Home / Google / クッキーを削除する影響とは?ブラウザ別・クッキー削除方法

クッキーを削除する影響とは?ブラウザ別・クッキー削除方法

Pocket

パソコンやスマホをいじっていると見かけるのが、cookie(クッキー)の削除やキャッシュの削除といった言葉です。

本記事では、そもそもクッキーはどういった役割を担っているのか、クッキーやキャッシュは何をしたらたまっていくのか、実際に削除したらどのような部分に影響があるのか、といった点を解説いたします。

主要ブラウザごとに削除方法をご紹介しますのでお使いのブラウザに合った方法で削除してみてください。

スポンサーリンク

クッキーとは

クッキーとは各ブラウザごとに蓄積されており、基本的にクッキーは有効設定になっています。クッキーを有効にしていないと正常にページを表示してくれないこともありますが、クッキーを無効にすることも可能です。

ここでは、クッキーとはどのような役割を持つ機能なのかについてご説明いたします。

クッキーとは

クッキーとはウェブサイトを訪れた際にサイト側が作成しているファイルのことを言い、ユーザー情報や閲覧した情報を保存しておいてくれるという機能を持ちます。

二度目以降にそのページをアクセスした際に、前回保存した情報をもとに「前回の続き」から表示をしてくれるのクッキーの機能のおかげといえます。

例えば、一度通販サイトなどにログインすると、「このサイトにパスワードを保存しますか?」というポップアップが表示されることがあります。これに対して保存する、を選択すると次回からIDやパスワードが入力された状態で「ログイン」ボタンを押すだけで済むようになります。

通販サイトの「買い物かご」に入れた商品が次回も保存されているのもクッキーの機能で、ユーザーのウェブサイト利用の便利性を向上してくれています。

また、トラッキングクッキーというクッキーも存在します。たとえば、通販サイトで「ノートパソコン」を検索したら、ウェブサイトの広告欄にノートパソコン関連の広告がたくさん表示されるようになった、という経験はありませんか。

これは、トラッキングクッキーの機能のためです。この機能もオフにすることができますが、モノによってはオフにしても無効にならないこともあります。

キャッシュとの違い

よく混同されるものにキャッシュというものがあります。クッキーとキャッシュの違いは保存している内容の違いにあります。キャッシュとはブラウザが一度訪れたウェブサイトのページの情報を保存しておいてくれる機能のことを言います。

特に画像がたくさん貼られているページでは、初回アクセスの際に時間がかかってしまいます。しかし、二回目以降のアクセス時には初回アクセス時に比べて読み込みが早くなっています。

これはキャッシュが初回アクセス時にそのページの画像をはじめとした情報を保存しておいてくれるため、一から情報を読み込まなくていいため、前回よりもページ読み込みが早くなっているのです。

しかし、キャッシュは溜まりに溜まってしまうと、溜まったキャッシュの中から現在アクセス中のページを探さなければならなくなり、一からページを読み込むよりも読み込み時間が長くなってしまうこともあります。その場合にはキャッシュを削除すると、読み込みが早くなります。

クッキーを削除する影響

上述の通り、クッキーはユーザーの前回までの行動を保存しておいてくれる機能のことを指します。そのため、クッキーを削除すると保存されていたユーザー情報やお買いもの情報などが削除されることになります。

そのため、IDやパスワードを別途保存されていない場合はログインできなくなってしまいますので、注意が必要です。

どんな時にクッキーを削除するのか

クッキーはユーザー情報を保存していますので、情報漏洩を防ぎたい場合などに有効です。

例えば、不特定多数の人が利用するネットカフェや空港のラウンジに設置されているパソコンなどで通販サイトなどにアクセスした場合にクッキーを削除する必要があるでしょう。

これをしなければ、見知らぬ人にアカウントを操作されてしまう可能性がありますので注意しましょう。

次ページ:クッキーを削除するメリットとデメリット

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

GAFAがもたらす大きな影響に迫る!GAFAの詳細を徹底追及

「GAFA」と聞いて何を思い浮 …

Facebookでのご購読が便利です