Home / 地デジ / すごく便利!地デジブースターの効果や選び方とおすすめ商品8つ

すごく便利!地デジブースターの効果や選び方とおすすめ商品8つ

Pocket

受信電波が強すぎる場合は、逆に視聴できなくなることも

微弱な放送電波を増幅して、視聴できるレベルにまで上げてくれる便利なブースターですが、電波状況が改善されたなどの場合には、逆に電波が強くなりすぎて受信不可能になるケースもあります。

最近のタイプでは、電波の状況に合わせて自動調整してくれるタイプのものもあるようです。

電波の弱いエリアでブースターを直列で繋ぐダブルブースターを試みようとする人もいるかもしれませんが、これは却って逆効果になるので、一つのブースターで収められるように、適正な製品を選ぶようにしましょう。

屋内用と屋外用の2種類がある

ブースターには屋内用と屋外用とがあり、電波の受信状態によって使い分けができます。

しかし、ブースターとしての効果は屋外用の方が圧倒的に高いので、受信レベルが著しく低い場合は屋外用を選択しましょう。

もう少し補強したいといった状況においては、工事費用の掛からない屋内用で済ませることも可能です。

家庭内に複数のテレビを設置するときには、受信した電波を分配器で分けますが、この時に電波が弱まってしまう場合があります。このような状態の時には室内用の卓上型のブースターを分配器の手前(アンテナ側)に装着して利用しても良いでしょう。

ブースターの購入前に確認すること

ブースターを購入する前に、アンテナとテレビの接続状況を確認しておきましょう。もし全く映らないという状況であれば、アンテナの調整や接続機器の具合をまず確認する必要があります。

場合によってはアンテナやケーブルの交換で済む場合もあるので、余計な工事をしてしまう前にチェックをしておくのがよいでしょう。

ブースター選びのポイント

ブースターを選ぶ上では、いくつかのポイントがあります。

・雑音指数(NFと呼ばれているもの)の少ないものを選ぶ。

・利得(Gain:信号を大きくする能力)の多きものを選ぶ。

・定格出力の大きいものを選ぶ

・BS/CSも対応しているか

といったことが挙げられます。

いくつかの製品を比較して選ぶことが大切

ブースター選びにおいては、いくつかの製品との比較検討が欠かせません。事前にリサーチしておいて、選ぶためのポイントの基準値を把握しておき、高いレベルで満足する製品を選んでいきましょう。

また、店頭で購入する場合とインターネットで購入する場合とで価格差がある場合も少なくありません。お得に購入できるように、事前のリサーチを怠らないようにしましょう。

テレビブースターおすすめ8選

多くのテレビブースターが販売されており、それぞれでサイズや価格、性能が異なります。

ここでは、数あるテレビブースターの中から、おすすめの8つの製品について紹介しています。特に初めてテレビブースターを購入する方は、一つひとつ参考に見ていきましょう。

日本アンテナ 屋内用卓上型ブースター 地デジ/BS/110°CS対応

日本アンテナ 屋内用卓上型ブースター 地デジ/BS/110°CS対応は、21.4×8.8×4.8cmで重量は約340gとコンパクトボディの卓上ブースターです。

小さいため目立ちにくく、地デジのUHF帯で最大22dB、CS/BSで最大16dBで十分な機能を備えています。価格もリーズナブルでコスパの高いブースターです。

次ページ:「DXアンテナ 卓上用 CS/BS-IF・UHFブースターTCU15L1B」

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

テレビ初購入者必見!一人暮らしにおすすめのテレビ6選

どんなテレビを購入するかもう決 …

Facebookでのご購読が便利です