Androidで日本語入力が表示されなくなった時の対処方法

LINEで送る
Pocket

メールやインターネットの検索キーワード入力時など、ふいに日本語のキーボードが表示されず、英数字と記号しか打てない!と驚かれたことはありませんか?

スマートフォン画面の限られたスペースにあるキーボードは、何かの拍子に違うキーを押してしまい、設定が変わってしまうことがあります。もちろん、何らかの原因で表示されなくなってしまった場合も考えられます。まずは、何が原因でそうなってしまったのかを見つけることが重要です。

スポンサーリンク

設定を変更・確認する

1.「設定」→「言語と入力」の順でタッチします。

1

2.「キーボードと入力方法」の欄でどこにチェックがついているかを確認しましょう。

2

※ Androidには機種ごとにデフォルトの日本語入力アプリがあります。
Xperiaの場合は、POBox Touchがデフォルトの日本語入力アプリです。「Simeji」などの日本語入力アプリをインストールしている端末などの場合、それぞれ使用したい日本語入力アプリのところにチェックマークがついていることを確認します。ついていなければ、変更しておきましょう。

図は、「simeji」という日本語入力アプリを使用したいので、デフォルトではなく、「simeji」にチェックマークがついています。ほとんどの場合、上記で解決することが可能ですが、それでも直らない場合は、端末を再起動してみましょう。

機種やバージョンによっても設定方法に違いがありますので、それぞれのマニュアルを確認してから設定することも必要です。

ちなみに、下記のように設定変更することも可能です。
Android4.0
1.メールやインターネット検索ボックスなどをタッチして文字を入力する画面を表示します。
2.キーボードが表示されたら、画面上部のステータスバーを下方向へスワイプします。
3.表示された通知領域から「入力方法の選択」をタッチ
4.「iWnn IME SH edition」の右にある○をタッチして、青くなったことを確認します。

「ケータイ配列」と「QWERTY配列」を切り替える
1.メールやインターネット検索ボックスなどをタッチして文字を入力する画面を表示します。
2.キーボードが表示されたら、キーボード下部にある、「レンチマーク」をタッチします。
3.「入力方式を切り替え」→「12キーボードに切替」:「あいう[漢字][縦画面]」をタッチして完了です。

<ワンポイント>

日本語入力のキーボードには、「ケータイ配列」と「QWERTY配列」という二つの入力方法があり、
使いやすい入力方法を選んで設定することができます。

ケータイ配列:以前の携帯電話のキーボードと同じ配列になっています。「フリック入力」という方法を使って文字を入力します。ひらがな表記となっているので、初心者の方でも操作さえ覚えてしまえば、とても便利な入力方法です。

3

QWERTY配列:クエーティ配列と呼ばれ、パソコンキーボードと同じ配列になっています。ローマ字入力を利用したい方におすすめの配列です。

4

上記以外には、Google独自の「Godan配列」というものもあります。Google日本語入力を利用されているユーザーのみ設定することが可能です。通常のQWERTY配列のローマ字入力と異なり、Androidスマホでより快適にローマ字入力ができるよう設計された配列となっています。

左側に母音が並び、ケータイ配列のような大きなキーを使って両手でも片手でも操作がしやすいようになっています。

いかがでしたでしょうか?メール・インターネット検索・スケジュール管理など、キーボードは最もよく使われるAndroid機能のひとつです。普段から自分がどの配列で文字入力をしているのか、縦・横の配列・機種・バージョンなどをしっかり確認して、しっかり対処したいものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です