Home / 地デジ / 8Kの時代はいつ来る?8K映像の凄さと4K映像との違い

8Kの時代はいつ来る?8K映像の凄さと4K映像との違い

Pocket

現在は地上波として放送されているフルハイビジョン映像の規格が主流になっていますが、4Kはその4倍の画質を誇る上位規格として話題を呼んでいます。しかし、それを上回る画質である8Kという映像規格が存在するのをご存知でしょうか?

これは、4Kのさらに4倍の高画質を誇っており、次世代の映像規格として認知されつつあるようです。ここでは、そんな次世代の映像規格である4Kと8Kの違いや、その凄さについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

4Kと8Kの違いとは?

8k
出典:8Kテレビとは何か|8Kテレビについての知識を詳しく紹介する
2つとも次世代映像規格として現在の最高級画質となっています。しかし、単純に2つの規格を比較しても8Kは4Kの4倍も繊細な画質です。加えて1秒間あたりのフレーム数(フレームレート)においても、ハイビジョンでは60枚だったのが、8Kでは倍の120枚となっているため、非常に滑らかな動きを実現しています。

画質の点では8Kの方が4Kよりも優れていますが、その分映像のデータ量も跳ね上がるので、実用の可能性としては4Kの方が早く実現できるでしょう。

実用の目途は?課題となっている大容量データ転送技術

実用段階における4K・8Kの課題は、映像の鮮明さを実現するためのデータ転送技術です。4Kに関しては、標準的な映像規格として浸透しつつあるため、放送網としての実用化は2014年6月からCSでの試験放送が始まっています。実用放送については2018年から予定されており、2020年の東京オリンピックに間に合わせるように計画されているようです。

しかし、大容量のデータを転送するケーブルについては課題が残っており、一秒間あたりの描画数が30枚であれば問題ないですが、4K・8Kの標準である60枚/秒に関しては標準化がまだできていません。また、Blue-rayなどのメディア規格に関しても、4K以上の映像規格にはまだ対応できない状況で、実用放送が始まる前までにこちらも標準化が急がれています。

8Kの画質を非圧縮状態で記録した場合には、なんと12G/s(DVDディスクが0.3秒でいっぱいになるデータ量)となるため、この膨大なデータ量をいかにして圧縮するかが課題です。現在では、なるべく画質を落とさないようにしながら圧縮する技術が開発されており、一秒当たり100Mbps程度までは圧縮可能であるという目途が立っています。それでも地デジのおよそ4倍に当たるデータ量であり、大容量を必要とすることに変わりありません。

4K・8Kのような映像規格が発展してきた背景

vol04_fig004
出典:NTT Home Page > 研究開発 > 注目のキーワード! > vol.4 「H.265/HEVC」

最近の液晶パネルの安定供給化によって、大画面のテレビが安価で手に入りやすくなったことが挙げられます。これにより、より鮮明な映像規格でないとせっかくの大画面での視聴が楽しめない(画面が大きくなると、細かい点が粗くなってしまう)ため、4Kや8Kといった映像規格への期待が高まったというわけです。

地上波放送でも従来のアナログ放送と比べて飛躍的に綺麗になったものの、画面が大きくなればなるほど映像の粗さが目立つようになってしまいます。2017年現在においては、一部のケーブルテレビやBS・CSなどで4K・8K規格の放送が試験的に行われていますが、その鮮明さは大きな画面ほど際立ってくるでしょう。

50インチ以上の大画面テレビの需要が高まる

大画面で映像を楽しむならば、より鮮明な画質が求められてきます。家電市場では、大画面テレビの値下がりによって、一般家庭でも手が届く価格帯にまでなりました。現在でも年々需要が高まっており、50インチ以上の大画面テレビの普及率は20%に迫ろうとしています。

東京オリンピックの開催年である2020年には50%に達するという見込みもあり、今後大画面テレビの普及増加に伴い、4K以上の高画質映像規格が求められてくるのは必然ともいえるでしょう。一台当たりの価格も高めなので、出荷総数における金額ベースでの割合は、メーカー全体で約半分を占める勢いになっています。

高画質コンテンツの普及状況

nccj_20161115_02
出典:8K技術を医療応用する国家プロジェクトが始動 | MEDTEC Japan
媒体となるテレビについては、4K・8Kへの対応ができていますが、肝心の映像コンテンツは十分とは言えない状況です。放送ではBSやCSが試験的に行っている段階ですが、オンデマンドなどでのコンテンツも徐々に増えてきているものの、まだ数としては多くありません。

そんな状況ですので、より鮮明な8Kの映像コンテンツは数も少なく、まだ映画やドラマなどの本格的な動画は公開されていません。システム自体も現段階では不安定な状態なので、2018年に始まる実用放送に向けて対応が急がれる状況です。

医療現場で実用化されている8K映像

医療現場においては、既に8Kの映像としてみることができる内視鏡が開発されています。画像がより鮮明になったことで、患部の細部に至る部分を細かく診ることが出来るのが最大の特徴です。しかし課題になっている点も多く、鼻から入れることができない、ケーブルが硬性であるために胃の中での細かく操作することは、現状ではまだ難しくなっています。

他にも遠隔病理診断といい、8Kのような超高画質の画像を介することにより、直接患部を見なくても診察が可能です。これにより、たとえば癌などの診断や手術中の様子を細部にわたって記録することが出来るようになりました。病理診断が出来る医師が遠隔地にいる場合などには、直に画像を通しての診察も可能になるほどの鮮明さなので、医療分野においても8K技術の導入は、さらなる医療技術の向上に役立つものとして期待されています。

今後、さらなる発展を重ねてより使いやすいように進化していくことが期待されており、医療以外の他の分野においても、8Kの技術が活用されていくことに注目が集まっているようです。

解像度だけじゃない8Kの凄さとは

pana-nhk8k_07-470x277
出典:8Kでリオ五輪!“スーパーハイビジョン試験放送”が全国でスタート【初日視聴レポート】 – DIGIMONO!(デジモノ!)

2016年のリオオリンピックの際には、パブリックビューイングにて4K・8K画質での試験放送が行われました。2018年の実用開始と、2020年の東京オリンピックまでの普及を目指しており、より高画質での観戦に対しての魅力を発信していっている段階です。4K・8Kに対応したテレビはまだまだ高価ですが、直接観に行くことができなくても、あたかもその場にいるかのような臨場感を味わえるなら、安い買い物かもしれませんね。

まずはその凄さを味わってみましょう

NHK技術研究所では、8Kの画質で編集した動画を公開しています。動画投稿サイトでも、一部の動画を視聴することができますが、画質が落ちてしまっているため本物の鮮明さは伝わりにくくなっているかもしれません。しかし、粗くなっている部分との差異がはっきりと伝わってくるので、その凄さをうかがい知ることができるでしょう。

画質だけでなく、音響効果もすごいもので、現在標準になっている5.1chサラウンドの4倍以上の22.2chというマルチチャンネル音響を実現しています。現在でも実用化に向けて日々研究が進められており、驚きの映像を家庭で楽しめるようになる日もそう遠くはないでしょう。

オリンピックは超高画質のテレビで楽しもう

2016年のリオオリンピックの際には、パブリックビューイングにて4K・8K画質での試験放送が行われました。2018年の実用開始と、2020年の東京オリンピックまでの普及を目指しており、より高画質での観戦に対しての魅力を発信していっている段階です。

4K・8Kに対応したテレビはまだまだ高価ですが、直接観に行くことができなくても、あたかもその場にいるかのような臨場感を味わえるなら、安い買い物かもしれませんね。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

14b808f7a2fa97680f8fdce5f63b0c17_s

8Kテレビはいつ発売されるのか?8Kテレビを視聴するために必要なもの

超高画質な映像と音声を楽しめる …

Facebookでのご購読が便利です