Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / webサービス / わかりやすく解説!Webサービス、アプリを開発・ASP.NET入門

わかりやすく解説!Webサービス、アプリを開発・ASP.NET入門

Pocket

44f9368ec6574d9b6415f39ca1c01ad0_s

「ASP.NET」をご存知ですか。マイクロソフト社が提供しているフレームワークのことであり、ASP.NET Web FormsやMVC、Web API、Coreなど、いくつかの種類が存在します。

ASP.NETを使用することで、簡単にWebアプリケーションやWebサービスが開発できるようになります。

ここでは、ASP.NETの内容や特徴、Web FormsやMVCなどの種類について紹介しています。ASP.NETの基本的内容について知りたい方や、Webアプリケーション・Webサービス開発に関心を持ち始めた方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.ASP.NETとは

5ddcc5515a0923f56c3109d8e72daf5d_s

ASP.NETとは、どのような内容・仕組みなのでしょうか。ここでは、ASP.NETの内容や特徴などについて見ていきましょう。

ASP.NETって?

ASP.NETとはマイクロソフト社が提供している、.NET Framework上のWebアプリケーション開発のフレームワークのことです。

マイクロソフト社が提供するVisualStudioと組み合わせることで、HTMLやHTTPなどのテクノロジーに精通していなくても簡単にWebアプリケーションの開発・運用などを行えます。

ASP.NETの特徴

ASP.NETの特徴は、HTMLやHTTPなどの基本的なWebテクノロジーの知識や仕組みに精通していなくても、GUIモデルでアプリケーション開発ができるようになっていることです。

HTTP POSTの仕組みを使い、PostBackができイベント駆動型プログラミングも可能です。ブラウザとサーバ間のやり取りなども抽象化されますが、HTML、HTTP、JavaScriptなどを実際には使用しているため、Webブラウザで表示もできます。

また、ブラウザを認識するため最適なHTMLを作り出し、ASPと比べて処理速度も上がっています。

動作や言語

ASP.NETの多くの動作設定は.configファイルが利用されており、言語についてはVisual BasicやC#、C++/CLI、JScript.NETなど、さまざまな言語の使用ができます。

3種のASP.NETをおさらい

ここでは、ASP.NETのWeb Forms、MVC、Web API、Coreについて見ていきましょう。

Web Forms

Web FormsはASP.NETの中で最も古く、以前はASP.NET=Web Formsのことを指していました。Web Formsを使えば、Visual Studioのフォームデザイナーからドラッグ&ドロップで簡単にWebアプリケーションを作ることができ、登場当時は多くの注目を集めました。

サーバーコントロールも非常に豊富でイベントドリブンモデルも採用しているため、Windowsアプリ開発のノウハウをASP.NETアプリ開発にそのまま活かせるというめ流動性もありました。

しかし、イベントドリブンモデルやPostBackなどの特徴があだとなってしまい、トレンドに取り残され、積極的に採用されるフレームワークではなくなってしまいました。

MVC/Web API

Web Formsがトレンドに取り残されてしまったときにMVCが登場、そして、モバイルアプリやSPAなどが普及することでWeb APIなども登場します。

ASP.NET MVCは、Visual Studio2010で標準で搭載されるサブフレームワークであり、トレンドを取り入れながらバージョンアップも重ね、ASP.NETの主流ともなっています。

ASP.NET MVCは、ASP.NETの独自機能をなくし、MVCパターンをベースとして開発されたWebアプリケーションフレームワークであり、アーキテクチャパターンはモデル、ビュー、コントローラの3つに分けられます。

ASP.NET Web APIは2012年に登場したHTTPサーバーを構築できるフレームワークで、SignalRと提供されています。

.NET Framework上でWeb APIのソフトウェアアーキテクチャのスタイルの1つであるRESTfulなアプリケーションを構築できます。このように、Web Forms後にMVCやWeb APIが登場してよりトレンドに合ったアプリケーション開発等が行えるようになりました。

Core

ASP.NET Coreは、クラウドベースアプリケーションを構築するためのオープンソースフレームワークです。

ASP.NET Coreは、これまでのようにWindowsだけでなく、MacOSやLinuxでも対応し、開発ツールを使用したり、WebアプリケーションやIoTアプリケーション、Webサービス、モバイルバックエンドの構築をしたり、.NET Framework上で実行するなどができます。

ASP.NET CoreはASP.NETを設計し直して開発されたものであり、アーキテクチャも変更されています。しかし、2017年6月にASP.NET Coreは.NET Frameworkのサポート終了をするなどしています。

2.ASP.NET入門編

0f71ba28509b81ba05c2dc6a54eb60d9_s

ここでは、ASP.NETのおすすめ言語や使用例、開発環境、プロジェクトの立ち上げ方法など、基本的内容について見ていきましょう。

入門者にオススメの言語

ASP.NETはいろいろなサポートがあるため、最初にどこから手をつけて良いのか迷ってしまうものです。いくつかの候補は考えられますが、C#がおすすめです。

これは、マイクロソフトの.NETがC#だからです。開発言語に迷った場合はC#を選べば無難と言えるでしょう。

ASP.NETは何に使うのか

ASP.NETは、WebアプリケーションやWebサービスの開発や運用等ができます。実際にマイクロソフトのホームページでも使用されています。

開発環境

ASP.NETは、基本的にはWindowsパソコンにVisual Studio Communityをインストールすれば開発環境が整います。MacOSの場合はVisual Studio for Mac、Linuxの場合はMonoDevelopが推奨されています。

プロジェクトの立ち上げ方法

開発環境が整ったあとは、ASP.NETのプロジェクト作成へと移ります。まずはVisual Studioを立ち上げ、以下の手順でプロジェクト作成をしていきます。

  1. メニューから「ファイル」を選択し「新規作成」から「プロジェクト」を選択します
  2. 「ASP.NET Webアプリケーション」を選択して「OK」ボタンをクリックします
  3. 「MVC」などテンプレートを選択します。MVC以外にもWeb APIやWeb Formsなどが選べます
  4. 実行ボタンを押し、Webアプリケーションが立ち上がるか確認をし、問題なければプロジェクト立ち上げの完了です

まとめ

マイクロソフトが提供するフレームワークASP.NETを使用することで、WebアプリケーションやWebサービスが簡単に開発・運用ができるようになります。開発元のWindowsだけでなくMacOSやLinuxでも利用ができるためパソコンを選びません。

ASP.NETはWeb FormsやMVC、Web API、Coreなどがあり、それぞれ特徴が異なりますが、興味がある方は、すぐに利用ができますので、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

スパムメールにご用心!受け取らないための拒否設定と対策法2つ

大量に広告メールやアダルト系メ …

Facebookでのご購読が便利です