Home / Google / Android / androidのバージョンによる違いやバージョンアップの注意点

androidのバージョンによる違いやバージョンアップの注意点

Pocket

OSのバージョンが更新されることがまれにありますが、それによる違いや、更新することの効果って何なのでしょうか?

スポンサーリンク

androidのバージョンが違う場合の動作

スマートフォンに使われているandroidというOSは、パソコンのOSと同様に少しずつバージョンアップしています。

インターネットオークションなどで入手できる古くて安い中古端末の場合、インストールされているandroidのバージョンは2.2、2.3あるいは4.4、5.1などが多く、最新機種の場合は7が多いです。では、バージョンが違うとどういったことが変わってくるのでしょうか。

インストールできるアプリが異なる

まず、利用者がもっとも注意しなければならないのは、インストールできるアプリが変わってくるという点です。

基本的に新しく出されたアプリは、古いandroidにインストールできないことが多いです。なので、現在、公式マーケットからダウンロードできるアプリをなんどもインストールできるようにしたいというのであれば、できるだけ新しい機種、そして新しいAndroidがインストールされている端末を購入しましょう。

ネットやリサイクルショップで買った中古端末だと使いたいアプリがインストールできず、結局、無駄な買い物になるケースがあるからです。

古いパソコンなら最新OSインストールが可能

では、古い端末であっても最新のandroidをインストールすることはできないのでしょうか。

たとえばパソコンの場合、かなり古い機種であっても最新のOSをインストールすることは不可能ではありません。androidは基本的にフリーで利用できるOSなので、ユーザーが最新バージョンをダウンロードすることは可能です。

ただ、それを古い端末にインストールしても動かないことがほとんどなのです。

端末に合わない

なぜかというと、スマートフォンにインストールされているandroidはメーカーによって端末に合わせたカスタマイズをされていることがほとんどで、ネットからダウンロードできるものはそのカスタマイズがされていないため、正常に動作しないことが多いのです。

なので、メーカーが公式に配布しているOSでない限り、動かすことはできないと考えておいたほうが無難です。

スペックの差がある

また、スマートフォンはパソコンと違い、まだ世に出てからそれほど時間が経っていないため、ハードウェアの進化スピードが早く、古い端末と新しい端末のスペック差がかなりあります。新しいOSほど高性能なスペックの端末で動かすことを前提に作られているので、古い端末に新しいOSをインストールしても、動作速度が遅すぎて実用に耐えられないことがほとんどです。

最新OSであることが最低条件

それでは、古いOSがインストールされている端末で、そのOSよりも新しいバージョンでしか動かないアプリをインストールすることはできないのでしょうか。これは基本的には不可能です。

というのは、インストール時にチェックが行われ、対応している以外のOSの場合、そこでインストールが中止になるからです。

古いOSなら古いバージョンを

ですが、そのアプリの古いバージョンは古いOSで動作している端末にインストールできる可能性があります。なので、それを入手すれば利用できるかもしれません。

ただ、古いアプリは公式マーケットでは配布されていないので、非公式のマーケットかあるいはアプリを制作した個人、あるいは会社のサイトなどから入手する必要があります。このうち、非公式マーケットからの入手はリスクがあります。

というのは、そのマーケットの運営者が勝手にアプリを改造している可能性がゼロではなく、不必要な権限がつけられて、スマートフォンの情報が勝手に送信されるといったことがあり得るからです。

なので、どうしても古いアプリを入手したい場合、できる限り、作者のサイトからダウンロードするようにしましょう。とはいえ、作者がやはり不要な権限をつけて配布する可能性もあるので、注意しなければならないことには変わりありません。

androidのバージョンアップ方法と注意点

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

どこでも出力可能!スマホの写真をコンビニで印刷する方法

スマホの写真をコンビニで印刷で …

Facebookでのご購読が便利です