Home / Microsoft / 使わない人には邪魔!Cortanaを無効化する2つの方法と注意点2つ

使わない人には邪魔!Cortanaを無効化する2つの方法と注意点2つ

Pocket

Microsoftの音声認識型パーソナルアシスタント機能「Cortana」を利用していますか?iPhoneの「Siri」やGoogleの「OK Google!」のように、話しかけたことに対して応えてくれる便利機能です。

しかし、Cortanaを使わない人からすれば、なくても困らないため無効化しておきたいもの。ただし、Cortanaを無効化するには、やや複雑な操作が必要になります。

そこで今回は、Cortanaでできることや無効化する方法、注意点などについて紹介しています。この記事をご覧いただくことで、スムーズに無効化できるようになりますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

Cortanaでできる9つのこと

Cortanaは、天気を聞いたり、カレンダーに予定を追加してもらえるなど、さまざまなことができる便利なパーソナルアシスタント機能です。ここでは、Cortanaでできる、9つのことについて見ていきましょう。

1.天気を教えてくれる

Cortanaに「明日の天気は?」「明後日の天気は?」「ニューヨークの天気は?」など話しかければ、すぐに天気を教えてくれます。わざわざ、スマホやパソコンで天気予報アプリを開いたり、検索する必要がありません。

2.翻訳してくれる

Cortanaは、翻訳もしてくれます。「◯◯を英語で教えて」「△△を日本語訳して」と話しかければ、すぐに翻訳してくれるため便利です。文章作成やサイトの閲覧時も、わざわざ、検索して意味を調べる必要がなくなります。

3.カレンダーに予定を追加してくれる

Cortanaを利用すれば、カレンダーへの予定入力もラクになります。Cortanaに「明日19時〜21時までレストランをカレンダーに追加して」「水曜日に歯医者の予約を入れて」など、話しかければ、すぐにカレンダーに予定を追加してくれます。

4.リマインダーを設定してくれる

Cortanaはリマインダーの設定もしてくれます。Cortanaに向かって「明日、ノートを買うとリマインド」「毎週水曜日にゴミ捨てとリマインドして」「スーパーでビールを買うとリマインドしといて」など、話しかけるだけでリマインダー機能に設定され、お知らせしてくれます。

5.計算してくれる

Cortanaは計算もしてくれるため、電卓を探す必要がなくなります。「27×4」「214+293+43」など、計算式を話しかければ、すぐに答えを教えてくれます。

6.株価を教えてくれる

「ソフトバンク 株価」「トヨタ 株価」などCortanaに話しかければ、すぐに希望銘柄の株価を教えてくれます。

7.ニュースを教えてくれる

Cortanaに「スポーツニュース」「今日のニュース」など話しかければ、「BingsNews」で配信されているニュースのトップ記事のタイトルを教えてくれます。

8.WEB検索をしてくれる

Cortanaに「パンケーキの作り方 検索」など話しかければ、すぐに希望のWEB検索をしてくれます。わざわざ、キーボードを打つ必要もありません。

9.おしゃべりしてくれる

Cortanaに「歌って」「何か話して」「じゃんけんして」など話しかければ、応えてくれます。いろいろ試して楽しめます。

Cortanaを無効にする方法

「Cortanaは使わないので無効化したい」という場合は、以下2つの方法で無効にすることができます。ここでは、Cortanaの無効方法について確認していきましょう。

1.レジストリの編集で無効化する方法

Cortanaをレジストリの編集で無効にする方法は以下のとおりです。

  1. Windowsマークで右クリックをして「ファイル名を指定して実行」を選択します
  2. 「名前」欄に「regedit」と入力して「OK」をクリックします
  3. 「HKEY_LOCAL_MACHINE」「SOFTWARE」「Policies」「Microsoft」「Windows」の順にファイルを展開し、レジストリキー「Windows Search」を開きます
  4. 「Windows」ファイルを右クリックして「新規」から「キー」を選択します
  5. 「新しいキー #1」という名のキーが作成されますので、名前を「Windows Search」へ変更します
  6. 作成したWindows Searchのレジストリキーを右クリックして、「新規」から「DWORD(32ビット)値(D)」を選択します
  7. 新しく作成された値が「新しい値 #1」という名前で表示されるため「AllowCortana」へ変更をします
  8. 新しく作成したAllowCortanaを右クリックして「修正」を選択します
  9. 値の編集画面が表示されるため、「値のデーター」が0であることを確認します(もし「0」でない場合は0に変更してください)
  10. これにより、レジストリの編集は完了ですので、Windowsを再起動すれば、Cortanaが完全無効化されます

2.グループポリシーエディタの使用で無効化する方法

レジストリの編集で無効化する方法だけでなく、グループポリシーエディタの使用で無効化する方法もあります。グループポリシーとは、特定のルールを設けて機能の利用を制限することです。グループポリシーエディタを使用してCortanaを無効にする方法は以下のとおりです。

  1. 検索ボックスを開き「gpedit.msc」と入力します
  2. 表示されるグループポリシーエディタの画面で「コンピュータの構成」を選択します
  3. 「管理用テンプレート」を選択して「Windowsコンポーネント」を選び「検索」に移動します
  4. 「Cortanaを許可する」をクリックします
  5. 「無効」を選択します

これにより、グループポリシーエディタの使用でCortanaの無効化が可能です。

次ページ:Cortanaを無効にする際の注意点

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Office for iPadで仕事効率UP!officeアプリの機能を解説

デスクワークの作業でパソコンを …

Facebookでのご購読が便利です