Home / Apple / ApplePayでauWalletがおすすめな理由と設定方法

ApplePayでauWalletがおすすめな理由と設定方法

Pocket

インターネットの発達により、電子決済を使う機会が増えてきた日本。スマホさえあれば現金を持たなくても支払いを済ませられるため、対応する場所が増えています。

また、それに伴い増えているのがPayサービス

2018年12月にはPaypayと呼ばれる電子決済が”20%還元”と、”当たれば無料キャンペーン”を行ったことで話題になったほか、参戦する企業も増えていて把握しきれなくなってきました。

その中でもとりわけおすすめのサービスが、今回紹介する「Apple Pay」。iPhoneユーザーには便利で、特に「auWallet」との組み合わせがかなりお得です。

そこで今回は 「Apple Pay」「auWallet」の基本情報と組み合わせがおすすめできる理由 をご紹介します。

スポンサーリンク

ApplePayの基本情報


最近のiPhoneユーザーなら誰でも使えるのがApplePay。そのメリットや対応しているもの、利用時の注意点について紹介します。

「ApplePay」を使うメリット

ApplePayを利用する最大のメリットは、電子マネーやクレジットカードの情報を登録することで、iPhoneだけで支払いのほとんどを済ませられることにあります。

クレジットカードは所持数が多いとお財布を圧迫しますが、ApplePayに登録しておけばiPhoneを持ち歩くだけで使えます。

また、電子マネーもいちいち開くのが面倒ですが、ApplePayに情報があればすぐに利用可能。

簡単に言えば、ApplePayさえあればクレジットカードや電子マネーを持ち歩く機会が減るほか、お財布すらなくても買い物が可能、普段の外出時の携行アイテムが減少します。

その他、Suicaのチャージやアプリの決済、ネット上の買い物まで済ませられるのが魅力です。

「ApplePay」が対応している電子マネー・カード

対応電子マネー

ApplePayは電車代の支払いに使えるSuicaをはじめとして、QUICPayやiDに対応しています。これらは対応しているお店も多いので、コンビニからショッピングモールまで、幅広い場所の決済に便利です。

一方、nanacoや楽天Edy、WAONには対応していないことは覚えておいてください。

対応カード

ApplePayに対応するカードは数多く存在します。有名どころは、以下の会社です。

トピックタイトル

  • オリコ
  • 楽天
  • エポス
  • レックス
  • 三井住友
  • d
  • イオン
  • セゾン

また、それぞれのカードも種類が分けられるため、すべて合わせると100を超えるのが現状です。

基本的に対応状況は幅広いので、お使いのカードも使える可能性が高いと思われます。

「ApplePay」を利用する際の注意点

非対応の可能性あり

利用したお店が支払いに対応していない場合は、その他の方法が必要になります。

このときお財布があればいいですが、所持していないと完全に詰む可能性があるので注意してください。

お財布を持ち歩くまたは飲食店の場合は事前に使えるか聞くことを推奨します。

クレジットカード特典が貰えない可能性

クレジットカードは、各社ごとに利用した分だけポイントが貰えたり、なんらかのマイルが受け取るのが普通です。

これらの特典は通常の利用なら受けられるものの、ApplePayを経由した場合は適応されない可能性もあります。

後述する「au Wallet」は対応しているのですが、特典をフルに活用したい場合は注意が必要です。

次ページ:au Walletクレジットカードの基本情報

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

App Storeでもアプリをアップデートできない原因と対処方法

iPhoneを使っていると、イ …

Facebookでのご購読が便利です