Home / Google / Android / Androidの不要なアプリを削除する方法

Androidの不要なアプリを削除する方法

Pocket

不要になったAndroidアプリを放置しておくと、容量やバッテリー・メモリの消費に繋がる可能性があります。アプリは便利なものですが、使わないAndroidアプリは適切に処理することが大切です。

本記事では不要になったAndroidアプリの処理方法である「削除」「無効化」「非表示」の違いとそれぞれの方法についてご紹介していきます。使わないAndroidアプリが多くなってきた方は、本記事を参考に一度アプリを整理してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Androidアプリの「削除」「無効化」「非表示」の違い

不要になったAndroidアプリについては、「削除」「無効化」「非表示」のいずれかの方法で処理することが大切です。各方法の違いについて具体的にみていきましょう。

Androidアプリの「削除」とは


Androidアプリの削除とは、Androidからアプリをアンインストールすることです。アプリ内のデータも全て削除することになりますので、再利用する場合は再度GooglePlayストアからインストールすることになります。

アプリ内でサーバー連携をしてデータを保存している場合などを除き、アプリを削除するとそれまでのデータを復旧させることはできなくなりますので注意しましょう。

基本的にAndroidアプリが不要になった場合には、この削除(アンインストール)の手続きをとります。

Androidアプリの「無効化」とは

Androidアプリの「無効化」とは、「プリインストールされているアプリを休眠状態にすること」です。

アプリは通常GooglePlayストアからインストールしてきますが、購入時に最初からインストールされているアプリ(プリインストールされているアプリ)があります。これらは削除することができないため、無効化の手続きをとります。アプリを無効化することで次のような変化があります。

  • ホーム画面からアプリが消える
  • アプリ一覧(ドロワー)からアプリが消える
  • バックグラウンドでのアプリの動作が停止する
  • 結果としてメモリ使用量が減る

また、Androidのシステムと密接に関連しているプリインストールアプリを無効化してしまった場合は、動作が不安定になるなどトラブルの原因となりますので、無効化する場合には注意するようにしましょう。

無効化の場合はデータはAndroid内に保存されたままですので、有効化の手続きをとればすぐに利用を再開することができます。

Androidアプリの「非表示」とは

Androidアプリの「非表示」とは、「アプリのデータを残したまま見えなくすること」です。データはそのままで、バックグラウンドでの操作も停止せず、アプリのアイコンのみホーム画面やドロワーから見えないようになります。

第三者に見られたくないアプリなどがある場合には、非表示の対応をすると良いでしょう。

Androidの不要なアプリを「削除」する方法

1.個別にアンインストール

8_apri1

Androidアプリを個別に削除する方法は下記の通りです。

  • ホーム画面から「設定」を選択
  • 「アプリ」を選択
  • ダウンロードしたアプリの一覧が表示される
  • 削除するアプリをタップ
  • 「アンインストール」を選択

上記手順を実行することで、Android端末からアプリを削除(アンインストール)することができます。

2.一括削除するアプリを活用する

削除したいアプリが数多くある場合には、一括削除ができるアプリを利用することがオススメです。オススメの一括削除アプリは「超便利アンインストール」です。

操作方法は非常に簡単で下記の手順で一括削除を行うことができます。

  • アプリを開く
  • 削除可能なアプリの一覧が表示される
  • 削除したいアプリにチェックを入れる
  • アプリ下部の「削除」を選択
  • 個別に削除確認のポップアップが表示され流ので「OK」を選択

上記手順で簡単にアプリを削除することができます。削除対象アプリが多い場合にはアプリを利用すると良いでしょう。

「超便利アンインストール」のインストールはこちら

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Google Pixel3 XLの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

2018年11月1日に発売され …

Facebookでのご購読が便利です