Androidの不要なアプリを削除する方法

LINEで送る
Pocket

Androidアプリにはたくさんの便利な、楽しいアプリがあります。いろいろなものをダウンロード、インストールして実際に使ってみて「やっぱり必要ない」というものもあることでしょう。

それぞれのアプリはAndoroidスマートフォンのメモリ容量を使いますので、たくさんのアプリが入っていると、スマートフォンの動作が遅くなったり、新しいアプリをインストールできなくなってしまうということがあります。

そのような状況になる前に、スマートフォン端末のメモリの残容量などを確認して、必要があれば不要なAndoroidアプリを削除(アンインストール)する。ということが必要となります。通常は個別のアンインストールという方法を使って削除を行いますが、中にはアンインストールできないものもありますので、次に紹介する削除の操作を行ってみてください。

スポンサーリンク

Androidの不要なアプリを削除する

1.個別にアンインストール

通常のアプリの削除方法です。ホーム画面から「設定」→「アプリ」と進むと、ダウンロードしたアプリの一覧が表示されますので、いらないアプリをタッチします。アプリ情報が表示されたら、「アンインストール」ボタンをタッチすることで、その端末からアプリを削除することができます。

8_apri1

2.アンインストールできないアプリの無効化

国内で販売されているAndroidスマートフォンやタブレットにはプレインストールと呼ばれる端末専用アプリが入っていることが多いです。不要なものは「削除したい」と思うのですが、残念ながら上記の手順でアプリ情報を見てもアンインストールボタンが表示されません。要は”削除できない”ということですね。

そのような場合には「無効化」することをお勧めします。

1.と同じ手順でアプリ情報を開くと、アンインストールボタンの代わりに「無効にする」というボタンがあるはずです。これをタッチすることによって、使わない不要なアプリの起動を無効にすることができ、メモリの節約にもつながるのです。

8_apri2

使いたいときには上記と同じ手順で画面を表示し、「有効にする」をタッチすることで元の状態に戻すこともできます。

ただし、中にはスマートフォンを動かす上で必要不可欠な重要なアプリも存在しますので、もし「アンインストール」ボタンも「無効にする」ボタンも見つからない場合は、そのままにしておく必要があります。

8_apri3

3.まとめて削除するアプリを活用する

いつの間にかたくさんのアプリがインストールされていて個別で削除するには手間がかかる。といった場合には、不要アプリをまとめて削除してくれるアプリを使ってみるのもよいのではないでしょうか。

操作方法はアプリごとに異なりますが、基本的には不要なアプリを複数選択して削除の指示をするだけで簡単にアンインストールができます。この時、プリインストールされているアプリは表示されていませんので、無効化については別途操作が必要となります。

Androidの不要アプリを削除する方法のまとめ

いかがでしょうか。長く使えば使うほど、自分なりのAndroidスマホ・タブレットができてくることと思いますが、その分、不要になってしまったアプリやデータなどもあることでしょう。アイコンを消せば、見えなくなるから大丈夫。ではありません。アプリ=ソフトウェアですから、起動するためだけのアイコンを削除したとしてもアプリに関する情報やデータはそのまま端末本体に残されたままです。

より使いやすいもの、必要なものを選び、メモリの節約をすることはとても重要です。
ただし、有料のアプリをアンインストールしてしまった場合、再インストール時には再び料金が発生してしまいますので、アンインストールする前には、どれを削除するのか。本当に削除してよいのか。をしっかりを確認してから行ってください。

上記の操作をぜひ実行して、正しいアプリの仕組みを理解し、たくさんのアプリを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です