Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / スターバックスで無料Wi-fiを使用するための設定方法

スターバックスで無料Wi-fiを使用するための設定方法

作成したアカウントを利用して、スターバックの店舗にてインターネットに接続します。スマートフォンやパソコンで、SSID「at_STARBUCKS_Wi2」の無線LANに接続します。
※当然ですが、スターバックス店舗内、ないしすぐ近くに居て電波が届く必要があります

 

pc_wifi
Screenmemo_2015-08-30-22-19-21

SSIDへ接続しても、まだインターネットは使用可能にはなりません。以下のログインの手順が必要になります。

スターバックスの無料Wi-fiのSSIDへ接続してからブラウザを起動します。すると、自動的にログイン画面が表示されますので、先ほど登録を行ったログインID(メールアドレス)とパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

これでインターネット接続が完了します。非常に簡単ですね。
出張先、旅行先でスターバックスの無料Wi-fiを活用して充実した時間を過ごしていただければと思います。

[参考]
パスワードを忘れてしまった場合には、以下のURLからパスワードの再発行ができます。
パスワードがわからない状態では、スターバックスの無料Wi-fiに接続できませんので、
別途インターネットに接続できる環境が必要です。

https://service.wi2.ne.jp/wi2net/SbjPwc/2/?locale=jp

 

最後に、注意点・・・

無料のスタバのWi-fiは非常に便利な反面、無料Wi-fiならではの「リスク」が存在することを言及したいと思います。

スタバの無料Wi-fiには、通信情報の暗号化によるセキュリティ対策がされていません。
ですので、悪意を持った第三者がその通信を傍受して、情報を取得することが可能となってしまっています。

もし、そのような状態でネットショッピングをしてカード情報を入力したり、SNSアカウントのログインなどを行った場合、それらの個人情報、パスワードなどが筒抜けになるわけです。
ですので、スタバの無料Wi-fiを使用する際には、機密性の求められる情報の送受信は絶対にせず、せいぜいネットサーフィンをするにとどめたほうが無難でしょう。

また、これはスタバのWi-fiのみの話ではなく、ほかの喫茶店にある無料Wi-fi(ドトール、タリーズなど)でも同様です。

無料で便利な反面、そういった重大なセキュリティ上の問題もあるということを認識しながら使用いただければと思います。

1 2

Check Also

ITにおけるベンダーとは何?ベンダーの定義と代表的な企業

ITにおけるベンダーとは何?ベンダーの定義と代表的な企業

ベンダーとはどんな意味を持つか …