Home / Apple / Mac / MacのディスクユーティリティでDVDをコピーする方法

MacのディスクユーティリティでDVDをコピーする方法

DVDコピーのために作成したイメージファイルからDVDディスクを作成するには、「ディスクユーティリティ」は使いません。

Finderを使います。操作はいたって簡単です。

DVDディスクを作成するイメージファイルを選択しておいて、右クリック(コンテキストメニュー)して、「ディスクイメージ”イメージファイルの名称”をディスクに書き込む」を選択します。

05

DVDドライブにメディアがセットされていなければ、次のように表示され書き込み用のディスクがセットされるのを待ちます。

06

書き込み用ディスクを認識したら、「ディスクを作成」ボタンをクリックします。

07
08

あとは、出来上がるのを待つだけです。難しい知識は何もいりません。

ディスクユーティリティの様々な機能

ディスクユーティリティ」でDVD/CDドライブを利用するための便利な機能を幾つか紹介します。

DVD+RWディスクを初期化してみる

このRWとは、Rewritable:書き換え可能を意味しており、何度でも書き換え可能なDVDディスクです。

「ディスクユーティリティ」では使用済みDVD+RWディスクの記録データを消去し、ディスクを初期状態にすることができます。

使用済みのDVD+RWディスクをドライブ装置にセットすると、デスクトップにDVDディスクのアイコンが表示されます。(ビデオDVDの場合は、DVDプレーヤーが起動しますので終了させてください。)

DVDディスクアイコンを右リックすると、「書き換え可能ディスク”**********”を消去」というメニューが表示されますので、選択して実行します。

これで未使用の状態にデータが書き換えられます。

ISOファイルからDVDディスクを作成

インターネットからダウンロードした「.ISO」ファイルからDVDディスクを簡単に作成することができます。

DVDを焼けるドライブ装置が接続されていれば、「.ISO」ファイルを右クリックするだけで、コンテキストメニューから「ディスクイメージ”********.iso”をディスクに書き込む…」を選択することができます。

これをクリックすればDVDディスクに書き込まれます。

ISOファイルからのDVDディスク作成には、特段のアプリは不要です。

ファインダーからワンクリックで直接DVDに書き込むことができます。

ビデオDVDディスクの作成方法は

「ディスクユーティリティ」では、ビデオDVDをコピーすることはできるのですが、残念ながら新規に作成することはできません。

市販またはフリーのビデオDVD作成ツールを使う必要があります。

フリーソフトでは、「Burn」という大変使いやすいものがあります。

ダウンロードされる場合は、次の公式サイトからダウンロードできます。

公式サイトは英文ですが、インストールしたアプリのメニューは日本語で表示されます。

 

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

自分のMacがウイルスに感染していないかすぐに調べられるウイルスチェック方法

自分のMacがウイルスに感染していないかすぐに調べられるウイルスチェック方法

最近は、Macはウイルスに強い …

Facebookでのご購読が便利です。