初心者向けandroid講座~動画保存・動画編集

LINEで送る
Pocket

今は多くの動画コンテンツがインターネット上で配信されています。

お気に入りの動画は、動画ファイルとして保存して、オフラインでも再生したり、コンテンツがサイト上から削除されても視聴したいですよね。
また、ダウンロードした動画や、撮影した動画を編集したいときってありますよね。

スマートフォンでも、こういったことは簡単に行えるんです。

本記事ではそういった、動画の保存・編集方法を紹介します。

a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f-660x330

スポンサーリンク

androidスマートフォンやタブレット端末の動画保存方法

サイトがダウンロードしてから視聴する形式の時

インターネット上で提供される動画コンテンツを動画ファイルとして保存する方法は2通りあります。

動画コンテンツを配信しているサイトがストリーミングではなくてダウンロードしてから視聴することを意図している場合には、ブラウザで動画ファイルのリンクをタップするだけで自動的にダウンロードが開始します。

この場合は、どのようなブラウザを利用しても動画ファイルをダウンロード・保存することができます。

これに対して動画コンテンツを配信するサイトがストリーミングでのみ視聴することを意図している場合には、Google Chromeなどのブラウザで動画を視聴することはできますが、動画ファイルとしてストレージに保存することはできません。

ストリーミング配信される動画を保存したい時

ストリーミングで配信されている動画は専用のダウンロードアプリを使用することで、動画をファイルとしてストレージに保存することができる場合があります。

パソコンでストリーミング配信される動画を保存する際は、ブラウザに専用のプラグインを入れてmp3やflv形式の動画ファイルを保存します。

android端末でストリーミング配信される動画を保存する場合には、動画保存機能が付いたブラウザアプリを利用する必要があります。

Google Playを利用すれば、ストリーミング配信されている動画ファイルを保存することができる便利なブラウザアプリを入手することができます。無料で利用できる動画保存機能付きのブラウザアプリをいくつかご紹介します。

「Mediatap-動画、音楽、電子書籍のダウンローダー」は動画ファイルの他に音楽や電子書籍も含めて幅広いファイルを保存するための汎用ダウンロードアプリです。

ファイルの種類ごとにフォルダを分けることができるので、保存したファイルを整理する際にも便利です。

「Videoder」はシンプルに動画ファイルだけを保存するためのダウンロードアプリです。これは動画を検索して再生するだけの機能しか付いていません。

メインメモリが少ないスマートフォンでも利用できます。

このアプリには再生機能が付いていないため、保存した動画ファイルを再生する際は別のプレイヤーアプリを使用する必要があります。

「TubeMate YouTube Downloder」はyoutube動画のダウンロード専用アプリです。

このアプリは動画の保存以外に、youtube専用のブラウザアプリとしても利用できます。

このアプリはyoutube以外のサイトには対応していませんが、頻繁にyoutubeを利用する人に一番おすすめのアプリです。

「ADV・ダウンロード・動画をダウンロード・動画ダウンロード」はyoutube以外の動画サイトに対応するダウンロード用のアプリです。

このアプリには検索機能が付いていて、キーワードを入力すると動画リンクが表示されるので、リンクをタップするだけで簡単に動画ファイルを保存することができます。

Google Playにはストリーミング動画を保存するためのアプリが数多く公開されています。「動画」「ダウンロード」「mp4」などのキーワードで検索すると、動画ファイルの保存ができるアプリを見つけることができます。

動画ファイルのサイズが大きいので、本体内のストレージで保管するとすぐに容量不足になってしまいます。

保存した動画ファイルは、ファイル管理アプリを利用してSDカードなどに移動しておくようにしましょう。

android端末で動画編集を行う方法とおすすめアプリの紹介

5568db90d01519b810932d3df7f2d755_s

昔と違い、スマートフォンやタブレット端末でも手軽に動画を編集することができるようになりました。

android端末用のアプリの中にはカットや接続などの簡単な操作から、高度な編集作業ができるようなものまで多くの動画編集アプリが無料で公開されています。

動画を編集するためのアプリをインストールすれば、携帯端末でも本格的な動画を作成することができます。

動画を編集する際は画面が大きくてマウスやキーボード入力ができるパソコンの方が楽に作業ができますが、スマートフォンやタブレット端末を利用すれば移動中や外出時にも手軽にオリジナルの動画を作成することができます。

android端末で作成したオリジナル動画を動画投稿サイトに投稿することもできます。

アプリをダウンロードしよう

android端末を利用して動画を編集するためには動画編集アプリが必須ですが、動画のファイル形式を変換するアプリやファイル管理用のアプリもインストールしておくと便利です。

動画ファイルの形式は撮影機材によって異なるので、場合によっては編集する際にアプリで利用できるファイル形式に変換する必要があるからです。

動画を編集するための準備として、編集元の動画ファイルをインストールした動画編集アプリに対応する形式に変換する必要があります。

編集元の動画ファイルがアプリに対応していれば、そのまま作業を開始することができます。

編集の手順

編集作業の方法ですが、最初に動画編集アプリを起動して編集元の動画ファイルを選択します。

ファイルを選択すると編集画面が表示され、動画再生用のプレイヤーのように動画の再生や一時停止ボタンなどが表示されます。

動画を表示する画面の下に、画像クリップが表示されます。作業を行う部分までクリップを移動してからクリップ内の線(縦棒)を指で移動して、範囲設定やカットやペーストなどの作業を行います。

アプリによっては動画の中に文字やイラストを入力したりボカシやモザイクをかける機能が付いているものがあります。

加工を施す際は、その場面までクリップを移動してから操作を行います。音声を付ける機能がある場合には、音声ファイルを読み込ませて動画ファイルに組み込むことができます。

基本的な操作は共通で、パソコンで動画を編集するのと同じ感覚で作業ができるようになっています。

動画を編集する際は多くのメモリを消費するため、作業の途中でアプリがフリーズしてしまう場合があります。

時間のかかる作業を行う際は、途中でこまめに保存するようにすると安心です。最後に完成したファイルを保存すれば終了です。

保存した動画ファイルは動画投稿サイトにアップしたり、SDカードにコピーして他のメディアで保管することができます。

動画ファイルは大きいので、なるべくSDカードや外部メディアに保管するようにしましょう。

おすすめのアプリ

動画編集アプリで一番のおすすめは「KineMaster」です。

携帯端末でプロ並みの編集作業ができるほど機能が充実しており、初心者でも簡単に操作できるようになっています。

「KineMaster」ではFPSが最高30までで、テレビ放送と同じレベルの動画を編集できます。

シンプルな操作で手軽に動画を編集したい人には「VivaVideo」がおすすめです。

このアプリを利用すれば写真を繋ぎ合わせた動画や、動画の中に別の動画を配置するPicture in Picture操作が簡単にできます。

自分で撮影した動画に音楽などを組み合わせて、プロモーションビデオ風の動画を作成したい人には「FrameBlast」がおすすめです。動画に音楽を組み込むだけであれば、一発で自動生成することができます。

多くの機能が付いた有料の動画編集アプリもありますが、無料のアプリでも高度な編集作業ができます。

いかがでしたでしょうか。

スマートフォンを使えば、動画の保存や編集は自由自在です。

慣れればダウンロードすることも編集することも非常に簡単にできてしまいます。

とても便利な機能ですし、皆さんも是非使ってみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です