Androidで位置情報の設定を変更する方法

LINEで送る
Pocket

Androidの位置情報サービス(GPS)は、「マップ」アプリで現在地を特定し、周辺の建物やお店の情報などを知ることができたり、「ナビ」アプリを利用して経路や渋滞情報などを調べることもできるとても便利な機能です。

位置情報を測るためには、GPSやWifi(無線LAN)を利用します。

GPSを利用する場合、位置情報を取得するまでの時間が多少かかかることがありますが、位置は正確に測位することができます。また、GPS衛星からの電波を利用して現在地を測るので、Wifiへの接続状況には関係なく利用することができます。ただし、地図アプリはAndroid端末内にデータを持っているわけではなく、ネットワークを経由して地図データを取得しています。そのため、GPSで取得した位置情報はネットワーク接続環境が必要となります。

また、位置情報は、ときに非常に便利なツールとして欠かせない機能ではありますが、SNSなどで知られたくない位置情報をインターネット上に提供してしまうこともあります。

位置情報を使用するアプリを確認しておくことも便利に使いこなすための重要なポイントです。まずは、端末の位置情報にアクセスしているアプリを表示し、その電池消費量を確認してみましょう。

スポンサーリンク

現在地を使用しているアプリを確認

1.「設定」→「位置情報」

2.「最近の位置情報リクエスト」で、アプリを選択し、アプリの電池消費量を確認します。
・電池使用量:高 電池の消費量が多くなる可能性のあるサイトから位置情報を受信しています。
・電池使用量:低 電池の消費量が少ないサイトからのみ位置情報を受信しています。

では次に、Androidで位置情報の設定を変更する方法をご紹介します。

位置情報サービスの設定

1.「設定」→「位置情報」

5_gps1

2.画面右上にあるスライダを切り替えてオン/オフの設定を行います。

5_gps2

オフになっている場合、Android端末の位置情報はアプリと共有されません。

位置情報サービスは、一定時間ごとに通信を行うため、通常オンにしたままにしておくと、電池消費量を大きくする原因のひとつとなります。そのため、普段はオフ、使うときにはオンにするというこまめな切り替えで利用する事をおすすめします。

Android端末の設定を「位置情報オフ」、「機内モードを有効にしている」、「現在とは異なる位置情報を必要とする場合」などの設定になっているとき、位置情報が必要なアプリを利用しようとすると、位置情報サービスを変更するかどうかのメッセージが表示されます。

表示されるメッセージ

・「位置情報の設定を変更しますか?」 アプリが正常に機能するため、位置情報の設定をオンにして現在地を取得する必要がある場合に表示されます。

・「位置情報の制度を改善しますか?」 位置情報がオンになっていても、他の設定等を有効にすることで制度をあげることができる場合に表示されます。

・位置情報モード 位置情報の精度を上げるため、現在の設定とは異なる位置情報のモードをアプリから要求されることがあります。必要な情報を得るための電池消費量を最低限に抑えるための設定をするため、利用可能なWifiやモバイルネットワークなどの使用許可を求められる場合に表示されます。

・Wifi接続 Wifiがオフの場合、オンにするか利用可能かどうかの情報を得られます。
・Google位置情報サービス 現在地をアプリで判断するため、Googleの位置情報サービスを利用することを許可することを求める場合に表示されます。

5_gps3

上記のようなアプリごとの設定変更メッセージが表示されないようにするためには、「このアプリでは今後表示しない」をチェックし、オンにすることで、次回利用時からこのアプリからの設定変更のメッセージは表示されなくなります。

以上で、Androidで位置情報の設定を変更する方法は完了です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です