Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / システム関連 / linux / LinuxOSの特徴とメリットデメリット

LinuxOSの特徴とメリットデメリット

LinuxOSはオープンソースなため、さまざまな仕様のものがあり、それぞれの最適化したマニュアルが存在しません。そのため、操作の手順を探しても実際と違ったりすることもあります。マニュアルが少ないことから、細かい操作方法が分からないことがあります。

3.対応しているハードウェアやアプリケーションが少ない

LinuxOSの場合は、WindowsOSのように対応しているハードウェアやアプリケーションは多くありません。Windowsなどのように、いつでも気軽にインストールして利用することができません。

4.Linuxのおすすめディストリビューション

ここでは、おすすめのLinuxディストリビューションを紹介します。

1.Ubuntu

Ubuntuは、Debian系のディストリビューションです。Linuxのメジャーなディストリビューションとして人気が高く、企業の支援を受け開発が行われています。独自ユーザーインターフェースとしてUnityを使っており、Ubuntu Japanese Teamの日本語Remix版もあるため、使いやすいです。

半年ごとにバージョンアップしていくため、常に最新の状態で利用できます。操作に慣れるまでに時間はかかりますが、Linuxディストリビューションのなかでも情報が多いため、分からない操作部分があっても、すぐに調べれます。

2.elementaryOS

elementaryOSは、まるでMacOSのような高速でデザイン性の高いディストリビューションです。普段からMacを使っている人も抵抗なく使えます。Debian系のディストリビューションで、Ubuntuベースのpanthonデスクトップの環境です。必要性の高いアプリだけを搭載しているため、サクサクと軽快な操作ができます。MacユーザーでLinuxに変更したい方におすすめです。

3.Linux mint

Linux mintは、Debian系のディストリビューションです。Ubuntu同様、人気の高いディストリビューションです。シンプルで安定性の高いMATEデスクトップや、高性能で先進的なCinnamonデスクトップ機能が使えます。

MicrosoftOfficeと似た、文書作成のWriterや、表計算ソフトのCalc、プレゼンテーションソフトのImpressなどのOfficeアプリケーションが使用できます。Linux初心者の方でも使いやすく、Windowsユーザーも利用しやすい人気ディストリビューションです。

4.ZorinOS

ZorinOSは、Debian系のディストリビューションでUbuntuベースです。Windows風のディストリビューションであり、日本語入力にも対応しています。MacユーザーにおすすめのディストリビューションはelementaryOSですが、WindowsユーザーにおすすめのディストリビューションはZorinOSです。

5.Antergos

Antergosは、ArchLinuxベースのディストリビューションです。ArchLinux自体は設定方法などが難しく初心者では使いづらい部分がありますが、AntergosはArchLinuxのなかでも使いやすいのが特徴です。日本語入力にも対応しています。

6.Korora

Kororaは、RedHat系ディストリビューションです。使い勝手を重要視していて、Google Chromeも最初から搭載されています。Flash Playerなどがリポジトリなしで使用できるのも特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「LinuxOSの特徴とメリットデメリット」について、紹介いたしました。WindowsOSやMacOSにはない特徴やメリットがLinuxOSにはあります。コマンド入力など操作性の難しさなどのデメリットもありますが、使っているうちにすぐに慣れます。WindowsOSやMacOSに飽きを感じている方は、Linuxに興味のある方は、ぜひ1度試してみてください!

1 2

Check Also

LinuxKernelって何?LinuxKernelの基礎知識と機能

LinuxKernelをご存知 …