Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / 4GとLTEは何が違うの?名前はよく聞く通信規格の違いとは

4GとLTEは何が違うの?名前はよく聞く通信規格の違いとは

Pocket

普段、なんとなく使っている「4G」や「LTE」、「3G」の意味や特徴、違いはご存知ですか。現在、5Gについてのニュースも多くなってきており、4GやLTE、3Gなどの特徴がわかっていれば、5Gの魅力を明確に把握でき、より凄さを感じることができます。

ここでは、4GやLTE、3Gなどの通信規格の特徴や違い、そして、データ通信量や料金を確認・節約できるおすすめアプリについて紹介しています。

この記事をご覧いただくことで、4Gなどの通信規格の基本的なことを把握ができますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

今までの通信規格の歴史

今でこそ、「3G」や「4G」「LTE」、そして「5G」などの言葉が広く普及し、多くの人がなんとなくでも意味がわかるようになってきていますが、このような状況になったのはここ数年の話です。

スマホが登場する遥か前の2000年以前の通信規格はアナログの1Gでした。そして、メールやネットにも対応したデジタル方式の2Gが普及し、2000年以降に2Gを高速化した3Gが登場します。

そして、LTEが登場したのは2010年以降です。このように、3Gや4G、LTEが登場したのは、まだ最近のことであり、それほど古い歴史があるわけではないのです。

通信規格「4G」とは

現在、スマホの通信規格の主流である「4G」とは、どのような特徴を持つのでしょうか。また、以前まで主流として使用されていた「3G」とは、どんな違いがあるのでしょうか。ここでは、4Gの特徴や3Gとの違いについて紹介しています。

4Gとは

移動通信の規格は「G(Generation)」で表されており、4Gとは「第4世代」のことを意味します。auやソフトバンク、ドコモが4G回線を提供していて、各キャリアの4G回線には名前が付けられています。

auの「au 4G LTE」やソフトバンクの「Softbank 4G LTE」、ドコモの「Xi」などがそうです。現在使用されている移動通信規格の主流となっています。

3Gとどう違うの?

3Gとは第3世代の通信規格であり、4Gと3Gの1番の違いは「通信速度」です。3Gが数Mbps〜14Mbps程度の通信速度なのに対して、4Gは75Mbps〜100Mbpsであり、3Gと比べると圧倒的に速度が速くなります。

そのため、Webサイトの表示や動画の読み込み速度が速くなりスムーズに表示できるようになったり、画像のアップロードなどもスピーディーにおこなうことが可能です。

ただし、通信速度が速くなり便利になる一方で、毎月の通信料金は3Gより高く、月に7GBを超えると速度制限がかかるなどの制約もあります。また、3Gよりも電波が届くエリアが狭く、電波が障害物に弱いというデメリットもあります。

LTEとは?4Gとどう違うのか

3Gと4Gは通信速度などの違いがありますが、LTEと4Gは一体何が違うのでしょうか。ここでは、LTEの特徴や4Gとの違いについて見ていきましょう。

LTEとは

LTEとは「Long Term Evolution(長期的進化)」の略です。元々は、3Gから4Gへ移る際の橋渡し的な位置づけである「3.9G」とされていました。そのため、3Gよりも通信速度が速いなど、4Gに似た特徴を持つ通信規格として、広く普及しています。

しかし、現在では、国際電気通信連合がLTEを4Gと認めたことから、現在では「LTE=4G」として取り扱われ、広く認識されています。そのため、厳密にはLTEと4Gは異なりますが、同じものとして考えておいて問題はありませんし、日常生活で困ることもありません。

LTEの特徴

LTEの特徴は、4Gとほとんど変わりません。通信速度が3Gよりも速いですが、電波が届くエリアは3Gよりも狭く、電波が障害物に弱いです。また、3Gは音声通話とパケット通信等ができますが、LTEは基本的にパケット通信のみとなります(現在はVoLTE等)。

LTEの電波は障害物に弱いため、建物の中など電波が入りにくい場合は、3Gに接続されるようになっています。

次ページ:5Gの整備も進んでいる

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Googleのウイルスに惑わされるな!ウイルス警告の特徴と対処法3つ

GoogleChromeブラウ …

Facebookでのご購読が便利です