Facebookでアカウント停止処分を受けた時の対策

LINEで送る
Pocket

1
Facebookでは、不適切な利用があったアカウントに対して、アカウント停止という処分をすることがあるようです。筆者は実際にアカウント停止処分を受けたことはありませんので、その状況を経験したことがありませんが、今回、処分の内容とその対応方法について調べてみました。

スポンサーリンク

アカウント停止の理由

Facebookにはあらかじめ利用規約が設けられています。利用規約のセクション14には「利用者が本規約の内容または精神に違反した場合、あるいは弊社にリスクまたは法的問題を生じさせた場合、弊社はその利用者に対するFacebookのすべてまたは一部の提供を停止できるものとします。」と規定されていますので、何らかの規約違反を行った結果、アカウントの停止処分がされるということのようです。

例えば、「虚偽の名前を使用した場合、なりすましを行った場合、Facebookからの警告に従わなかった場合、その他不適切な行為を目的として利用した場合」が、処分の対象になります。

処分に至るまで

1、他のFacebookユーザーによる通報

Facebookでは、すべてのユーザーが、特定の利用者が行った行為について運営元に通報できるシステムが整備されています。例えば、性的画像や暴力的動画をアップロードしていた場合は、他のユーザーに通報される可能性が高いでしょう。他にも、投稿内容が犯罪に該当するものであるとか、一方的な嫌がらせと確認できるコンタクトを取った場合にも通報される可能性があります。

2、システムによる不正利用の検出

偽名でFacebookに登録していた場合やなりすましなど、Facebookのパトロールシステムが自動的に不正利用を判別し、不正が確認できた場合にはアカウント停止処分となるようです。また、明らかに過剰な友達リクエストを一度に送信した場合なども対象になるようです。

3、アカウントの不正ログイン

アカウントが乗っ取られた場合(パスワード等ログイン情報の流出)には、自動的にアカウントがロックされるようです。これも、Facebookのシステムが自動的に判別するほか、自分で不正ログインを通報することで、アカウント停止になる場合もあるようです。

対応方法

Facebookでは、アカウントの停止処分に対して問い合わせを行うことができます。正当な理由なくアカウントが停止されてしまった場合には、問い合わせフォームからFacebook運営に対して問い合わせを行いましょう。フォームのURLは https://www.facebook.com/help/contact/260749603972907 です。

まとめ

Facebookのアカウント停止は、Facebookの秩序を守るためには非常に重要な機能であるといえます。自分に心当たりがないままアカウントが停止されてしまった場合には、セキュリティ上の重大な問題があったことも考えられますので、放置せずに必ず運営に問い合わせた方がよいでしょう。問題が確認されなかった場合は、すぐに処分が解除されるようです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です