Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / 格安SIMとは?格安SIMの基礎知識と格安になる理由

格安SIMとは?格安SIMの基礎知識と格安になる理由

「docomo.ne.jp」「softbank.ne.jp」「ezweb.ne.jp」など、大手キャリアを利用していた時は、キャリアメールが使えましたが、格安SIMを利用するとこれらのメールが使えません。

あくまでキャリアメールは、ドコモ、ソフトバンク、auの各社が提供していたサービスだからです。格安SIMを利用する場合は、キャリアメールが使えない代わりに、LINEなどのメッセージアプリのみを使うか、GmailやYahooMailを利用するようにしましょう。

4.月の利用料金が大幅に下がる

格安SIMを利用する1番のメリットが利用料金の安さです。大手キャリアを利用する場合は、どんなに割引プランがあっても月に5,000〜6,000円はかかってしまいます。格安SIMを利用すれば、大手キャリアの半額以下に抑えることも十分可能です。人気業者の楽天モバイルの音声通話もデータ通信もできる通話SIMの基本料金が下記のとおりです。

  1. ベーシックプラン 1,250円
  2. 3.1GBプラン 1,600円
  3. 5GBプラン  2,150円
  4. 10GBプラン 2,960円
  5. 20GBプラン 4,750円
  6. 30GBプラン 6,150円

20〜30GBプランを契約するとある程度の金額になりますが、5GBでも2,150円と非常に安いです。端末を購入する必要がなく、オプションなども不要の場合は、上記の基本料金と通話料金で済みます。楽天モバイルに限らず、他の業者でも同等に安い料金で利用できます。

5.電話番号はそのまま使える

格安SIMに移行すると電話番号が変わるのではないか?と不安に思う人も多いようですが、通話SIMの場合、MNPですので電話番号は変わりません。音声通話のできないデータSIMであれば電話番号がなかったり、050番号だったりしますが、通話SIMであれば今使っている電話番号をそのまま利用できます。

6.ネットワークエリアは広い

料金が安いからといってネットワークが使える範囲が狭い、ということはありません。多くの格安SIM業者がドコモ回線を使えます。Y!mobileはソフトバンク回線、UQモバイルはau回線です。それぞれの大手キャリアにネットワークを借りて使いますので、ネットワークエリアは非常に広いです。ただし、回線を借りているので、混み具合により通信速度が遅いことはあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「格安SIMって何?格安SIMの基礎知識と格安になる理由」について紹介いたしました。格安SIMを利用すれば、携帯料金を大幅に安く抑えることが可能です。決して安かろう悪かろうではありません。興味のある方は、ぜひインターネットサイトやショップなどを覗いてみてください!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ITにおけるベンダーとは何?ベンダーの定義と代表的な企業

ITにおけるベンダーとは何?ベンダーの定義と代表的な企業

ベンダーとはどんな意味を持つか …

Facebookでのご購読が便利です。