Home / Microsoft / Windows / Windowsの高速化を実現する手順

Windowsの高速化を実現する手順

スピード重視の使い方を考えます。これらの方法はどんなマシンでも設定できますが、スピードの遅いマシンほど速さが実感できます。

まずはwindowsの視覚効果を停止します。Excel2010などのにゅるにゅるしたアニメーションもこれで停止されて、きびきび動くようになります。もちろん見た目だけではなくて、マシンへの負担が減ってスピードがアップします。

コントロールパネルの「windowsのデザインとパフォーマンスの調整」を開きます。コントロールパネルの検索窓で「スピード」とかを検索すると表示されます。

win7-2

「パフォーマンスオプション」ウィンドウで「視覚効果」タブを選択して、「パフォーマンスを優先する」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

win7-3

以上です。簡単ですが、効果があります。

次に、スタートアップにたまった不要な常駐アプリを停止します。windowsキーを押しながら「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」の名前欄に「msconfig」を入力して「OK」ボタンをクリックします。

win7-4

「システム構成」ウィンドウの「スタートアップ」タブをクリックします。Windows7だとここでスタートアップに登録されたアプリケーションが一覧できます。Windows10などでは「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

win7-5

「タスクマネージャー」の「スタートアップタブ」にスタートアップのアプリケーションが表示されます。

win7-6

これらからスタートアップに不要なアプリケーションを無効化します。

Windowsでは本来のハードウェア性能を発揮できていない場合が少なくありません。そんな場合は、上記の方法を試してみて、ハードウェアの性能を十分に引き出してやることでスピードアップが図られる場合があります。

これらの方法を試してみて、なおかつ遅いのであれば、メモリーを追加したり、HDDをSSDに乗せ換えたり、高速なメモリーカードをRedyBoost用にしたり、本体を買い替えたりといったハードウェアへの投資が必要になります。

1 2

Check Also

Windowsのフォントを確認する方法と追加する方法

Windowsのフォントを確認する方法と追加する方法

Windowsパソコンの初期状 …