Facebookにアップロードする画像を高画質のままにする方法

LINEで送る
Pocket

写真が趣味だ!という方の中には、どこかへ行くにも一眼レフを持ち歩き、その日見た様々な情景を記録して、1日の終わりにFacebookにアップロードするという方もいるかもしれませんね。そうでなかったとしても、最近のスマホのカメラは高性能で、高精細な画像を手軽に撮影することができます。そんな自慢の写真をアップロードしたのはいいけれど、なんか画質が落ちている・・・。

といった経験はないですか?Facebookでは通常、アップロードされた画像は自動的に画質を落とし、少ない容量で扱うことができるようにリサイズされます。でも、せっかくの自慢の写真なのに、画質を落とすのはもったいない!と思うこともあるでしょう。今回はそんなあなたのために、Facebookにアップロードする画像を高画質のままにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ画質を自動的に落とすのか?

1

Facebookのユーザー数は、全世界で13億人を超えます。仮に、1日のうちで、1000人に1人が1回だけ画像をアップロードしたとしましょう。写真1枚の容量が仮に5MBであったとします。(様々な機器によって撮影されるので、一律に決めることはできません。)すると、Facebookのサーバーは1日で少なくとも6.5TBの容量が使われます。

1年間で2000TBを軽く超えることになりますので、まともにまともにこのようなデータを扱うことはできません。また、スマートフォンからアップロードすることを考えても、高画質のままのアップロードは通信量を必要以上に使ってしまいますのでナンセンスです。そこで、Facebookでは自動的に画質を落とすような仕様にしているであろうと推測することができます。

画質を落とさないためには?

スマートフォンアプリからのアップロードでは自動的に画質が落ちてしまう仕様になっているようです。スマートフォンからのアップロードは諦めましょう。実は、Facebookでも画像を高画質で保存することができるサービスがあります。PCを操作して、Facebookにログインし、アルバムの作成画面を開きます。アルバムの作成方法については以前ご紹介しましたので、そちらをご確認ください。

操作手順

アルバム作成画面に入ることができたら、左側メニューに「高画質」というチェックボックスが存在するはずなので、そこにチェックを入れましょう。この状態で写真をアップロードしてし、アルバムを作成すれば、ほとんどリサイズされることなく、高画質のまま画像をアップロードすることが可能です。

まとめ

この方法を用いても、リサイズを回避したまま(非圧縮のまま)画像をアップロードすることはできません。しかしながら、できる限り画質を保ったままアップロードをすることができます。Facebookにアップロードされた画像は、再編集されることは少なく、実際は鑑賞用となるはずですので、このくらいで十分でしょう。もしも、特定の人に対して非圧縮のまま画像を送りたいといった場合は、他のファイル転送サービスなどを使う方が良さそうですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です