Home / Apple / iPhone / iPhoneをより安く購入する方法

iPhoneをより安く購入する方法

iPhoneを使っているなかで、最新機種のiPhoneに変更したい場合は、使っているiPhoneを下取りしてもらい新しい機種を手に入れるようにしましょう。下取りしてもらった分、安く手に入れることができます。下取りしてもらう場所は複数あり、各キャリアでおこなっている場合もあれば、Appleでもおこなってもいます。

また、中古のiPhoneを取り扱っているお店でもiPhoneの買い取りをおこなっています。iPhoneの機種や状態によって買い取り価格は変わってきますが、一番高く買い取ってくれるところで買い取ってもらい、そのお金を新しく購入するiPhoneの購入資金に充てると良いでしょう。

円高で安くなったタイミングで購入する

為替が円高になると海外製品を安く購入することができます。リアルタイムで価格が下がることは難しいですが、少し時間が経つと価格が下がることがあります。実際に、iPhoneも円高の影響で価格改定がありました。

iPhone6(16GB)74800円→67800円、iPhone6Plus(16GB)86800円→78800円、iPhone6s(16GB)86800円→78800円、iPhone6s Plus(16GB)98800円→89800円、iPhoneSE(16GB)52800円→47800円などと、

円高の影響で各iPhoneが値下げされました。現在のように以前に比べると円高になっていますので、iPhoneを比較的安く購入することができるタイミングです。円安に変わったら再度、iPhoneの価格も高くなる可能性がありますので、円安のタイミングで購入した方が、iPhoneをより安く手に入れることができます。

オークションサイトやフリマサイトで購入する

中古品を購入する際は店舗からだけではありません。フリマサイトやオークションサイトでは個人から購入することもできます。店舗よりも安いケースや状態が良いものがあることも少なくありません。しかし、個人から購入する際は、保証期間やiPhoneの状態など実機を見る機会がほとんどない分、慎重に購入する必要があります。なかには、紹介文で記載してある内容よりもひどい状態のときもありますので、信頼できる人から購入するようにしましょう。

新しいiPhoneに替える場合は必ずバックアップを取っておく

新しいiPhoneに変更する場合は、必ずデータのバックアップを取っておくようにしましょう。iPhoneのバックアップを取る場合は、iTunesでもiCloudを使ってでもすぐに取ることができます。Wi-Fiネットワークに接続できる場合はiCloudの方が素早くバックアップを取れます。

常日頃から、iPhoneの設定アイコンからiCloudを開き、写真やメール、Safariやカレンダーなど、バックアップを取っておきたいものをオン設定にしておけばiCloudに保存することができます。データ容量とiCloudの空き容量にもよりますが、極力、日々バックアップを取っておくようにしましょう。

まとめ

今回、iPhoneをより安く購入する方法について紹介いたしました。新しいiPhoneが発売されるたびにiPhoneの話題一色になりますが、iPhone7も非常に魅力的です。iPhone7を安く購入することはなかなか難しいものがありますが、それまでの最新機種でもあったiPhone6シリーズやiPhoneSEであれば、iPhone7が発売されたこともあり、今までより安く購入することができます。

来年には、さらに新しい機種が発売される可能性もありますので、iPhone7の購入をそのときまで待つか、もう手に入れか迷う人も多いはず。iPhoneを少しでも安く購入し、節約するようにしましょう!くれぐれもバックアップは取っておくようにしましょう!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone SIMなし警告 対処方法

iPhoneにSIMなし警告が表示されるようになった場合の対処方法

iPhoneを使用中にメールが …

Facebookでのご購読が便利です。