Home / 地デジ / 地デジのアンテナレベルを確認する方法

地デジのアンテナレベルを確認する方法

Pocket

テレビで地デジの番組を視聴している時に、うまく映らなかったり、画面に四角い箱のようなものがたくさん表示されたりすることがあります。 これは、たいていの場合には、アンテナレベルと呼ばれる、地デジアンテナの受信電波の強さが弱すぎたり、電波の受信環境が悪いために電波にノイズ(雑音)が混ざっているために起こります。電波の受信状況は、雨や雪などによっても悪化するので、天候が良くなると電波状態が改善されることもあるようです。

天候が悪いために受信状態が悪い時には、降雨対応放送に切り替わることもあり、それも受信できなくなると映らなくなってしまいます。ここでは、受信状態が悪いと感じたときに、アンテナレベルの状況を確認する方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

アンテナレベルとは?

アンテナレベルは、地上デジタル放送および、BSやCSなどの放送電波を受信する電波の強度をあらわしたもので、一定レベル以上の電波が受信できれば視聴が可能になっています。最大レベルは72となっていますが、50以上のレベルであれば特に問題なく視聴できるでしょう。

リモコンのホームボタンを押すと、「設定」の項目があるので、その中の「受信設定」などの項目の中に、受信レベル確認をする項目があります。

問題ないかどうかは、レベルの下の色で判断

受信レベルの下に表示されている赤・黄・緑のバーがありますが、これが受信状況を表示しています。

・緑のライン
快適な電波状況で、問題なく視聴できます。

・黄色のライン
やや電波状況が悪いようですが、視聴はできるレベルです。

・赤のライン
E201やE202といったエラーが出ます。何らかの形で電波の受信状況が悪くなっていると考えられます。

E201、E202が表示される意味

E201、E202などのエラーがディスプレイに表示される場合は、放送を受信できるアンテナレベルより電波の値が低いということを意味しています。

アンテナレベルが0なのであれば、そもそもの接続に何かしらの不良があると考えられ、またアンテナレベルが基準値に満たない場合は、アンテナの向きや周辺の住環境に問題があると考えられます。エラーの意味を理解して原因をすぐに見極められるようにしましょう。

アンテナレベルが低くなってしまう原因

アンテナレベルが低くなってしまっている原因には様々なものがありますが、主に「接続不良」、「周辺の住宅環境の変化」、「設定方法の誤り」に分けられます。それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

接続不良によるアンテナレベルの低下

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

テレビの視聴率ってどういう意味?視聴率の意味とテレビの視聴率を調べる方法

テレビ番組では、主に数字が取れ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です