Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / webサービス / Edy Viewerとは?インストールする前の準備とその流れ3つ

Edy Viewerとは?インストールする前の準備とその流れ3つ

Pocket

楽天が提供している電子マネ−サービスとして有名な楽天Edyは、パソコンからも管理や設定やチャージを行うことが出来ます。これまではEdy楽天ポイントカードやクレジットカードによってコンビニ等でチャージする必要があったため、急を要する場合の対処が難しかったです。

ですが、Edy Viewerというパソコン版のサービスを利用することによって楽天Edyを利用できる幅が大きく広がります。ですがEdy Viewerを利用するためには、事前に準備を行う必要があります。

そこで今回は、Edy Viewerをインストールする前の準備とその流れについてご紹介致します。

Edy Viewerとは

ビジネス インターネット ネットショッピング 旅行 世界 地図 買い物 ショッピング サービス 取引 カード ビジネスイメージ 便利 手段 信用 デジタル 1枚 海外 外国 トラベル 金 ポイント グラフィック ゴールド 買物 小物 セキュリティ 世界地図 グローバル 経理 ワールド 一枚 1枚 テクノロジー CG 海外旅行 金融 お金 マネー 外貨 経済 国際 商売 近未来 セキュリティー 通販 代金 ブランド 売買 プライバシー 財布 クレジットカード 世界中 消費 インターナショナル ツール 個人情報 国際的 クレジット レジ 支払い カード払い カード決済 ローン 銀行 キャッシュ 暗証番号 キャッシュカード システム 電子 入金 借金 サイフ ゴールドカード ポイントカード オンライン 資産 ハイテク 景気 ネットショップ パスワード 会員 会計 資本 サイバー デジタルイメージ 物価 費用 投資 チャージ リボ払い 融資 取り引き 外資 インバウンド サイバー空間 外貨預金 精算 世界経済 資産運用 フィナンシャル 決済 CG 暗号化 先進性 オンライン決済 投資家 イノベーション 資産家 ワールドワイド バンク 先進的 ファイナンス 一括払い 電子マネー クレカ マイル 技術革新 未来的 EC 出金 バーチャル 金融機関 高機能 送金 支払い方法 リボ 入会 カード会員 デジタル空間 オンラインショッピング オンラインショップ 需要 優待 mokn23 消費者金融 金融資産 ビットコイン フィンテック fintech bitcoin バイヤー バーチャル空間 サイバーイメージ ペイ 決済手段 ecサイト 資本社会 海外資産 金融資本

Edy Viewerとは、冒頭でも触れたように楽天Edyのサービスをパソコンから行うことが出来るようになるサービスです。コンビニ等でチャージをするタイプの楽天EdyやおサイフケータイでのEdyと一体どういった点が違うのか、またEdy Viewerを使うとどんなことが出来るのかについてご紹介致します。

Edyを使うと何が出来るの?

Edy Viewerでは、楽天Edyのサービスをパソコンで利用することが出来るようになります。楽天Edyでは、「Edy-楽天ポイントカード」「Edy機能付き楽天カード」「おサイフケータイ」「iPhone」という4つの種類に対応しています。

Edy Viewerは、そこにさらにパソコン版のInternet Explorerを利用して従来の楽天Edyと同じように電子マネーの管理が出来るようになっています。

Edy Viewerで出来ること

Edy Viewerでは、以下のようなことが行えます。

  • クレジットカードのチャージ
  • Edy受け取り(Edyギフト)
  • 残高照会
  • ユーザー情報登録(サービス登録)
  • ネットショッピングの支払い

楽天Edyは電子マネーであるため、楽天Edyに対応している実店舗で利用するというケースが多かったです。ですがEdy Viewerを利用することで、楽天Edyに対応しているネットショップでも買い物をすることが可能となりました。

チャージはもちろん、残高照会もすぐ簡単に行えるため、今ご自分がどれだけの楽天Edyを所有していてどれだけ使うことが出来るのかがすぐに分かります。

Edy Viewerのインストールする前の準備

Edy Viewerを利用すると、パソコンからもチャージすることが出来るため、コンビニがご自宅の近くにない方や楽天Edyを利用したいと思った時に近くにチャージをする場所がない方でもご自宅で事前にチャージをしておくことが出来ます。

ですが、楽天Edyはおサイフケータイ機能を使ったりカードを利用したりするため、パソコンで利用するためにはそれ専用の機器やソフトウェアが必要となります。そこで、Edy Viewerをインストールする前に用意しておくアイテムや準備について見ていきましょう。

専用機器を用意しよう

Edy Viewerを利用するためには、「楽天Edyリーダー」もしくは「Felicaポート/パソリ」という装置が必要となります。「楽天Edyカードリーダー」はUSBメモリのような形状と大きさで、持ち運びも簡単です。

そのため、ノートパソコンを持ち歩いていれば出先でも作業を行えます。また、Felica機能を搭載していないパソコンの場合は「Felicaポート/パソリ」という装置が必要となります。

ソニーが開発した近距離無線装置であるFelicaは、ノートパソコンでは純正で搭載されていることが多いです。ですがデスクトップパソコンの場合は別途用意する必要があります。

そこまで大きくはないですが、少しだけ大きめなUSBハブを連想して頂くとそれに近い形状をしています。

次ページ:Internet Explorerを最新版にしよう

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Windowsタスクマネージャーの機能とは?起動方法と活用法

Windowsには非常に多くの …

Facebookでのご購読が便利です