Androidがフリーズした時に強制再起動する方法

LINEで送る
Pocket

fc3668cea233fc633c07a5be42ea5ebf_s

今回は、Androidがフリーズした時に強制再起動する方法について紹介いたします。Androidがフリーズした際の解決方法の1つに強制再起動があります。簡単にでき、フリーズ状態も改善することができます。ここでは、強制再起動の方法以外にも、対処法や、フリーズしないための予防策について解説いたします。Androidスマートフォンのフリーズで困っている方は、ぜひ、参考にご覧ください!

スポンサーリンク

Androidを強制再起動する方法

Androidがフリーズしてしまって、強制再起動したい場合は次の方法でおこないます。「電源キー」と「音量の+キー」を同時に長押しするだけです。長押ししたあとに、スマートフォン本体が3回振動すれば、強制終了が完了です。強制終了したあとは再起動をおこないましょう。これによりフリーズが解消されます。

Androidのスマートフォンがフリーズした時の強制再起動以外の対処法

ここでは、強制再起動以外の、フリーズ対処方法について紹介いたします。

アプリを強制終了する

スマートフォンがフリーズした場合は、アプリを強制終了させることで、状況が改善される場合があります。アプリを強制終了したい場合は、Androidスマートフォンのディスプレイ下にある、アプリの履歴を表示できるキーをタップしましょう。タップすると、使用したアプリ画面が一覧表示されますので、左右のどちらかにスワイプすれば、アプリを強制終了させることができます。フリーズしてアプリの履歴キーが動かせる場合は、アプリの強制終了をおこないましょう。

電池パックを取り外してみる

電池パックの出し入れが可能なAndroidスマートフォンであれば、1度電池パックを取り外してみましょう。長時間アプリやタスクなどを使用していることで、CPUが熱を持ちスマートフォンがフリーズしている場合があります。バッテリーを取り外して、放熱することにより、状況が改善される場合があります。電池パックを取り外し、しばらく置いて、再度電池パックをスマートフォンに取り付けることで、フリーズ状態が解消され、通常通りに動くようになることがあります。

セーフモードで起動してみる

スマートフォンの各端末によりセーフモードで起動する操作方法が異なりますが、セーフモードで起動できた場合は、インストールしたアプリやデータに問題がある可能性があります。間近にインストールしたアプリなどがあれば、それらをアンインストールすることで、フリーズ状態が改善されることがあります。

もし、セーフモードの起動ができない場合は、端末自体の故障の可能性がありますので、修理に出すと良いでしょう。例えばエクスペリアのセーフモードの起動方法は、次の通りです。電源キーを1秒以上長押しすると、エクスペリアのロゴが表示されます。

エクスペリアロゴが表示されたら、音量キーの「−」を長押しします。これにより、画面の左下に「セーフモード」という文字が表示され、セーフモードの起動が成功した証拠になります。再起動すると「セーフモード」の文字はなくなります。

初期化する

最終的な方法となりますが、初期化することで通常通りスマートフォンを使えるようになる場合があります。しかし、初期化することで、購入したときと同じ状態に戻りますので、すべてのデータが削除されてしまいます。

端末によって初期化する方法は多少異なりますが、アプリケーションマネージャーから設定を開き、「バックアップとリセット」を選択します。初期化すると、それまでのデータがすべて消去されてしまいますので、必ず初期化の前にバックアップを取るようにしましょう。初期化は最終手段ですので、安易に実施しないようにしてください。

Androidスマートフォンがフリーズしないようにするための予防策

ここでは、スマートフォンがフリーズしないようするための予防策を紹介いたします。

フリーズする原因

Androidスマートフォンがフリーズする場合、不要なキャッシュや履歴が蓄積されていたり、容量の大きいアプリをインストールしすぎていたり、いくつものアプリを開いて作業していたり、スマートフォン端末にたくさんのデータを保存しているときなどにフリーズすることがあります。長く使用続けたり、空き容量が少ないときにフリーズ現象が起きやすいですので、下記、方法でフリーズしないよう定期的に予防していきます。

アプリやキャッシュを定期的にクリアする

スマートフォンを使っていくことで、アプリやブラウザなどに多くの履歴が溜まっていきます。あまりにも多くのキャッシュが溜まると、スマートフォンがフリーズする原因になってしまいます。これらのキャッシュを定期的に削除することにより、フリーズを防ぐことができます。

1週間に1度程度は削除して軽くするようにしましょう。キャッシュを削除したい場合は、本体設定からストレージを開き、「キャッシュデータ」を選択すれば、キャッシュの一括削除をおこなうことができます。

不要なアプリはアンインストールする

スマートフォンの内の不要なアプリはどんどん削除し、アンインストールするようにしましょう。アプリを多くインストールすることで、スマートフォンの空き容量が少なくなり、それが原因でフリーズすることがあります。あまり使わないアプリはインストールしたままにせず、削除してアンインストールしましょう。動作も軽くなりますので、定期的にアプリをチェックすると良いでしょう。

定期的にスマートフォンを再起動する

定期的にスマートフォンを再起動することで、不要なデータの蓄積やシステムの不具合を解消することができます。1週間〜2週間に1度は、再起動してみてください。通常スマートフォンはスリープ状態が続いていますので、これだけで、フリーズを予防することができます。

メモリの大きなスマートフォンを使う

使用しているスマートフォンがすぐにフリーズする場合は、容量が小さいのが原因かもしれません。容量が小さいことで、アプリのインストールやブラウザの使用するたびに、キャッシュ等が蓄積されていき、空き容量が小さくなり、すぐにフリーズしているのかもしれません。

あまりにも元々の容量が小さい場合は、機種変更のタイミングで容量の大きいスマートフォンに変えた方が良いでしょう。容量が大きくなることで、アプリもたくさんインストールできるようになりますし、フリーズもしにくくなります。

携帯ショップ・修理店に持っていく

スマートフォンがフリーズし、どんな方法をしても状態が改善されない場合は、携帯ショップもしくは修理店に持って行くようにしましょう。内容によっては、修理よりも機種変更の方が安く済む場合もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、Androidがフリーズした時に強制再起動する方法や強制再起動以外の対処法、予防策について紹介いたしました。AndroidのスマートフォンはiPhoneよりもフリーズしやすいと言われてもいますので、常日頃からキャッシュや履歴の削除、不要なアプリのアンインストール、スマートフォンの再起動などおこなうようにしておきましょう。

フリーズしてしまうと、直るまでに時間がかかったりする場合がありますので、もしものためにフリーズした際の対応方法については、把握しておくようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です