Home / ネットワーク・IT / SNS / LINE / LINE@とLINE公式アカウントの違いとは?登録方法と機能8つ

LINE@とLINE公式アカウントの違いとは?登録方法と機能8つ

LINE@の機能8つ

LINE@ではどのようなことができるのでしょうか。ここでは、LINE@の主な8つの機能について見ていきましょう。

1.メッセージ配信

LINE@では、友だち登録をしてくれた人向けに一斉にメッセージを配信することができます。

メルマガのように、期間限定のお知らせなどを送ることができ、事前に配信予約をすることも可能です。

店舗であれば、たくさんのお客さんやファン向けに情報を配信できるため効率よくプロモーションができます。

2.タイムライン投稿

お知らせなどの情報を不特定多数のユーザー向けにタイムラインに流すことができます。

投稿した情報は、LINE@アカウントのホームに表示されるだけでなく、友だち登録をしてくれている人のタイムラインに表示されます。

3.トーク

LINE@はトーク機能も利用できます。1対1のトークができるため、友だち登録をしている人とコミュニケーションをとったり、問い合わせに対応することが可能です。

もちろん、LINEと同じ操作方法なので使い方も簡単です。

4.ショップカード

LINE上でポイントカードを作成・発行できるショップカード機能も搭載しています。紙のポイントカードではないため、お客さんも紛失リスクがなく、管理もしやすいため便利です。

5.アカウントページ作成

LINE@では、アカウントページ作成機能も利用できます。LINE内にホームページを作成でき、メニューや店舗の地図などの情報を掲載可能です。

6.クーポン配信

LINE@は、クーポン機能も搭載しています。作成したクーポンはメッセージで配信することもでき、クーポンの開封数や使用数も確認できます。

7.リサーチページ

商品やサービス内容の満足度調査などを目的に、アンケートを作成する機能も搭載しています。

アンケートに答えた人だけにクーポンを配信することもでき、さまざまな情報収集、新規顧客獲得が可能です。

8.通販機能

LINE@は通販機能も搭載しています。審査が必要ですが、初期費用・月額無料で利用できるため、店舗の売上向上が期待できます。

LINE@の登録の流れ

LINE@を始めるにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、アプリをダウンロードしてから登録するまでの手順について確認していきましょう。

登録方法

iPhoneでLINE@の登録をする方法は以下のとおりです。

  1. AppStoreでLINE@アプリをダウンロードします
  2. アプリを起動してログインします
  3. 「アカウントリスト」画面で「+」をタップしてアカウントを作成します
  4. 「プロフィール」画面で名前や業種、写真を登録します
  5. 「管理」の「プロフィール」からステータスメッセージを設定してIDを確認します(ステータスメッセージとは友だち一覧で表示されるコメントのことです)
  6. 「管理」の「アカウントページ」にて、メニュー/アイテムや写真、住所、地図、最寄駅、営業時間、定休日、URL、電話番号、経歴、アカウント紹介、求人情報など、必要な情報を入力します
  7. 「Preview」ボタンをタップしてアカウントページがどのように表示されるか確認します
  8. 「ホーム」で画像部分をタップして画像を設定します
  9. 「管理」から「ホーム設定」を選択して「いいね/コメントの受付」をオン(またはオフのまま)に設定します
  10. 「管理」から「応答モード」を選択して「1:1トークモード」をオン(またはオフのまま)に設定します

これにより、LINE@を登録して使用することが可能です(いいね/コメント、トークオン設定の場合)。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、LINE@サービスの内容や特徴、登録方法、LINE公式アカウントとの違いなどについて紹介いたしました。

LINE@はフリープランであれば月額0円で利用でき、顧客獲得や売上アップ効果が期待できます。興味のある方は是非始めてみてください!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

LINEの通知が遅い原因と対処方法

設定は正しいのに!LINEの通知が遅い・来ない時の対処法6選

LINEはいまや国民の大半が使 …

Facebookでのご購読が便利です。