Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / webサービス / サイトの作り方って?初心者におすすめのサイト作成ツール5選

サイトの作り方って?初心者におすすめのサイト作成ツール5選

8e8e4dee4e1ddc76581d76524f551827_s

ホームページを作成する場合、主に4つの方法があり、それぞれで特徴が異なります。ホームページを作成する目的や自身の知識・スキルに適した方法で作成しましょう。

①CMSツール

CMSツールを使えば、初心者でも簡単にホームページの作成や管理ができるようになります。CMSツールはテンプレートに新規ページを追加することで作成できるため、ページが複数ある場合もテンプレートの修正だけでデザインを一気に変更することができます。

しかし、他の方法に比べると費用が高い傾向があります。

共通のデザインでいくつものページを作成したい場合におすすめです。また、ブログを中心としたホームページサイトを作りたい場合にもおすすめです。

②ホームページ作成ソフト

ホームページ作成ソフトは初心者〜上級者向け、無料・有料のものがあります。特に専門的な知識がなくてもホームページの作成が可能で、素材も豊富に揃っているため特別に何かを準備する必要がありません。作成から公開まで1つの作成ソフトで行うことができます。

しかし、搭載されている機能やデザインの中でしか作成できず、編集もできない場合があります。自由度が低い点がデメリットとして挙げられるでしょう。

③Web上のホームページ作成サービス

home_office

Web上のホームページ作成サービスを使って作成することもできます。「Wix」などが代表的で、特に専門的な知識やスキルがなくても簡単・スピーディーにホームページの作成が可能です。

テキストを入力したり、画像やパーツはドラッグ&ドロップをするだけで配置できます。多くが無料で利用できますが、広告表示されたり、サービスが終了した場合はサイトの継続が困難になるなどのデメリットもあります。

④テキストエディタ

テキストエディタを使ってソースを編集して作ることができます。4つの方法の中では最も専門スキル・知識が必要ですが、自由度が高く自分の思い通りに作成することが可能です。

HTMLやJavaScriptなど自分で記述するため構造の把握もでき、ソフトウェアの動作が軽い点が特徴的です。

プログラミングスキルがある方は自分で作るのが1番です。

3.おすすめホームページ作成ツール5選

作成方法を決定したら、次は作成ツールを決めましょう。

ここでは、初心者におすすめのホームページ作成用ツールをご紹介します。

①Bind

Bindはオンラインホームページ作成サービスで、特に専門知識がなくても簡単にホームページを作成することができます。業種や目的、イメージカラーなど7つの質問に答えるだけで、3種のデザインで提案してくれます。

テンプレートは200種類以上用意されており、カスタマイズも可能です。問い合わせフォームなども使えて、本格的なオンラインショップを作ることもできます。

ウェブサイトはこちら:http://www.digitalstage.jp/bind/

②グーペ

グーペを使えば、初心者でもスピーディーにセンスの良いホームページを作ることができます。デザインが豊富で好きなものを選ぶだけであとは簡単に作ることができます。

ネットショップの開設やスマホ・タブレット対応、予約機能、オリジナルクーポン作成、SEO対策、地図作成などの機能も付いており、お店用のホームページを作りたい人におすすめです。

ウェブサイトはこちら:https://goope.jp/

③Wix


Wixを使えば、高機能なホームページを思い通りに作ることができます。テンプレートが500種類以上用意されていて、ドラッグ&ドロップで簡単に編集ができます。

ネットショップやお問い合わせフォーム、予約機能、地図作成、音楽配信など200以上の機能の中から必要な機能を自由に追加することが可能です。まったくの初心者でも手順通り進めていくだけで、ホームページを作成することができます。

ウェブサイトはこちら:https://ja.wix.com/

④Photoshop Express Editor

Photoshop Express EditorはAdobeが提供している、ブラウザから使える画像加工サイトのことです。

日本語表記はありませんが、無料で使えて自動補正や赤目補正、ハイライト、シャープ、ソフトフォーカス、ゆがみ、ホワイトバランスなど、他にも多くの加工・編集ができます。プロが作ったような画像を短時間で作ることができるツールです。

ウェブサイトはこちら:https://www.photoshop.com/tools

⑤Color scheme designer

Color scheme designerはホームページの配色を決める手助けをしてくれます。メインカラーと配色パターンを決めればカラーチャートができます。

明度やコントラストの調整ができ、どのような配色のサイトになるかサンプルで確認することも可能です。サイトをどういった配色にするかは非常に大事なポイントなので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

ウェブサイトはこちら:http://colorschemedesigner.com/csd-3.5/

まとめ

これまではホームページを作るのにプログラミングスキルなどが必要でしたが、今では専門知識がない人でも簡単にホームページを作れる作成用ツールがあります。

そのため、初心者の方でも短時間でセンスの良いホームページを作ることができ、ネットショップを始めることも可能です。

気軽にホームページを作成することができるので、ホームページが欲しいと思ったらすぐに行動に移してみてはいかがでしょうか。

1 2

Check Also

Googleドライブを使いこなそう!おすすめの使い方11選

Googleドライブを使ったこ …