下取り前にAndroidを完全に初期化する方法

LINEで送る
Pocket

Android端末を買い換えたときなど、これまで使っていたAndroidを処分したり、下取ってもらいたいとき、ありますよね。これまで使い続けてきた端末には、メールや写真・動画、アドレス帳などの個人情報や人には見られたくないデータもたくさんありますよね。

保存していたデータは全部消したから大丈夫。と安心するのは禁物です。いくらデータを削除したからといえ、完全に削除されていないことも。削除されたかのように見えるデータや情報は、完全削除されたわけではなく、パソコンに接続することで、削除したはずのデータや情報をかんたんによみとれてしまうこともあるのです。Android本体(ストレージ内)のデータは、AndroidOSから見られない状態にしているだけなので、端末での操作だけでは完全に削除することができないのです。

これでは、自分の個人情報が漏洩してしまうことになるため、悪意を持ったユーザーなどに悪用されてしまう・・なんていうことも考えられるのです。そこで今回は、Androidを完全に初期化する方法について、ご紹介します。メールや写真、動画、音楽、アドレス帳などの大切なデータは、暗号化や初期化を行う前にしっかりとバックアップすることも忘れずに。SDカードやパソコンに移行した後、操作に取り掛かってくださいね。

スポンサーリンク

暗号化する

2

初期化をする前にまずやっておきたいのは、「データの暗号化」です。これは、端末内の暗号化することで、パソコンなどの外部機器と接続してデータを読み取れなくすることができます。初期化したあとは、暗号化に必要な復元情報は消えてしまうので、残ったデータも復元することができないという点からも、初期化の前の暗号化は必須となるのですね。

<手順>
1.「ホーム画面」→「設定」→「セキュリティ」
2.「端末の暗号化」をタッチ
暗号化の処理が始まります。この処理には、30分〜1時間程度の時間がかかるので、端末の充電残量に注意が必要です。ACアダプタを接続して行うと安心ですね。

3.端末の暗号化についての画面が表示されたら「携帯端末を暗号化」をタッチします。
4.さらに確認画面「暗号化しますか?」の画面が表示されたら、「携帯端末を暗号化」をさらにタッチします。

初期化する

3

暗号化の処理が終わったら、次に行うのが「初期化」。
端末から行うことになるので、充電残量に注意しましょう。

<手順>
1.「ホーム画面」→「設定」→「データの初期化」をタッチします。
2.データの初期化の確認画面が表示されたら「携帯端末をリセット」をタッチします。
3.さらに「リセットしますか?」の画面に表示される「すべて消去」をタッチします。
4.端末を再起動したら、端末内のデータすべてが消去されます。

※注意※
おサイフケータイを利用している方は、各キャリアショップでの初期化が必要となります。
ショップスタッフに問い合わせて、確実にデータ情報を消去する必要があります。

万が一のためにも処分するまでのデータや情報はしっかりと完全にクリーンな状態にしておきたいものです。

まとめ

いかがでしたか?
実際に売られている中古スマホには、完全削除が行われておらず、前ユーザーのメールやアドレス帳などの情報がそのまま残っているものなども多いようです。
完全初期化には、かならず上記にご紹介した2段階の操作を行って、端末内の情報を読み取られないようにしておくことが大切なのですね。
新しい端末を気持ちよく使うためにも、また、下取りに出したスマホが次の人も気持ちよく使ってもらえるようにするためにも、スマホはきれいにしておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です