友達とシェアまたは公開でシェアした投稿の共有範囲を変更」という項目の「過去の投稿を制限」をクリックします。

kako1

そしたら、共有範囲の変更をクリックします。こうすることで、過去の投稿の公開範囲が「友達」になります。

kako2

また、過去の投稿を個別に制限することも可能です。制限したい投稿の▼を押して公開範囲を「友達」にすることで制限することが可能です。ただ、過去の投稿が多い場合は一個一個設定するのは時間がかかるので、設定画面からいっきに設定するのが良いでしょう。

Facebookタイムラインの見せ方を変更する

優先的に表示される内容

タイムラインにはすべての投稿が表示されるわけではありません。タイムラインでは親密度が高い友達の投稿、「いいね!」やコメントが多い投稿が優先的に表示されます。投稿したからと言って、必ずしも表示されるわけではないんですね。

タイムラインの見せ方をコントロールする方法

タイムラインはすべての投稿が表示されるわけではないので、見せたいものが必ず載るわけではありません。しかし、見せたくないものを見せる、逆に見せたいものを見せるといった設定を行うことで、タイムラインの見せ方をコントロールすることができます。

見せたくないものを隠す方法

プライベートな投稿など、他人に見せたくないと思う投稿は隠してしまいましょう。

隠したい投稿やアクティビティの右上にある「v」マークをクリックします。表示されたメニューの「タイムラインに表示しない」をクリックします。そうすれば、その投稿を隠す事が出来ます。

kakusu

見せたいものを見せる方法

タイムラインの表示したいと思っていた投稿などが載らないことがあります。そういうときは、アクティビティログから表示させるように変更できます。

タイムラインのホームから「アクティビティログを見る」クリックしてアクティビティログの画面に入ってください。アクティビティログでは表示されているものも非表示のものもすべて見ることができます。

その中で、〇の中に/が入っているマークがついている投稿やアクティビティはタイムラインで非表示になっています。そのマークをクリックし、「タイムラインに表示」をクリックすることで、これまで非表示だったものをタイムラインに表示することができます。

log

見せたいものを目立たせる方法

もし投稿したものの中で目立たせたいものがあるときは、「ハイライト」を使って目立たせましょう。

目立たせたい投稿の「v」をクリックして、メニューの「ハイライト」をクリックします。すると投稿に☆のマークがついて重要な投稿であることを強調することができます。

誰から何が見えているか、確認する方法

Facebookのタイムラインは公開設定を細かく指定できますが、その分どの投稿が誰から見ることができるのかがわからなくなってしまうことがあります。そういうときは、誰から何が見えているのかを確認する方法があります。

自分のタイムラインを確認する方法と同様に、カバー写真右下のアクティビティログの横の「・・・」をクリックし、メニューからプレビューを選択します。

プレビュー画面はデフォルトの設定では友達ではない人から見たタイムラインが表示されます。ここで、画面上部の「特定の友達への表示のプレビュー」をクリックしてください。

preview1

すると、任意の友達の名前を入力することができ、「特定の友達から見た自分のタイムライン」を表示することができます。これにより、どの友達から何が見えているのかを確認することができますね。

まとめ

ここまで、Facebookのタイムラインの使い方や設定方法を詳しく説明してきました。タイムラインはFacebookの中でも最も頻繁に利用するページなので、Facebookを使いこなしたいなら、ぜひ詳しくなっておきたいですね。

また、公開範囲の設定などを適切に行わないと、見られたくないものを見られてしまったり、逆に見せたいものを見せれなかったりもします。タイムラインの管理は適切に行うようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です