Android端末でExcelを利用する方法

LINEで送る
Pocket

Android端末でExcelを編集したり確認できると仕事の効率が上がりますよね。タブレット向けExcelは2014年11月に、スマートフォン向けExcelは2015年6月に正式にリリースされ、Android端末でも自由にExcelを使用することができるようになりました。

WordやExcelなどのいわゆる「Officeソフト」と呼ばれるものは、これまでパソコンで利用するというものでした。しかし、タブレットやスマートフォンの普及に伴い、モバイル端末での利用の重要性が増し、それぞれに最適化されたExcelの開発が進み、Androidのモバイル端末でのExcel利用も可能になりました。

本記事では、Androidのタブレット、スマートフォン向けのExcelの利用方法についてご紹介していきます。Androidのモバイル端末でExcelの利用を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

AndroidのタブレットでExcelを利用するための条件

Androidのタブレット端末でExcelを利用するためには、次の諸条件を満たしていることが必須となります。

・画面サイズが10.1インチ以下のタブレット
・OSバージョン:KitKat(4.4.X)以降
・1GB以上のRAM
・無料のMicrosoftアカウントを使ってサインインする必要があります。(アカウントをお持ちでない場合は登録する必要があります。)
・全機能を利用するためには、Office365のインストールが必要。
・無料版は、非営利目的のみ。

アプリをインストールした時点で、使用条件に同意したものとみなされ、使用権限が与えられます。

Microsoft Excelでは、表示はもちろん、新規作成・編集といった基本的な機能を利用できるほか、Excelの主な機能である、「数式入力」や「テーブル」「グラフ」「ピボットテーブル」「条件付き書式」「スパークライン」「コメント」などのすべての機能が利用でき、ドラッグ操作で行列を移動したりと簡単に編集作業ができるところが嬉しい限りです。

なんといっても、重たいパソコンを持ち歩いて・・・などと負担をかけることなく仕事の効率を上げることも可能ですね。「Microsoft公式」の純正アプリであることも安心して利用できる大きなポイントです。

Microsoft Excelの利用方法

3301

1.Microsoft Excelをダウンロード・インストールして起動する。

2.初期設定でサインインのためのMicrosoftアカウントを入力(お持ちでない方は新規登録)します。
メールアドレスもしくは電話番号・パスワード設定が必要です。

ブックを新規作成するには、画面右上にある「新規」ボタンをタッチします。
「空白のブック」のほか、各種テンプレートを利用することもできます。利用したいテンプレートをタッチしてExcelブックを作成します。

データ入力

3300

文字入力をする場合、セルをダブルタッチしてから入力を行います。入力が終わったら、画面右上のチェックマークをタッチして確定します。

書式設定

3

太字・罫線・塗りつぶしなどの詳細なセルの書式設定は、画面右上の「Aと鉛筆のマーク」をタッチして表示されるメニューから行います。「フォント変更」や「セル内の文字配置」「スタイル」「表示形式」「関数」など、Excel上のすべてのメニューはここから選択することができます。

行列調整
行の高さと列幅は、タッチ操作をつかって調整します。行の高さは、調整したい行番号をタッチし、「=」が表示されたら、そのまま下にドラッグすることで調整することができます。列幅は、行と同様に調整したい列番号をタッチし、「||」が表示されたらそのまま右にドラッグすることで調整することができます。

行の移動は、移動したい行番号をロングタッチし、そのまま移動したい位置までドラッグします。列の移動は、行と同じように移動したい列番号をロングタッチし、そのまま移動したい位置までドラッグします。

保存
ブックに「名前を付けて保存」するには、左上の「三」をタッチ→「名前を付けて保存」します。保存方法は、「OneDrive」「Dropbox」「Androidスマホ」から選ぶことができます。対応ファイル形式は「.xls」「.xlsx」です。上書き保存は画面右上のフロッピーマークのアイコンをタッチするか、左上の「三」ボタンをタッチしてメニューから「上書き保存」を選ぶ方法があります。

共有
ブックを共有するには、フロッピーアイコン右の「共有アイコン」をタッチします。共有したいアプリを選んでタッチします。「Bluetooth」「Dropbox」「Evernote」「Gmail」などから選ぶことができます。

上記以外にも「マクロ」機能以外はパソコンと同じように編集・操作することができますので、普段パソコンでExcelを使っている方なら、すぐに活用することが可能です。

スマートフォンのAndroid端末でExcelを利用する方法

元来は、Androidスマートフォン向けに「Microsoft Office Mobile」というアプリが提供されており、Word,Excel,Powerpointの閲覧編集を行うことができました。しかし、こちらのアプリは表のずれなどのエラーが頻繁にあり、利便性に難がありました。

上述の通り、最初は2014年11月ころにiOS端末とAndroidタブレット端末に最適化されたアプリケーションが発表され、これらの端末ではスムーズにExcelを利用することが可能になりました。そして、2015年6月にWord,Excel,PowerpointのAndroidスマートフォン端末に最適化されたアプリケーションが発表されました。

また、「Microsoft Office Mobile」と比較しても表のずれなどはなく、非常に快適に利用できる上、基本的には無料で利用できるようになっているのも嬉しいところです。

Androidスマートフォン向けExcelで嬉しいこと

機能として特に嬉しいところは下記の2点です。

1.代表的なクラウドストレージに保存することができる
Excelファイルは、代表的なクラウドストレージ「DropBox」「Googleドライブ」「OneDrive」などに保存することもできます。つまり、パソコンやタブレットで編集保存しているExcelファイルをスマートフォンでも編集保存できるようになるということです。移動のちょっとした時間でも作業できる様になるのは非常に嬉しいですね。

2.通常のExcelと同様の表計算やグラフ作成が可能
ファイルはxlsやxlsxとして取り扱うことができ、パソコンのExcelと同様に基本的な表計算やグラフ作成も快適に利用することができます。ある程度大きな画面のAndroidスマートフォンであれば、Bluetoothでキーボードをつなげて、本格的に編集に使用しても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。タブレットやスマートフォンなど、Android端末でOffice製品を活用することで、より活躍の場も広がりそうですね。移動時間などでもExcel等を使える環境を準備して、毎日の時間をより効率的に使えるようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です