Facebookのメッセンジャーを120%活用する方法

LINEで送る
Pocket

世界最大のSNS、Facebook。もはやコミュニケーションに欠かせないインフラといえるFacebook。気軽に繋がることができるFacebookを通じてメッセージのやり取りができるので、より深く相手とコミュニケーションを取る事も可能になる点が最大の魅力といえます。

PCおよびスマホでのメッセンジャーの機能を熟知した上でうまく活用し、用途に応じ上手に使いこなす方法をご説明します。

スポンサーリンク

基本的な機能や特徴

スマホ版でもPC版でも、メッセージのやり取りだけでなく音声通話やビデオ通話が可能です。LINEのスタンプのように、「ステッカー」と呼ばれるイラストを送信して手軽に気持ちを伝えるツールもPC、スマホの両方から利用する事ができます。

現在のところ、この「ステッカー」は無償で配布されており、ダウンロードするだけで利用できます。

スマホ版では通常のFacebookアプリのみではメッセンジャーを利用する事はできない為、専用のアプリをダウンロードする必要があります。ダウンロードすると、メッセージを受信した場合に相手のアイコンが表示され、スワイプするだけで隠す事ができるので非常に便利です。

PC版ではメッセンジャー専用アプリはなく、通常のFacebookページからメッセージを利用する事ができます。PC版ではメッセージを「チャット」として表示するかどうかを設定で変更できる点がスマホと異なっていますが、他の機能面ではほぼスマホと同じです。

また、PC版でのみ、ファイルの添付を行う事ができます。では、その利用方法を詳細に見ていきましょう。

スマホ版メッセンジャーの機能

まずはスマホでの利用方法です。いつでも気軽にスマホからFacebookを閲覧しているユーザーはかなり多いでしょう。ファイルの添付以外の機能はスマホで可能です。

スマホでfacebookメッセンジャーを利用するには専用のメッセンジャーアプリをダウンロードする必要があります。このメッセンジャーアプリを入れると、メッセージが届いたり、メッセージを送ろうとして起動するだけで、その相手のアイコンが常にスマホ上に表示された状態になります。

メッセージのやり取りが終わったらこのアイコンをスワイプするだけでアイコンが消えるという極めて使いやすい動作をしまので、きっと癖になる事間違いなしです。

基本的な使い方

まず、「facebook messenger」を検索してダウンロードしてください。尚、この記事はAndroid版について説明をしておりますのでご留意ください。

ダウンロードしてFacebookアカウントを設定した後は、messengerアプリを起動しなくてもfacebookアプリ内のメッセンジャーアイコンをタップすればmessengerアプリが自動的に起動します。以下の画像で一番上に表示されているのがmessenger、次がfacebookアプリのアイコンですね。

画像㈰アイコンおよびアプリ画像

メッセージを送信する際はmessenger画面右下の+ボタンをタップし相手を選択します。基本的な機能は次の通りです。デフォルトはテキスト入力アイコンがONになっている状態です。

画像㈪メッセージ画面

以下の機能は基本的な機能です。相手とのメッセージ画面で下部に並んでいるアイコンです。
■フォト撮影アイコン…写真を撮影して添付します。
■ピクチャーアイコン…端末に保存されている画像を選択して添付します。
■ステッカーアイコン…LINEでいうスタンプのようなもので、Facebookではステッカーと呼びます。無料でダウンロードして使用できます。
■マイクアイコン…音声を録音してデータ添付します。
■位置情報アイコン…選択した位置情報を添付します。
■messenger用アプリアイコン…messengerで使える様々なアプリをダウンロードして起動します。ここでは省略します。

以下の機能はちょっとだけ応用編です。相手とのメッセージ画面で上部に並んでいるアイコンです。
■ビデオアイコン…テレビ電話を起動します。
■電話アイコン…音声通話を起動します。
■インフォメーション(i)アイコン…詳細機能を起動します。以下で詳細を見ていきましょう。

画像㈫iアイコン起動画面

■選択中の相手の通知をオフにする
デフォルトでは、スマホのmessengerで受信をした場合に相手の顔アイコンが即時表示されます。これは通知ONの状態です。特定の相手との通知をオフにする事ができます。

お知らせをタップ→「このスレッドのお知らせをオフにする」からオフにする時間もしくは「再びオンにするまで」を選択すればOKです。

■グループを作成する
「○○さんとグループを作成」ボタンをタップし、他のメンバーを追加する画面に遷移します。メンバーを選択しグループ名を作成し、チェックボタンを押下すれば完了です。messengerのホーム画面から真ん中のアイコンをタップする事でもグループ作成やグループ選択ができます。

スマホならではの機能たち

■写真とメディアを同期する
Facebookメッセンジャーで受信した写真を自動的にスマホに保存したり、スマホで撮影した写真を友達に共有する為のリマインダを設定して共有忘れを防止するという機能があります。messengerのホーム画面から一番右側のアイコンをタップ→設定に関する一覧が表示されている中から「写真とメディア」をタップ

「写真を保存する」をオンにすると、messengerで受信した写真を自動的にスマホに保存します。
「写真を保存」をオンにすると、messengerアプリ内で自分が撮影した写真を自動的にスマホに保存します。
「フォトマジック」をオンにすると、messengerアプリで人物を撮影した際に自動認識により友達を特定した上で、リマインダ設定をする事が可能になり、後程忘れずに写真を友達に共有する事ができます。

■連絡先を同期する
上記と同じく、ホーム画面右側アイコンをタップした画面の中に「連絡先」があります。ここをタップして「連絡先を同期」をオンにすると、Facebookがスマホに保存されている連絡先を認識し、まだFacebook上で友達になっていない連絡先の持ち主を友達として提案してきたりします。

筆者は、友達追加のパターンは対面して同意を得てから、あるいはFacebookの友達の友達として提案された場合の2つに限定しているので、この機能はオフにしています。

■背景の色を変えたりニックネームを設定する事もできる
おまけですがスマホならではの機能としてこういう事も可能です。messengerアプリのタイムライン画面から、特定の相手を選択し、iアイコンをタップします。「カラー」「ニックネーム」「絵文字」は、設定すると相手にも同じ表示がされます。

「カラー」とは、スレッドの吹き出しの色が変更されるものです。PCからみると特に変更はありません。
「絵文字」とは、デフォルトで表示されている「いいね!」の絵文字を他の絵文字に変更できる機能です。ちなみにこの絵文字、スマホからでもPCからでも長押しすると大きくなるのです。大きさは3段階に変更できます。感動を大きく表したい時は大きくして送ってみましょう。

これら2つは何のために設置された機能なのか不明ですが、念のためご紹介させて頂きました。最後に「ニックネーム」ですが、自分とスレッドの相手のニックネームを設定する事ができます。これは…使う事もあるかもしれませんね。

Windows版メッセンジャーの機能

続いてWindows版メッセンジャーの使いこなし術について解説致します。Windows版では専用アプリをダウンロードする必要はなく、ブラウザのFacebook単独でメッセンジャーを利用します。

PC版はスマホ版とほぼ同じ機能を使えますが、最大の機能といえばファイルが添付できる点だと思われます。PCでメッセンジャーを使う場合はビジネスが絡んでいる場合も多いですから、この機能は必須ですね。ファイルを添付する時は、メッセージあるいはチャットの相手を選択した後、下方のクリップアイコンをクリックしてファイルを選択します。

チャットとメッセージはどう違う?

PC版ではメッセンジャーの事を「チャット」と呼びます。そもそもスマホ版のfacebookメッセンジャーもLINEもチャットのようなインターフェースになっていますから、特に区別する必要もないように思います。

では「メッセージ」と「チャット」の使い分けは何なのかというと、チャットを設定でオフにすると、メッセージは受信箱に受信されます。また、他の友達から見た場合にチャットをオンにしている人がfacebookにログインしていると、自分のアイコンに緑色の○がついてログイン中である事が一目でわかりますが、チャットをオフにするとこの緑色が表示されなくなります。

つまり、自分がオンライン中である事を表示したくない場合のみこの「チャット」をオフにすればよいのです。その他の送受信等の機能については、違いはありません。

■チャットのオンオフを切り替える方法
ブラウザの右側に表示されたチャットバーの一番下にある歯車型の設定アイコンをクリックし「チャットをオフにする」を選択します。このとき、「すべての友達に対しチャットをオフにする」のか、特定の友達に対してチャットをオフにするのか、または特定の友達を除くすべての友達に対してチャットをオフにする事を選択できます。
逆の場合は同じ箇所をクリックして設定変更できます。

メッセージ送信者の制限を設定する

誰とでも繋がる事ができるFacebookだから、デフォルトは誰でも自分にメッセージを送信できる状態になっています。この設定はホームの「プライバシー設定」→「私に連絡を取る事ができる人」から変更できます。「全員」もしくは「友達の友達」から選択できます。

■友達以外の人からメッセージが届いた場合、どこにいくのか?
友達になる前の人が自分に対してメッセージを送信した場合、デフォルトではフィルタされて受信します。時々メッセージの設定ボタンから「もっと見る」をクリック→「フィルタ済み」を確認してみてください。気付かなかったメッセージが受信されているかもしれません。

もしくはホームの上部にある吹き出しのアイコンをクリック→「メッセージリクエスト」をクリックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?スマホから利用する場合は特に、操作性が高すぎて何気ない操作が相手へのアクションになってしまう為、注意してください。Facebookメッセンジャーをうまく利用して、仕事や趣味でのコミュニケーションに活用して下さいね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です