Home / 地デジ / 地デジ用室内アンテナでテレビを観る方法

地デジ用室内アンテナでテレビを観る方法

Pocket

地デジを見る際には、アンテナを介して観ることも多いです。しかしアパートやマンションなどでアンテナを設置しづらい状況にあるなど、何らかの理由で大掛かりなアンテナが設置できないこともあります。そんな時に活躍するのが室内用アンテナで、初心者でも簡単に設置することができる上に、工事も必要ないのが魅力です。ただし、室内用なので電波は屋外用よりは弱くなってしまいます。ここでは、室内用アンテナで地デジを見る方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

室内用アンテナで地デジを視聴する

地デジはUHFと呼ばれる電波で送信されており、これを受信するためにはUHFアンテナを設置することが必要になります。特に都会の場合はほとんどが屋外用のUHFアンテナが設置された状態となっており、屋内配線(壁面のテレビ端子)への接続等の設定をすれば地デジ放送を視聴することができます。

しかし、場合によっては地デジの視聴環境が整っていない物件があり、自分で全てを用意しなくてはならない場合もあります。この場合、屋外にアンテナを工事して取り付けてもらう方法か、もしくは室内アンテナを設置する方法がありますが、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

室内アンテナで地デジを見るメリット

屋外の地デジアンテナではなく室内アンテナで地デジを視聴するメリットは「コスト」です。室内アンテナは、屋外に地デジアンテナを設置するよりも、次の3点において優れています。

1.商品価格
室内アンテナの価格は3000円から1万円ほどで、商品価格自体がお手頃で入手しやすい傾向にあります。もちろんスペックによって価格差はありますが、まずはこの点でコストの削減ができます。

2.工事費不要
室内アンテナの場合は、屋内もしくはベランダ等に置くだけなので、屋外のアンテナと違い工事費を支払う必要がありません。これだけでも大きな料金の差が出ます。もちろん室内に置く場合は設置スペースなどを考慮する必要がありますが、工事費がなくなるのは大きいでしょう。

3.管理会社等との交渉不要
屋外に室内アンテナを設置する場合は、場合によっては不動産管理会社や大家さんとの交渉が必要となる時があります。これらも忙しい日常の中で対応するには相応のコストであり、特に工事の必要のない室内アンテナの場合は省くことのできる時間であると考えられます。

このように室内アンテナの場合は、多くの点においてメリットがあります。しかし、室内アンテナにも弱点があり、それが普及していない原因になります。

室内アンテナは電波の受信が難しい

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

サザエさんの視聴率はなぜ低迷したの?テレビ離れとサザエさんの視聴率の関係

1970年代からお茶の間のテレ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です