Home / Google / Android / AndroidでPDFを閲覧するためのおすすめアプリ

AndroidでPDFを閲覧するためのおすすめアプリ

Pocket

ビジネス文書や仕事のファイルを便利に扱えるものと言えばPDF。最近では電子媒体で販売される雑誌やコミックをPDFファイルとして提供するサービスも多く、使用する機会が数多く存在します。

そこで必要なのがPDF用の閲覧ビューワーPDFファイルを開くためにはビューワーが必要なので、有志の企業が無償または有料で提供しています。これはパソコンはもちろん、スマホでも同様です。

ただ、スマホアプリ版のPDFビューワーはたくさん存在しているため、どれを選べばいいのかがわかりません。ということで今回は、Android端末で使えるおすすめのPDFビューワーをご紹介

「Adobe Acrobat Reader」「PDFリーダー」「Google PDF Viewer」「PDF Viewer」「OfficeSuite+PDF Editor」「PDF Pro」「ezPDF Reader」「PDF Converter:Documents To PDF」「JPG to PDF Converter」など色々あるので、好みのアプリを使ってみてください。

スポンサーリンク

PDFとは?

PDFは、「Portable Document Format」の頭文字を取ったもの。情報を記入した画像・文書などをそのままの形でファイル化したもので、コピー用紙に印刷したデータと同様の見た目をパソコンで実現します。

いわば電子ペーパーという一面を持つのがPDFであり、文章に関してはテキストサイズはもちろんフォントまでそのままの形で再現可能。PDFファイルはデータとして閲覧できるほか、コピーして紙媒体に変えられるのも魅力です。

PDFの有用性は、情報伝達手段として紙に変わるのが特徴。紙を使用する場合は印刷費用が紙・インク・電気代・機器などランニングコストが大きくかかるのに対して、ファイルであるPDFはパソコンなどで閲覧できるため安価で済みます。

また、紙媒体は販売したり配布しなければ相手に見せられないものの、PDFならインターネットを介して瞬時にデータ共有可能。圧倒的な利便性を誇ります。

AndroidでPDFを閲覧するためのおすすめアプリ

スマホ2

今回は、閲覧に特化したアプリや、閲覧と編集・作成ができるアプリを紹介します。

Adobe Acrobat Reader

容量無制限のクラウド上で本格的な写真加工なども楽しめるアプリです。PDF閲覧だけでなく、撮った写真や動画をクラウド上で保管・共有することができます。クラウド上のデータはスマートフォンからでもパソコンからでも保管・共有できます。

通常のクラウドストレージとは異なり、データ保管容量が無制限に利用できる点が最大の魅力です。容量を気にすることなく、クラウド上でのデータ管理が可能で、容量の大きいデータを扱う方にオススメのアプリです。

ユーザーインターフェースもアンドロイド端末のデザインに対応しており、画面上部のアクションバーから、ファイルの移動や名前の変更、コピーやアップロードなどの操作を行うことができます。PDF以外のファイルからPDFを作成することも可能です。

ダウンロードはこちら:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.reader&hl=ja

PDFリーダー

本棚からPDFを選び、使い心地抜群のPDFリーダー。1ページを本棚にサムネイル表示するため、すぐにどれがどれか分かりやすいデザイン。明るいところでも見やすいように白黒反転することができるようになっています。

文書内の単語検索機能も付いておりスピーディに探すことができます。他のPDF閲覧アプリとできる内容はほぼ変わりませんが、非常に分かりやすく使いやすいユーザーインターフェースが特徴です。

本棚に1ページ目のサムネイルが表示してあるため、非常に分かりやすく、前に見たファイルをもう1度開きたい場合も簡単です。白黒反転や検索機能、デザイン性とユーザーインターフェースでは、ピカイチのPDF閲覧アプリ、PDFリーダーです。

ダウンロードはこちら:https://play.google.com/store/apps/details?id=pdf.reader&hl=ja

Google PDF Viewer

google_kensaku2

Google PDF Viewerアプリは、ダウンロードするだけで、PDFファイルを開けるようになります。ネット検索していてPDFなどが出てきても、全て閲覧することができます。他のPDF閲覧アプリに比べて非常にシンプルで使いやすくなっています。

グーグルが作ったアプリなので、Androidスマホとの相性もバッチリです。シンプルなPDF閲覧アプリを利用したい方は、Google PDF Viewerが良いでしょう。

ダウンロードはこちら:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.pdfviewer&hl=ja

PDF Viewer

ファイル名から中身が推測できない場合は、サムネイル画像でチェックすることができます。本棚に本をモチーフとしたサムネイルが表示されるため、分かりやすく、オシャレなデザインです。

アプリを起動すると、最初に本棚が表示され、そこには各PDFの1ページ目がサムネイル化され、本のように並んでいます。わざわざ中身を確認しなくても、中身の検討をつけることができます。

サムネイルでも中身の判別が出来ない場合は、キーワード検索もできるようになっている、非常に使いやすいデザインのPDF閲覧アプリのPDF Viewer。

ダウンロードはこちら:https://android.app-liv.jp/002134537/

OfficeSuite+PDF Editor

マイクロソフトのオフィスソフトにも対応しており、ワード、エクセル、パワーポイント、の閲覧・編集も行うことができ、PDFの閲覧も可能な万能アプリです。

仕事などで、ワードやエクセル、パワーポイントなどを利用されることが多い人は、通勤時間などに資料作成することもできます。小型キーボードなどがあれば、ノートパソコンさながらの作業ができます。

閲覧も作業も行いたい方にオススメのOfficeSuite+PDF Editorアプリです。

ダウンロードはこちら:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mobisystems.office&hl=ja

PDF Pro

PDF Proは、カラーラベルでPDFファイルとフォルダにタグを付けたりし、分かりやすく分けたりできます。また、PDFファイル内からリンクされたコンテンツにアクセスすることもでき、シンプルなPDF閲覧アプリを利用したい方にはオススメのアプリです。

ダウンロードはこちら:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dp.pdfreader&hl=ja

ezPDF Reader

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

【2019年】最新おすすめAndroid端末10選

定期的に最新機種に変更する楽し …

Facebookでのご購読が便利です