Home / ネットワーク・IT / パソコン スマホ 周辺機器 / データを大量・安全に保存したい!DVDの種類と容量の違い

データを大量・安全に保存したい!DVDの種類と容量の違い

Pocket

3.DVD-RAM

DVD-RAMは容量片面4.7GB、両面で9.4GBで、約10万回繰り返しデータの書き込みが可能なディスクです。

著作権保護規格にも対応しており、書き換え・削除が何度もできるため短期間記録しておきたいデータの記録用に適しています。

DVD-RAMの書き込みや読み込みをするためには、専用のドライブが必要になってきます。ただし、一部のDVDプレーヤーやDVD-ROMドライブでは読み込みだけであれば可能です。

また、DVD-ROMになると書き込みはできず読み込みのみができるディスクとなるため、DVD-RAMとDVD-ROMに違いがあることは認識しておきましょう。

DVDディスクを選ぶときの注意点

DVDデイスクには、上記のように「-」や「+」、「R」や「R DL」、「RW」、「RAM」など、多数の種類が存在します。

ディスクの種類によって書き込み回数や対応しているプレーヤーが異なるため、事前に確認したうえで選ぶようにしましょう。

また、「録画用」と「データ用」の2種類があるため、テレビ番組などを録画したい場合は録画用、パソコンのデータなどを記録したい場合はデータ用を選ぶ必要があります。

録画用のディスクのパッケージには「録画時間●●分」、「録画用」など記載があり、データ用ディスクのパッケージには「データ用 ●●GB」など容量の記載があるため比較的簡単に選ぶことができます。

DVDの使用可能容量は実際は少ない?

DVDディスクの使用可能容量は、記載されている(4.7GBなど)容量よりも少なく表示される傾向があります。

たとえば、4.7GBのディスクをパソコンに挿入した場合、4.7GBではなく4.38GBとして認識されてしまいます。

なぜ、実際の使用可能容量は少なくなるのでしょうか?

ここではその理由をご紹介します。

DVD・パソコン上のデータ計算の違い

DVDディスクの使用可能容量が実際は少なくなる理由が、DVDとパソコンでデータ計算に違いがあるためです。

たとえば、パソコンでは1KB=1024Bですが、DVDの規格では1KB=1000Bです。1GBに関してもパソコンでは1024MBですが、DVD規格は1000MBになります。

そのため、DVD規格では4.7GBでもパソコンでは4.38GBと認識されるなど、違いが表れます。

これは、パソコンやDVDが故障していたり、DVDの表記(4.7GB)が嘘ではなく、それぞれで計算方法が異なるために違いが生じているだけです。

パソコンとDVD規格の場合の容量の違いは以下の通りです。

■パソコンの場合

  • 1KB=1024B
  • 1MB=1024KB
  • 1GB=1024MB

■DVD規格の場合

  • 1KB=1000B
  • 1MB=1000KB
  • 1GB=1000MB

DVDとパソコンでは計算上の違いから、認識・表示されるデータ容量に違いがあることを覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

DVDディスクにはいろいろな種類があり、それぞれで容量や書き換え回数などが異なります。これらの種類の違いを把握し、目的に合ったディスク選びができるようにしましょう。

より多くのデータを保存してい方は記録用としてDVDディスクを購入してみてはいかがでしょうか。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

初めてでも簡単!コンビニでFAXを送信・受信する方法

契約や手続きに必要な書類をFA …

Facebookでのご購読が便利です