Home / Windows / 「WindowsLiveMailからWindows10メールアプリにデータを移行する設定方法」

「WindowsLiveMailからWindows10メールアプリにデータを移行する設定方法」

Pocket

win76-1

Windows10には、WindowsLiveMailが付属しません。そして、WindowsLiveMailのシステム要件にWindows10は記載されていませんし、今後追加される可能性も低いと考えられます。

Windows10にはストアアプリ(?)のメールアプリ(以下Windows10メールアプリ)が付属しています。このWindows10メールアプリは、いわゆるデスクトップアプリと少し動きが違っています。とはいっても、Microsoftは、今後すべてのデバイスで利用できるストアアプリにメールを一本化したいように見えますので、避けては通れません。

WindowsLiveMailからWindows10メールアプリにデータを移行する設定方法を確認しながら、Windows10メールアプリの特徴を確認します。

スポンサーリンク

1.Windows10メールアプリ

さて、本来はWindowsLiveMailの後継アプリとなる「Windows10メールアプリ」ですが、かなり様子が違います。それもそのはず、「Windows10メールアプリ」は単独で利用するアプリではないのです。「Windows10メールアプリ」は一種のブラウザといってもいいのです。実体はインターネット上の「Outlook.com」にあります。Outlook.comにまとめたメールアカウントのデータをクライアントにダウンロードして、そのデータを表示するためのブラウザが「Windows10メールアプリ」と言えます。

メールのフォルダ操作を試してみるとよくわかります。「Windows10メールアプリ」ではフォルダを作成して移動するような操作はできません。フォルダ操作はOutlook.comで操作するのです。Outlook.comでフォルダ操作をすればWindows10メールアプリに反映されます。

つまり、WindowsLiveMailからWindows10メールアプリにデータを移行するとは、WindowsLiveMailからOutlook.comにデータを移行して、Windows10メールアプリでアカウントと同期の設定をするということになります。Windowsのサインアカウントに対応したOutlook.comアカウントがなければ作成して進みます。

2.Outlook.comへのアップロード

まずはOutlook.comへWindowsLiveMailの設定とデータをアップロードします。WindowsLiveMail からOutlook.comへのアップロードには、IEのアドオン「Mail Migration」を利用します。データを移行したいWindowsLiveMailが稼働しているクライアントのIEで、以下のサイトを表示します。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/outlook/import-desktop-app

「メールと連絡先をインポートする」に書かれている「Mail Migrationアドオンをインストール」をクリックします。

win76-3

表示に従ってインストールします。

win76-4

アドオンのインストールが終わると、インポートするデータ選択画面が表示されます。ここで、「インポート」ボタンをクリックすると、表示されているすべてのデータをインポートします。確認の意味も含めて「何をインポートするか選択する」をクリックして進めます。

win76-5

「このPC上のメールアプリとアカウント」ページが表示されますので、必要な項目にチェックを入れます。今回は「Windows Liveメール」のすべてのアカウントと「これらの・・・メールの送受信ができるようにします」にチェックを入れて「インポート」ボタンをクリックします。

win76-6

データ量によっては、アップロードにしばらく時間がかかります。

win76-7

「インポートが完了しました」と表示されたらOutlook.comへのアップロードは終了です。

win76-8

「受信トレイを開く」ボタンをクリックして、データがアップロードできているかと、各アカウントで自分宛てのメールを送信して、メールが送受信できるかを確認して終了です。

win76-9

3.Windows10メールアプリの設定

上でデータを移行したOutlook.comのアカウントとWindows10メールアプリのアカウントの同期設定を行います。Windows10メールアプリを起動します。「アカウント」画面で、データを移行したOutlook.comのアカウントを追加します。Windowsのログイン名とOutlook.comのアカウント名が同じならそのまま「開始」ボタンをクリックします。

win76-10

Windows10メールアプリを起動すると、Outlook.comのメールアドレス画面が表示されます。左のバーにあるフォルダのアイコンをクリックすると、すべてのフォルダが表示されます。ここに、「Windows Liveメール」が追加されていることを確認します。

win76-11

追加されていない場合は、「設定」から「アカウントの管理」を選択して、Outlook.comで設定したアカウントを選択して、「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします。

win76-12

「Outlookの同期設定」ウィンドウで「・・・ダウンロードする頻度」と「ダウンロードするメールの頻度」と「同期オプション」を適正に設定して「完了」ボタンをクリックします。

win76-13

「Outlookアカウントの設定」画面に戻ったら「保存」ボタンをクリックします。どうやらMicrosoftは、AppleやGoogleのように、ユーザーの囲い込みを狙っているようです。つまり、すべてのメールアカウントをOutlook.comに集約して、Windowsが動いているすべてのデバイスで同じOutlook.comのデータにアクセスできるようにしたがっているようです。

職場でも自宅でもWindowsパソコンでもWindowsタブレットでもWindowsスマートフォンでも同じ環境を提供することで囲い込みたいようです。Microsoftにメールのすべてをゆだねるか、今までのようにデスクトップメールアプリを使うかは悩ましいところですが、Outlook.comの設定だけは済ませておいたほうがよさそうです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

e23cddedba00c063db7feb19728aee7e_t

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

意外と知られていないテザリング …

Facebookでのご購読が便利です