Androidを急速充電する充電器の使い方

LINEで送る
Pocket

スマートフォンは、「電池の持ちが悪い」とよく言われています。間違った使い方を続けてしまうと、電池の減りが早くなってしまうこともありますが、それでも電池は減ってしまうもの。いざというときに困らないよう、今回は、「Androidを急速充電する充電器の使い方」についてご紹介します。

スポンサーリンク

電源を切る

通常の充電は、アダプタにつないだUSBコードを充電器につないで、もしくは直接Android端末に差し込んで充電を行います。その際のポイントとして、「端末の電源を落として充電」することをおすすめします。常駐アプリも通信も行われない環境での充電は急速に行われるため、一番の急速充電の方法と言えます。

仕事中や移動中で電源を落とせない場合、使わないアプリを終了させ、できれば通信や液晶もOFFにしておきます。いったん端末の電源を落として再起動させましょう。余計なアプリが立ちあがっていないので、他のアプリに電池を消耗させることなく充電することができます。

さらに、「設定」→「その他の設定」→「機内モード」(ホーム画面の通知領域を下にスワイプして表示される「クイック設定」から「機内モード」)をオンにすれば、通信機能が完全にオフに設定されるので、充電速度も速まります。

10-1

電源アダプタを使う

仕事中にUSBケーブルを使って充電している方も多いのではないでしょうか。Androidを急速充電する場合は、ぜったいに電源アダプタを利用してください。USBからの電力供給量はかなり低いため、なかなか充電もたまりません。

また、使用する電源アダプタは、しっかりしたものを利用することをおすすめします。Android端末には、現在どのように電力が供給されているのかを確認する場所があります。「設定」→「電源管理」→「電池使用量」の上部分に表示されている部分には、「充電中(USB)」となっています。アダプタを利用した場合は「充電中(AC)」と表示されます。

100円均一などで売られている安い充電アダプタは、「USB」と認識されてしまうことがあり、やはり電力供給量が少ないため、急速充電を妨げる要因になるのです。アダプタ・ケーブルは純正のもの、もしくは市販の急速充電器を利用してみましょう。優れものの急速充電器はおよそ30分ほど時間を短縮して充電することが可能です。アダプタは、出力量の多い充電器を選ぶことも大切。Androidは最大1A(1000mA)で充電することができるので、それ以上の出力数値を持った充電器を選ぶようにしましょう(1000mA〜1800mAがおすすめです)。

10-2

ケーブルも急速充電するためには、高品質なものを選ぶようにしましょう。使用する製品の質によって、充電時間が大きく異なります。急速充電対応の信頼できるメーカーのものを利用するのが一番安心です。

10-3

新しい充電器を購入することで、金銭的な負担は大きくなりますが、頻繁に利用して充電に困っている人にはぜひおすすめです。

冷やして充電

Androidは熱に弱いため、端末自身の温度が上がると充電速度も遅くなります。急速充電をするためには、ケースを外して涼しい場所で。さらに保冷材などを使って冷やしながら充電することにより、急速充電が可能になります。

ノートパソコン用などの冷却パッドが市販されていますので、効果的な商品を利用するのも手ですね。ちなみに、Andorid端末を使用しながらの充電はバッテリー劣化の一番の原因なのは、みなさんご存知の通りでしょう。それでもどうしても充電しながら使わなくてはいけない場合など、この冷やしながらの充電を行うと、バッテリーが熱を持つことなく利用できるため、加熱制御が行われずバッテリー消費を最低限にしたまま利用することができます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です