Home / Apple / iPhone / iPhoneのリカバリーモードからの復元方法

iPhoneのリカバリーモードからの復元方法

iPhoneの初期設定画面の際に次の操作をおこなうことで、iTunesやiCloudにバックアップしていたデータを復元することができます。
・iTunesにバックアップしていたデータを復元する場合は、iPhoneの初期設定の言語設定、キーボード設定を完了し、「Wi-Fiネットワークを選択」の画面で「iTunesに接続」を選択します。
・「Wi-Fiなしで続けますか?」とメッセージが表示されますので「続ける」を選択し、iTunesに接続します。
・もしくは、「Wi-Fiネットワークを選択」画面にて使用しているWi-Fiネットワークのパスワードを入力して接続をおこないます。
・位置情報サービスやTouchID、パスコードなど設定します。
・「Appとデータ」画面で「iTunesバックアップから復元」を選択し、iTunesに接続します。
・iTunesの画面に「このバックアップから復元」とありますので、クリックし進めます。
・復元の進捗状況画面が表示され、同期が始まります。
・同期が完了すると、iPhoneの画面でパスコード入力、もしくは、スライド画面になりますので、いずれかの方法で進めます。
・iPhoneの画面にAppleマークが表示され、「アップデートが完了しました」と表示されますので、「続ける」をタップします。
・「Wi-Fiネットワークを選択」画面になりますので、画面右上の「次へ」を選択します。
・利用規約の確認画面になりますので、利用規約内容を確認したうえで問題ないようであれば「同意する」をタップします。
・後は、iCloud設定やiPhoneを探す設定、iCloudキーチェーン、Siri、App解析などの設定を済ませれば完了です。

もし、iCloudからのバックアップデータを復元したい場合は、「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。AppleIDとパスワードを入力し利用規約を確認します。AppleIDの設定画面が終わったら、「バックアップを選択」画面になりますので、復元したいバックアップのデータを選びます。

選んだ後に、再度AppleIDとパスワード入力画面になりますので入力をします。「iCloudから復元」という画面になり、後はiTunesから復元の際と同じようにiPhoneの初期設定が続きますので、各設定をおこなっていきます。

まとめ

今回、iPhoneのリカバリーモードからの復元方法について紹介いたしました。iPhoneを復元する場合は、難しくない操作でそこまで時間もかからずに復元することができますので、時間がある際に、復元方法を把握しておきましょう!

1 2

Check Also

iPhoneで非通知からの着信を拒否する方法

これで安心!iPhoneで非通知からの着信を拒否する方法

iPhoneを持っていると気に …

Facebookでのご購読が便利です。