Home / Google / Android / Androidで用意されているアイコンとライセンス

Androidで用意されているアイコンとライセンス

5-2

ライセンスとは、IT分野においてソフトウェアの使用許諾に関連する言葉。一般的には免許・特許などと言われ、ソフトウェアなら使用許諾に同意した場合にライセンスが付与、使用可能になります。

普通に生活していても「使用権を与えるもの」ならライセンスに当たるので、自動車や飛行機の免許、資格取得により行えるものも該当。なお、ライセンスにも種類があり、中でもオープンソースが有名です。

今回は、よく使われるライセンスについても紹介します。

5-3

GPL

「GPL」は、誰でも利用可能なオープンソースソフトウェアに用いられるライセンス。著作権表示を義務づけられているほか、同ライセンスのサービスを使って損害が生じた場合はいかなる責任も生じないと明記されています。

また、複製・改変・頒布が自由に可能。GPLライセンスが付与されたソフトに新たな機能を付加して頒布でき、有償販売も可能です。

最大の特徴は、GPLライセンスのソフトウェアの一部を使用して作ったものは同様に受け継がなければならない点。つまりGPLが伝染します。利用者側からしたら特に問題ないですが、開発側には厄介なライセンスです。

LGPL

LGPLは、GPLライセンスよりも緩いライセンス。ソフトウェアの一部に含まれるモジュール・ライブラリなどに使われます。特徴としては、動的リンクとして使用するなら明記の必要がない点。

自作のソフトウェアの中にライブラリ・モジュールとしてLGPLのライセンスのものを組み込んだ場合でも、ライセンスは適用する必要がありません。GPLならその時点で自作ソフトウェア自体に継承されてしまうことを考えたら緩いことがわかります。

なお、自作ソフトウェアそのものに直接使った場合はLGPLライセンスが適用。そのため、一部のライブラリ・モジュールという扱いで使うのが一般的です。

BSD

BSDは、著作権表示と無保証が規定されているライセンス。つまり著作権だけ表示し、損害が発生しても自己責任という点を守れば何をやっても問題ありません。

BSDライセンスのソフトウェアは改変して販売してもよいほか、再頒布も自由。ソースコードも表示・非表示が自由に行え、ほかのライセンスに変更して配布することも許されています。

なお、BSDライセンスには「オリジナル」「修正済み」の2種類が存在。オリジナルは規定のほかに「初期開発者を表示する」というものが決められていましたが、現在はそれがほとんどなく「修正済み」が大半です。

習性済みBSDなら開発者表示はなくてOK、オリジナルなら著作権・開発者を表示してください。

MIT

「MIT」ライセンスは、無料で自由に使うことができるのが特徴です。MITライセンスのもと配布されているものは、改変・再配布・商用利用・有料など制限なく誰でも自由に無料で使うことができます。

ただし、そのためには「著作権表示」とMITライセンスの全文をソースコード内、もしくはソースコードに同梱したライセンス行事用の別ファイルに記載する必要があります。

簡単に言うと、ほとんど修正済みBSDと同じものです。

Android OSのライセンスはApache・GPL・LGPL

Googleが第三者メーカーに広く公開しているAndroidのライセンスは、Apache2.0やGPL・LGPLが複合されています。厳密にはAndroidのほとんどが公開されており、改変も自由。

ただしアップルが中心で開発しているWebKitがLGPL、そのほか一部がGPLで組み上げられた部分もあるので、その点については公開が求められるといった感じです。

Gmail、Google Talk、Google MapsなどGoogleアプリケーションの著作権はGoogle社に帰属するため、使用の際や、改変、複製などには許可が必要になります。

Androidアプリの開発は環境を導入しよう

ライセンスやアイコンなどを紹介したところで、アプリ開発に興味を持った方に向け環境の一部を紹介。一般的にアプリ開発の環境としては、IDEが用いられます。

IDEは統合開発環境のことを指し、アプリ開発に必要な機能のほぼすべてを1つのソフトに集約したものです。中でもAndroidアプリの開発に用いられるのは、「Android Studio」と呼ばれるIDE

ほかにも開発環境として「Android SDK」「JDK」「Eclipse」を導入するやり方もありますが、現在は「Android Studio」が主流です。アプリ開発が気になる方はぜひダウンロードしてみてください。

ダウンロード:https://developer.android.com/studio/?hl=ja

まとめ

Androidのアイコンやライセンスなど紹介しました。アプリ開発に携わるという方は特にライセンスの知識が意外と重要で、自作ソフトウェアにかかるものを決めていないと乗っ取りなども発生します。

今後開発する予定のある方はライセンスについて学びつつ、既にあるソフトウェアを使う際にも表記に注意しながら使ってみてください。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Androidの標準ブラウザを変更する方法

Androidの標準ブラウザを変更する方法

Androidでインターネット …

Facebookでのご購読が便利です。