Androidの標準ブラウザを変更する方法

LINEで送る
Pocket

Androidでインターネットを楽しむときに利用するのがAndroid専用アプリ「ブラウザ」。PCでも「インターネットエクスプローラ」や、「Google Chrome」などのブラウザを利用してインターネットを楽しんでいますね。

Androidには「ブラウザ」という名前のブラウザアプリが標準搭載されており、この他にも「Google Chrome」がインストールされている端末もあります。使い勝手はそれぞれなので、より使いやすいブラウザアプリを活用するためにも、今回は「この標準ブラウザを変更する方法」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Androidの標準ブラウザはなぜChromeではないのか

Googleのブラウザで有名なのは「Google Chrome」であり、MacやWindowsだけでなく、AndroidでもChromeは提供されています。高速で最先端を行くGoogleChromeを標準ブラウザにすれば良いかとも思いますが、なぜAndroidのスマートフォンでは「ブラウザ」と呼ばれる異なるアプリが用意されているのでしょうか?

Chromeは上述の通り最先端の技術が搭載されているインターネットブラウザであり、ファイルの圧縮などで通信のスピードを上げるなど、Googleが最も力を注いでいるブラウザです。しかし、Androidは様々なベンダーから製品が出されていることもあり、重要なのは最先端のブラウザ技術ではなく、安定してどのAndroid製品でも動作することでした。

そのため、Chrome自体は追加でインストールできるようにしておきながらも、標準ブラウザとしては「ブラウザ」を開発しプリインストールしているのです。

古いAndroidの「ブラウザ」のサポートが終了していく

Android4.3以前のブラウザはサポートが既に終了しています。サポートが終了しているということは、重大な脆弱性が発見されても対応しないということであり、セキュリティシステムに重大な問題を抱えている可能性が非常に高いということです。

そのため、Android4.3以前をお使いのAndroidユーザーの方は、標準で実装されている「ブラウザ」ではなく、GoogleChromeやFireFoxなど、異なるインターネットブラウザを利用することをおすすめします。ウェブブラウザを通じてカード情報や住所など重要情報をやり取りすることも多いため、セキュリティには十分に気をつけるようにしましょう。

Androidの魅力のカスタマイズ性の高さ

iPhoneではSafariが標準ブラウザとして固定されていますが、Androidではその魅力であるカスタマイズ性の高さの通り、標準ブラウザも変更を行うことができます。

ChromeやFireFoxだけでなく、ドルフィンブラウザや「Habit Browser」など、専用のAndroidブラウザも公開されており、自分好みのブラウザを利用することができます。様々な種類のブラウザがありますので、それぞれの特徴を把握して、使いやすいようにカスタマイズしていきましょう。

ブラウザアプリを変更するには

デフォルトの「ブラウザ」は、ホーム画面上にある地球マークのアイコンです。

このアイコンをタッチしていつもインターネットを利用していることになりますが、”ほかのブラウザアプリに変更したい”という場合、ただ新しいブラウザアプリをインストールしただけだと、自動的に「ブラウザ」アプリを起動させてしまうことになります。

自分で選んだブラウザをメインブラウザとして利用するには、次の設定が必要です。

デフォルトの「ブラウザ」設定を解除する

1.「ホーム画面」→「設定」→「アプリ」の順でタッチします。

4703

2.表示された画面の右側にある「すべて」の見出しをタッチします。
3.デフォルトの「ブラウザ」アプリを探してタッチします。
4.画面が表示されたら、「標準で起動」から「標準設定を消去」をタッチします。

4702

設定したいブラウザを選ぶ

あらかじめ、使いたいブラウザアプリをダウンロード・インストールしておく必要があります。

3

何かのアプリを起動させると、開くアプリの選択画面が表示されます。

「常にこの操作で使用する」をタッチしてチェックをつけたあと、設定したいブラウザアプリを選んでタッチします。これで、新しいデフォルトのブラウザが設定できました。

今後なんらかのアプリをダウンロード・インストールした場合、「関連付けるアプリケーションを選択」が表示されたら、ここで設定したブラウザを選んで「常時」にすれば、そのアプリとブラウザが関連付けられ、次回から設定する必要もなくなります。

ブラウザアプリ以外のおすすめは?

デフォルトの「ブラウザ」アプリの設定を消去したら、次に設定するブラウザは何にしよう・・と迷ってしまう方もいるかもしれませんね。

先にも述べましたが、最近のAndroidには「Google Chrome」というGoogle社のブラウザアプリが入っています。サクサクとした快適な動作でインターネットを楽しむことができる人気のブラウザアプリで、PCとの同期も可能なので、ブックマークや閲覧履歴を共有して便利に活用することができます。

また、Google Chromeには、受信データを圧縮してやり取りするデータ量を減らし、通信量を節約してくれる機能などもあるので、Androidユーザーとしては、一度は使ってみたいブラウザアプリの一つなのです。

また、最近話題になっているのが「ドルフィンブラウザ」。Flashコンテンツにも対応しており、同期機能はもちろん、サクサク快適に動作することが魅力のブラウザアプリです。Google Chrome同様、タブブラウジングが可能で、面倒な画面遷移もスムーズに行うことができます。

ボタンを利用しない「ジェスチャ機能」が搭載されており、自分で決めたジェスチャを「マイジェスチャ」に登録することができます。「戻る」・「進む」・「更新」などのジェスチャを登録しておけば、操作も楽々ですね。

この他、カスタマイズ性の高い「FireFox」や、かんたんフリック操作が魅力の「Habit Browser」なども人気の高いブラウザアプリです。標準ブラウザだけでは物足りない。もっと便利操作を活用したい!と思ったら、ぜひこれらのブラウザアプリを試してみてはいかがでしょうか?

Androidのブラウザの変更方法のまとめ

いかがでしたでしょうか?Androidはその特徴であるカスタマイズ性の高さの通り、インターネットブラウザも様々なものが提供されており、自分で好きなブラウザを選択することができます。

デフォルトのブラウザは、特に古いAndroidではサポートが終了していることもあり、利用に十分注意することが必要です。

ドルフィンブラウザなど、パソコンでは利用できないモバイル専用のブラウザを利用してみても良いかもしれません。お気に入りのインターネットブラウザが見つかったら、本記事を参考に標準のブラウザとして利用できるよう是非設定してみてください。

あなたの快適なAndroidライフに本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です