地デジ用室内アンテナでテレビを観る方法

LINEで送る
Pocket

地デジを見る際には、アンテナを介して観ることも多いです。しかしアパートやマンションなどでアンテナを設置しづらい状況にあるなど、何らかの理由で大掛かりなアンテナが設置できないこともあります。そんな時に活躍するのが室内用アンテナで、初心者でも簡単に設置することができる上に、工事も必要ないのが魅力です。ただし、室内用なので電波は屋外用よりは弱くなってしまいます。ここでは、室内用アンテナで地デジを見る方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

室内用アンテナで地デジを視聴する

地デジはUHFと呼ばれる電波で送信されており、これを受信するためにはUHFアンテナを設置することが必要になります。特に都会の場合はほとんどが屋外用のUHFアンテナが設置された状態となっており、屋内配線(壁面のテレビ端子)への接続等の設定をすれば地デジ放送を視聴することができます。

しかし、場合によっては地デジの視聴環境が整っていない物件があり、自分で全てを用意しなくてはならない場合もあります。この場合、屋外にアンテナを工事して取り付けてもらう方法か、もしくは室内アンテナを設置する方法がありますが、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

室内アンテナで地デジを見るメリット

屋外の地デジアンテナではなく室内アンテナで地デジを視聴するメリットは「コスト」です。室内アンテナは、屋外に地デジアンテナを設置するよりも、次の3点において優れています。

1.商品価格
室内アンテナの価格は3000円から1万円ほどで、商品価格自体がお手頃で入手しやすい傾向にあります。もちろんスペックによって価格差はありますが、まずはこの点でコストの削減ができます。

2.工事費不要
室内アンテナの場合は、屋内もしくはベランダ等に置くだけなので、屋外のアンテナと違い工事費を支払う必要がありません。これだけでも大きな料金の差が出ます。もちろん室内に置く場合は設置スペースなどを考慮する必要がありますが、工事費がなくなるのは大きいでしょう。

3.管理会社等との交渉不要
屋外に室内アンテナを設置する場合は、場合によっては不動産管理会社や大家さんとの交渉が必要となる時があります。これらも忙しい日常の中で対応するには相応のコストであり、特に工事の必要のない室内アンテナの場合は省くことのできる時間であると考えられます。

このように室内アンテナの場合は、多くの点においてメリットがあります。しかし、室内アンテナにも弱点があり、それが普及していない原因になります。

室内アンテナは電波の受信が難しい

屋外のアンテナと比較して、室内アンテナは電波をしっかりと受信することが難しい傾向にあります。そのため、室内アンテナを設置しても実際に正常に地デジ放送を受信し、視聴できるかどうかはわからない場合がほとんどです。

屋内で使用する室内アンテナで正常に地デジ放送を視聴するために、室内アンテナを選ぶ際には特に下記の点を頭に入れておきましょう。

1.指向性と非指向性
室内アンテナには指向性と非指向性というものがあります。指向性の強い製品とは、特定の方向の電波だけを強く受信する製品のことです。反対に、非指向性の製品は広い方角で電波を受信することができるものの、強い電波でないと正常に受信できないという傾向があります。

電波塔の方向が分かっている場合には、指向性の強い製品を電波塔の方向に向けて使用することで、正常に受信できる可能性が高くなるでしょう。また、メーカーによってはブースターを用意している場合もあるので、電波の受信レベルが心配な場合には合わせてブースターを設置して、受信している電波を増幅させましょう。

指向性の強い製品を使用する場合には、方向調整が特に大切です。電波塔の位置を確認し、微調整を繰り返しながら一番強く電波を受信できる方向に合わせましょう。

2.コンクリートか木造家屋か
地デジ電波などの電波は、鉄筋コンクリートよりも木造家屋の方が通りやすい傾向にあります。そのため、住宅が木造である場合の方が室内アンテナで十分に視聴できる可能性が高くなります。また、窓ガラスに鉄線などが入っている場合は、これも電波を遮断してしまう原因になりますので注意が必要です。

3.大きさとデザイン
また、正常に電波を受信できるかだけでなく、継続して長く利用するためには部屋に合った大きさとデザインの製品を選ぶことが大切です。部屋に合っておらず、違和感を覚え、結局屋外アンテナを設置することになった場合などは二重でコストがかかってしまいます。室内にあっても違和感のない製品がなければ、初めから屋外アンテナの方向で動いた方が良いでしょう。

室内用アンテナが機能するかは一種の賭け

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出典:1byoneの卓上型、室内地デジアンテナを設置してみる

室内用のアンテナを設置するにあたって、一つ注意したいことは、設置したからと言って必ずしも映るとは限らないということです。購入して映らなかったからといって、返品するということはできないので、一種の賭けに近い状況になります。室内は、電波を受信する環境としては当然感度が下がるので、その辺を考慮しておく必要があるでしょう。

ある程度は可能性をチェックできる

まずは、ワンセグテレビが映るかどうかをチェックしましょう。ワンセグすら映らない状況であれば、室内アンテナを設置しても映りません。携帯やポータブルテレビ、またはカーナビなどを用いて試すとよいでしょう。ただし、ワンセグが映ったからと言って、地デジが映るとは限りません。カーナビならば、フルセグ対応のものが多いので、フルセグ受信ができれば映る可能性が大きいでしょう。

物件に入居する前に確認をしよう

基本的には屋外アンテナで地デジを受信できることが一番です。そのため、物件に入居する前にまずは屋外アンテナがあるのか、ない場合は設置することに問題がないかを確認すると良いでしょう。室内アンテナでの地デジ放送の視聴には様々な壁があるので、まずは正攻法で対応できるように動いてみるのが良いでしょう。

色々試して受信できる場所を探してみる

購入したけれど、結局映らなかったという状況になってしまっても、返品することはできないので、何とかして受信しやすい場所を探してみましょう。窓際付近は外からの電波が届く可能性があるので、一番最初に試してみたいところです。購入前に電波の発信所の位置も確認しておけば、指向性・無指向性のどちらを購入するかの選択もしやすいでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です