Home / Apple / iPhone / アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法

アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法

製品限定保証と任意のAppleCare+for iPhone保証

iPhoneには、製品購入後1年間必ずついている製品限定保証があります。新しくiPhoneを購入した際は必ず1年間加入となります。さらに、90日間は、無償でAppleスタッフより使い方や操作に困ったときの電話サポートを受けることができるようになっています。

この期間中はiPhone自体に問題があって故障した場合は無償交換対象となります。しかし、物にぶつけたり、濡らしてしまったり、落としたりしたことで破損、損傷した場合は、保証加入者のみのサービス料金でiPhoneの修理を受けることができます。

さらに、AppleCare+for iPhoneという任意の保証に加入している場合は、保証とサポートがiPhone購入日からプラス1年の2年間に延長されます。

さらに、AppleCare+for iPhoneの保証に加入している場合は、特典として通常有料のエクスプレス交換サービスが無料で利用できるようになります。

エクスプレス交換サービス

エクスプレス交換サービスというのはAppleCare+の特典の1つです。故障したiPhoneを新品または新品同様のiPhoneと早急に交換することができる便利なサービスです。このエクスプレス交換サービスを利用することで、①修理料金で新品または新品同様のiPhoneを早急に入手することができる②配送業者が自宅まで受け取りに来てくれる③修理期間なくiPhoneが利用できるという3つのメリットが得られます。

①修理料金で新品または新品同様のiPhoneを入手することができる

iPhoneが故障した際、エクスプレス交換サービスを利用することで、修理料金分の費用で新品のiPhoneを手に入れることができますので、上述の無償交換してもらえるための条件を満たせず、有償交換になってしまった方もエクスプレス交換サービスを利用すれば低価格で交換することができます。

ただし、今まで使っていたiPhoneと同じモデルにはなります。

②配送業者が自宅まで受け取りに来てくれる

配送の時と同様に、エクスプレス交換サービスの依頼が完了するとApple指定配送業者が自宅にiPhoneを受取りに来てくれます。そのため近くにAppleStoreがない方でも気軽に利用することができます。

③修理期間なくiPhoneが利用できる

エクスプレス交換サービスでは配送業者に故障したiPhoneを渡す際に、その場で新品のiPhoneを受け取ることができるため、修理が終わるまでスマホが使えない、代替機を使用しなければならないというようなことはありません。

これによりiPhoneをAppleに送っている間もスマホがない、ということを防ぎ、不自由なく使うことができます。

バッテリーの交換も対象

Apple Care+に加入しており、製品が保証対象である場合には、iPhoneのバッテリーも無償交換してもらうことができます。

バッテリーは消耗品であるため、長年利用していると、少しずつ充電量が減っていき、短時間で電池切れになってしまいます。

電池の消耗が早くなってきたなと感じた場合は、バッテリーの経年劣化が原因である可能性が高いので、バッテリーの無償交換をしてもらいましょう。

iPhone端末は10万円前後と高いですが、バッテリーなどを定期的に新しいものに変えてメンテナンスすることで、より長く大切に使い続けることができます。

まとめ

今回、アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法についてご紹介いたしました。

無償交換になる条件はかなり限定はされますが、内容によっては無償交換対象となりますので、事前に確認をしておきましょう。

また、仮に有償交換の場合も保証期間内であったり、保証内容によっては、サービス料金で修理を受けることができますので、保証期間内かどうか、どのような保障内容を享受しているか確認しておきましょう。そして、日頃から物にぶつけたり、濡らしてしまったり、落としたりしてiPhoneを破損、損傷させないように気を付けましょう。

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Googleハングアウトの基本と使い方

Googleハングアウトの使い方とメリットデメリット

皆さんはGoogleハングアウ …

Facebookでのご購読が便利です。